四十過ぎの独女が通勤ラッシュで男子大学生に痴漢された結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

閲覧数: 15,612 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:静 さん(女性・40代)

【体験談】まだまだこれからですよ・・・と言いたい。

40過ぎの独身女である投稿者。昔はチヤホヤされていたのにそれも少なくなってきて寂しい毎日。ある日、朝の通勤ラッシュで後ろに立った男子大学生の様子がどうもおかしい。まさか私に痴漢なんて、そう思って少し申し訳ない気持ちになっていると、明らかに手の動きが痴漢のそれ。大学生は緊張しまくってるし、いい歳して痴漢を主張するのも恥ずかしく、そのまま何もできずにいたら・・・。

おばさん、と呼ばれることに慣れてきた、40過ぎの独身女です。

若い頃は綺麗といわれることもありましたが、年齢には勝てず、今までは職場で気を遣われていたりチヤホヤされていたのが少しずつなくなり、寂しく思うようになりました。

若いときは当たり前に思ってたけど、いざなくなると女として見られていないようで寂しいものです。

そんな私は通勤に毎日電車を使っています。
朝の電車は混雑していて密着状態で、その日は私の後ろに大学生くらいのかわいらしい若い男の子がいました。

私のお尻がちょうどその大学生の子の太ももあたりに当たる形で、若い女性ならともかくこんなオバサンのお尻と密着して申し訳ない気分になりました。

だけどしばらくすると、少し様子がおかしくて。
必要以上にその大学生の子が私に密着している気がします。

被害妄想で自意識過剰かなと思ったんですが、やっぱり必要以上に密着していて、首筋に吐息がかかってしまう距離でした。

そんなことを考えていたら、いきなりスカートの上からお尻を触れられました。

偶然あたってるのとは違う明らかに痴漢目的のさわりかた。
横目で見るとその男の子が私のお尻にふれていました。

痴漢していることを自覚しているからか、顔は真っ赤で、焦点のあわない目で私のお尻にふれていて、私と目があうと、びくっと驚いていました。

ただこの年になって若い子に痴漢されていると主張するのは恥ずかしいですし、その子はびくびくしながらお尻に触れていたのでやめさせることもためらわれました。

後十分くらいで降りるから、それまではと思って…。
ただ、男の子の手はどんどん大胆になっていきました。

最初は触れる程度だった手は私のお尻を掴むように揉んで。
その次は太ももに触れられてゆっくりとスーツのタイトスカートの中に入ってこようとしています。

いまさら止めることは出来ずそのままその子の好きにさせました。
そしてタイトスカートの中で私のお尻に触れて、その子は驚いたようにびくんと後ろで体を震わせました。

私はパンティラインが見えないようにTバックを履いているのですが、そのことに驚いたみたいでした。

ただ、驚いたのも少しの時間で、今度は興奮が高まったのか今までよりずっと乱暴にお尻が揉まれます。
大胆に乱暴に、スカートがめくれ上がってしまうくらい揉まれていてどうすることも出来ません。

けれど……誰からも女扱いされなくなってる私の体はどんどん熱くなって。
気付いたらアソコに濡れている感触と体が熱くなってる感触。

スーツの中は汗ばんでいます。
もっとさわって欲しい、お尻じゃなくて敏感な場所をさわって欲しい。
そう思って男の子の手をつかみました。

男の子はたぶん、痴漢だと訴えられると思ったのかびくんとまた震えて。
私は満員電車で身動きがあまりとれない中、男の子に向き直って、そのままスカートの中、アソコに男の子の手を導きました。

私の意図がわかったのか真っ赤な顔をしながらアソコをさわる男の子はすごく可愛らしくて、仕事前なのにどんどんエッチな気分になってしまいます。

さわりなれていない感じで夢中になってショーツのうえから私のアソコを撫でる男の子。

最後までさわらせてあげたかったけど、残念ながら私が降りる駅に停まってしまいました。

ごめんなさい、ここだから。
そう男の子に視線で伝えて、私はそのまま駅のトイレに駆け込みました。
もちろん、自分自身が抑えきれなくなったからです。

今の出来事を、乱暴に慣れてない手つきで私を痴漢する男の子のことを思いながら、久しぶりに自分で自分を慰めて、イってしまいました。

40を超えたオバサンが駅のトイレでオナニーとか、みっともないと思います。

だけど久しぶりに女として見られて、性欲をぶつけられて興奮して、我慢できませんでした。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
50ならわかる。
40なんて一番いい時期やで。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)