中学時代にヤンキー女たちに縛られてパンツを脱がされた結果・・・・・・・・(※殿堂入り)

閲覧数: 73,589 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:エースで4番 さん(男性・20代)

【体験談】投稿者への性的イジメがきっかけで変わったヤンキー女たち・・・

中学時代、野球部のエースだった投稿者。ある日、札付きのヤンキー女4人に拘束され、無理やりズボンとパンツを脱がされた。成長の早かった彼のペニスを見ていたずらをするヤンキー女たち。そしてボス格の女がどれだけ硬くなるか試してみようと言いだし・・・。

僕が大人になってから思い返した中学校時代のイジメ。
あれってイジメだったのだろうかと思える自分がいます。

中学校は地域でもかなり有名な悪い学校。
ヤンキーなんて探さずともその辺にゴロゴロいる学校でした。

でも、ヤンキーって男子のイメージがあるでしょうが、うちの学校は女子が悪いことで有名な学校だったのです。

僕は野球部でもエースをしていたので、弱小ながら現在でもそれを自慢としています。

でも、一生懸命な自分に腹を立てた女ヤンキー4名が、ある日僕を羽交い絞めにしてガムテープで両手を拘束したのです。

激しく抵抗しても、さすがに人数で分が悪かったこともありなすすべなく・・・
僕はあっという間に制服のズボンを下ろされて下半身があらわになったのです。

当時、発育が早かった僕は、すでにアソコはずるムケ状態。

それを見た女ヤンキーは、僕のアソコに悪戯をし始めたのです。

抵抗空しく両足までガムテープで縛られた僕は、もう彼女たちのおもちゃと化していたのです。

ただ、彼女たちの悪戯は、今となってはハーレム。

だって、彼女たちは僕のアソコを代わる代わるしゃぶっていたのですから。

初めは興味本位でモップの先でアソコを刺激していたのですが、それに反応してしまった立派な僕のアソコを見て、リーダー格の一人がどれだけ硬くなるか実験してみようという浅はかな企画を持ちかけたのです。

鶴の一声に従うしかないほかの子たちは、リーダー格の言われるままにフェラを開始。

どんどん硬く大きくなっていく僕のアソコを見たリーダー格は、とうとう自分の口でも味見をしてみたくなったらしく、いやらしくねっとりと、僕のアソコを根元からしゃぶりつくしていったのです。

残念ながら射精まではできませんでしたが、その悪戯が終わってからは、律儀にガムテープをほどいてくれて、僕を解放してくれたのでした。

あんな体験二度と味わうことが無いと思いますが、当時のことを思い出すと、咥えられながら彼女たちのパンチラでさらに興奮し、「もうどうにでもなれ!」と思ってしまったことだけは今でも鮮明に覚えています。

僕は体も大きく幸いにも男子に絡まれることもなかったのですが、その中学で唯一受けたイジメ?というのが、彼女たちに拘束されたあの日だったのです。

それ以降は破天荒ないたずらも納まり、担任も驚くほど真面目に更生した彼女たち。

僕よりも良い高校に合格して、今では立派な大人です。

実はその一人とは今ではセフレの関係。

当時のことを話した時には、思わず大きくて興奮したと、頬を赤らめながら語っていたのです。

そんな彼女を今ではガムテープで縛りながら、当時の仕返しをするのでした(笑)

懐かしい思い出ながら、ある意味美味しい体験ができたのだと思っています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
なぜそれで更生したのかが謎・・・。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメント
  1. 1. 名無しさん  

    なぜ肝心なところをKWSKしないのだ

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)