小さいころから姉の口で性処理してもらってた結果・・・・・・・・

閲覧数: 133,045 PV

※このエロ話は約 13 分で読めます。

面倒見のよすぎる姉を持った結果・・・

小学校の時に精通を迎えた投稿者の横には姉がいた。優しくて面倒見のいい姉は性について色々と教えてくれるように。それが災いしたのか、姉弟の関係はどんどんエスカレートしていった・・・。(8000文字)

1歳上の姉との事を書きます。
実家は貧乏で狭い家でしたが、1つ年上の姉とは小さい頃から仲が良かったです。
姉は、貧しい家庭で育っているとは思えないくらい、美人で頭も良く学校で知らない人はいないくらい有名でした。

芸能人で誰に似ている、とかは無いのですが最近よくネットで見る台湾の美少女みたいな、黒髪で清楚な人でした。

姉が小学6年、僕が小学5年生の時のことです。
夜、僕は寝ている時に当時好きだった女の子の夢を見て、勃起が止まらなくなってしまいました。

オナニーなんて知らなかった僕は、20~30分くらい布団の上でモゾモゾと固く勃起したあそこを布団に押し付けたりしていました。

すると、隣で寝ていた姉がそれに気付いて「どうしたの?寝れないの?」と聞いてきました。
「なんか、わからんけど、あそこが大きくなって寝れん。どうしたらいいかわからん」
といいながら、僕は布団にあそこを押し付けて腰を動かしました。

「大丈夫?おちんちん大きくなったの?」
と言いながら、姉は僕の腰に手を当てて動きに合わせてさすってくれました。

「うん、そうやって押さえてくれると、なんか良いみたい」
と僕が言うと姉は僕の横に座って、何分か一緒に腰を動かしてくれました。
数分後に、僕はパンツを汚しました。

「なんか出ちゃった」と言う僕の言葉に、姉は驚いて、パンツを脱ぐ様に言いました。
姉はパンツが濡れている事を確認し、そのパンツを洗面所に持って行って洗ってくれました。

戻ってくると姉は
「学校で習ったけど、たぶん射精だと思う。初めての時は男の子はショックを受けるみたいだけど、汚いものじゃないから、大丈夫だよ。今度また同じ様になったらおねえちゃんに言いなさい。パパとママにバレないようにうまくするから」
と言ってくれました。

次の日、姉は100円ショップで何枚かハンカチを買ってきました。
数週間後、再び僕は勃起が止まらなくなって夜に姉を起こしました。
すると、姉はそのハンカチを取り出して、布団の上に引きました。

「毎回パンツだけ洗うのは変に思われるから、今度からこれを使おう」
と言い、パンツを脱いで、ハンカチの上にあそこを押し付けるように俯せになるよう指示しました。

僕がその通りにすると、姉は僕の腰やお尻を押して手伝ってくれました。
そして、僕が射精をすると、そのハンカチを洗いに洗面所に行きました。
しばらくは、このやり方で処理を手伝ってくれてました。

僕にはとても優しい姉でしたが、勉強する事に関してはとても厳しかったです。
勉強中でも、僕はたまに勃起する事がありました。
それでモジモジするのを姉は快く思ってなかったらしく一回本気で怒られました。

怒られたものの、
「だって、これどうやって治るかわからんもん」
というと、姉はそれ以上何も言いませんでした。

しばらくして、僕がまた勉強中に勃起してモジモジしだすと姉は
「調べたんだけど、手で射精するようにしたらいいみたいだよ」
と言いました。

「私は向こうを向くから、やってみて」
と姉は言いました。
僕はパンツを脱いで勃起したあそこを握りましたが、それの何がいいのかわかりませんでした。

「全然良くないよ」
と僕が言うと、姉はそんなはずはないと言いました。
「だって良くないもん」
「わかった、じゃあちょっとそっち向くね」
と姉は言うと立っている僕の前に膝をついて座りました。

「ちょっと見るよ」
と言い、姉は顔を上げて僕のものを見ると、「え・・・」と少し固まりました。

勃起した状態がこんなに大きくなると思ってなかったんだと思います。
仕切り直して、姉は僕のあそこを握ると、それを上下に動かしだしました。

僕はそれが気持ちよく感じ、「わぁ」と声を出しました。
「自分でやると良くないのに、お姉ちゃんがやるとすごい気持ち良い」
と言うと姉は、少し喜んだ表情をしましたが、その瞬間の顔に僕は精子を飛ばしてしまいました。

外に出たのを初めて見ましたが、すごい量で、少し黄色っぽかったです。
姉は慌てて、顔に精子を大量につけたまま、いつものハンカチを探し回りました。

処理がすんでから
「今度から出そうになったら、合図してね」
と姉は言いました。

それから、僕らの間で出そうになったら咳払いをするルールができました。

しばらくは、姉が僕のものを手でしごいて出してくれる日々が続きました。
しかし、僕が小6になると、
「おちんちんを女性に舐められると男はすぐイクらしい」
という話を友達から聞きました。

その事を家に帰ってから姉に伝えると、どうやら姉も聞いたことがあるらしく、一回試してみることになりました。
座っている姉の顔の前に僕があそこを突きつけると、姉はあそこの皮をペロッと舐めました。

「なんか皮を舐められてるだけで、くすぐったい」
と僕が言うと、
「あれ、これ皮を剥かなきゃいけないのかな」
と姉が言いました。

僕は、何回か剥いたことはあったので、自分で剥きました。
すると、白いカスがたくさん亀頭にくっついていました。

その白いカスを見て、姉は眉間にシワを寄せ
「この白いのってなんだろう?」
と僕に聞きました。

「わからんけど、剥くといつも付いてる。汚いのかな?」
「ううん、汚くない汚くない」
と言い、姉はその白いカスを取るように亀頭を舐めだしました。

でも、やっぱり眉間にはシワが寄っていました。
最初のフェラは、ただ舐めるだけで、気持ち良い感覚はあるものの射精には到底たどり着けませんでした。

続き、要望あればまた書きますが
文章下手な為、イライラさせてしまいましたら申し訳ありません。

 

遅くなりまして申し訳ありません。昨日の続きを書きます。

続きの前に姉のエピソードを。。
姉は、とにかく親にだけはバレない様に色々手を尽くしてくれました。
例えば、精子の処理にハンカチを使ったのはティッシュだとゴミ箱に入った匂いでバレない様に考えてくれた手でした。

また、当時貧乏だった実家では、洗濯機を回すのが週に1回だけと決まっていたのでどうしても足りない時は、各自が手で洗う事が多々あった為ハンカチを手洗いすることにしたそうです。
洗うのに使わないのも変なので、普段もそのハンカチを使っていました。

エピソード②
2人が中学に入ると、2人が思春期である事を考慮し
「部屋を分けて欲しいけど余っている部屋が無いから、せめて仕切りを作って欲しい」
と姉が言いました。

親は、「それはそうだな。間仕切りの壁を作った方がいいのか?」と言いましたが、
「お金かかるから、カーテンでいい」と姉は返しました。

とにかく親に怪しまれない様に、考えていたようでした。
父はどちらかというと、僕の方を気にしてくれていたようですが。。
それから部屋をカーテンで仕切り、僕と姉はカーテンを挟んで布団を並べて寝ることになりました。

 

それでは続きを。
とにかく家に余裕が無かったので、ケータイはもちろんパソコンも家にはありませんでした。
何か調べ物があると、姉は学校の図書室や図書館で、本やPCを借りて調べているようでした。

そしてある日、姉が
「口でするやり方がわかったよ」
と言いました。

その日初めて口全体で咥えてくれました。
それが気持ち良くて気持ち良くて、僕は姉の口の中に出してしまいました。
姉は、眉間を険しくして、慌ててハンカチに出しました。

ごめん、口に出しちゃったと僕が謝ると
「ううん、それはいいんだけど」と姉が言いました。
あ、口に出していいんだと僕は思ってしまいました。

ところがある日、いつものように姉の口に出したのですが運悪く、そのタイミングで親が姉を呼びました。
姉はすごく困った顔で僕を見ました。

「返事しないと変だよ」
と僕が言うと、姉は急いで床に寝転がり、寝ているフリをしました。

母親は何度か呼びましたが、姉から返事が無かったので、様子を見に部屋に入ってきました。
寝転がっている姉を見て、母は姉に「寝てたの?」と聞きました。

すると姉は、喉を一度ゴクンとさせてから、
「う~、ごめん。。寝てた」
と言って起きたフリをしました。

後で聞いたら、しばらく口に入れていたのは嫌だったけど、飲んだ事自体は思ったよりも大丈夫だったと言いました。
それから姉は、口に出した時は飲んでくれる様になりました。

前にも書きましたが、姉が唯一厳しかったのは勉強に関することだけでした。
こういった性処理をしてくれるのも、すべては勉強をする為だからです。
だから、僕は性処理を続けてもらう為にも、性処理される様になってから勉強を本気で頑張りました。

性処理する→成績が上がるという構図を作れば、ずっと続けてくれると思えたからです。
姉は、勉強する為に性処理をしてくれて僕は、性処理してもらう為に勉強をしていました。
目の前にニンジンを吊るすと言いますが、思春期の男子にとってこれほど大きなニンジンはありませんでした。

上に書いた、間仕切りカーテンが出来てからは何の要望も無くても僕が布団に寝た状態で、下半身だけカーテンをくぐって、姉側に出すとそれに気付いた姉が、口や手で性処理をしてくれました。

大体、寝る前に二人が布団についてからしてくれる事が多かったです。
学校の成績さえ良ければ、姉が特に何かを言う事はありませんでした。

僕としては、美人だった姉の顔を見ながら射精出来ないのは少し残念でしたが、だんだんとそれがエロくも感じる様になりました。

中学に入ってから、僕は陸上部に入りました。
本当は野球がしたかったのですが、陸上部だと運動靴さえあれば出来たからです。

ある日、部活で疲れて帰ってきた僕はお風呂も入らず、そのまま寝てしまいました。
起きたら夜12時を過ぎていました。
エッチな夢を見ていたのか、勃起した状態で起きました。

部屋は既に暗くて姉も寝ているようでしたが、僕は下半身をカーテンの中に突っ込みました。
姉は何回か寝返りを打った後に、僕のパンツをずらして咥えてくれましたがその瞬間に「うっ」と一瞬嗚咽みたいな音を発しました。

その時に僕は自分が風呂に入っていない事を思い出しました。
なのに、それを舐めてくれる姉がとてもエロく感じ、僕はそれから何回かわざと風呂に入っていない時やおしっこをしてきた直後に下半身を向けましたが、姉はちゃんと咥えてくれました。

 

遅くなりましたが、支援してくださった方、ありがとうございます。文章が下手で申し訳ありません。
これからちょっと、僕と姉の性行為がエスカレートしていきます。

姉が中3で僕が中2の頃、僕がふと女性の性欲について好奇心が湧いて
「お姉ちゃんは、ムラムラくることはないの?」と聞きました。

「ムラムラは無いけど、体がモゾモゾっとすることはあるかな」
と姉が答えました。
「そんな時はどうするの?」
「なんかよくわかんないけど、下半身を捻って力を入れると、あそこのへんがぎゅっとなって、それで終わる」

たぶん、後で考えればクリトリスを圧迫させる様な感じで、若干の性的快感を味わっていた様です。
「おねえちゃんも、モゾモゾして勉強出来ん時は下半身出していいからね」
と言うと、
「う~ん、でもいいや」と言って笑って終わりました。

それから数週間経った時のこと、夜中、カーテンの向こうから何度も「はぁ~っ」と溜め息が聞こえました。
もうライトを消して二人は布団についていましたが、僕は自分が起きている事を伝える為に何度か咳払いをしました。

すると、それからも姉は何度か溜め息をついた後、「○○くん、ごめんね」と言い、僕の方に下半身を出してきました。
なぜか俯けの状態(バックの様なお尻を突き出した形)僕は何も言わず、姉のパジャマズボンとパンツを降ろし、姉の股間を舐めました。

すると、姉は「ひゃっ」と声を発し、すぐに下半身を引っ込めました。

どうしたのかな、と思っていると、姉が何やらガサゴソした後にもう一度お尻をカーテンから出してきました。
僕はカーテンを少し上げて姉の様子を見ると、姉が突き出しているお尻の向こうには、布団に顎をつけている姉の横顔がありましたがその口はいつもの100円ハンカチを咥えていました。

たぶん、声が出ない様にしているんだなと思い、僕は遠慮なく姉のあそこをペロペロ舐めました。
姉は鼻息が強くなり、声にならないような吐息を漏らしていました。

あまりジュルジュルと音を立てない様に舐めていましたが、暗くてあまり分からず何度かお尻の穴も舐めてしまっていました。
その時は姉も体をくねらせていましたが、それでも拒否反応は出していませんでした。

とても気持ちが良かったのか、姉は最後の方はずっとピクピクしていました。
次の日に、姉に初めてやってみてどうだったか聞いてみましたが、
「もう声が出そうでダメ。こんなの何回も出来ない」
「じゃあ、声出せる時にすればいいじゃん」
と言いましたが、姉は、う~んと首を捻りました。

それから何度か姉は、我慢出来ないのに夜中に下半身を出してきました。

昼は母親もパートに出ていた為、18時半頃までは帰ってきませんでした。
僕らがテスト週間に入って部活も無く定時帰宅していた時、二人とも部屋で勉強していましたが、姉が突然「ごめん、お願い」と言って下半身を突き出してきました。

まだ学校から帰ってきてすぐだったので、制服のままでした。
僕はスカートをまくって、パンツをずらしました。
僕は明るい所で初めて女性器を見ました。

「へ~」と思わずこぼしました。
姉は恥ずかしくなったのか、腰を震わせていました。
そして、いつものように舐め続けました。

姉も今日ばかりはと、「っん、っん」と少しずつ声を出していました。
舐め続けていると、穴がパクパクしている事に気付きました。
なんだか、それが入れて欲しい様に思えた僕は、人指し指を入れてみました。

すると、穴は素晴らしい勢いで吸い付いて、あっという間に僕の指を飲み込みました。
僕は、素直に「これはスゴイ」と興奮しました。
そして、指を出しては入れてを繰り返していると、姉を腰をビクビクさせて「アッアッ」と喘ぎだしました。

中指を入れると、さっきよりもきつく感じました。
入れっ放しにしていると、きゅっきゅと締まったり緩んだりするのが分かりました。
中指を曲げると姉は大きな声を上げました。

しばらくして、姉は「もう、ありがと、いいよ、邪魔してごめんね」と言いました。
「またいつでもいいよ」と言うと、姉は「うん、ありがとね、おねえちゃんもなんでもしますから」と返しました。

 

おはようございます。コメントありがとうございました。
頑張って早起きして、若干ですが続きを書きます。
上に書いた指を入れたのは、6月くらいのことだったでした。

姉は夏に部活を終え、受験勉強の為に夏休みは家でずっと勉強していましたが、僕はまだ部活があるので、日中はずっと陸上部の活動を行っていました。
つまり日中の指を入れる行為は、秋のテスト期間に入るまでお預けとなってしまいました。
僕は女性の性欲がどれほどのものか分かりませんが、いつも僕のを舐めている姉は相当苦しかったのだと思います。受験のストレスもあったかもしれませんが。。

ただ僕自身の女性器への興味はどんどん強くなってきていました。
夜、姉がお尻を突き出してきた時に、部屋が暗くてよく見えない為、懐中電灯を照らして、よく見ることがありました。

姉もわかっていたと思いますが、特に何も言いませんでした。
何より、その時の姉が腰を少し震わせるのがエロく感じていました。
灯りを照らしながら舐めるのですが、やっぱり穴がヒクヒクと動くのです。

それを見て指を入れようとすると、姉は逃げる様になってしまいました。
声を我慢する自信が無かったのだと思います。
それを見てから僕はもう指を入れなくなりました。
姉の体がどれだけ求めていると分かっても、もうしませんでした。

その頃、中学二年生で僕は初恋をしていました。
失礼ながら、姉に口でしてもらっている時にその子の事を考えると、いつもよりも興奮して早めに射精しました。

又、学校で明らかに姉に対して行為を持っている男子の目線を見たりすると、
「この男子は自宅で姉を想像しながらオナニーしているに違いない」
と思い、優越感に浸ったりしました。

その優越感とは曲者でして、それが出るほど姉にひどい事をしたくなりました。
前に書いた、おしっこをした後に舐めさせるのなんて、まさにそれでした。

又、射精する瞬間を教える咳払いをせずに口に出して、姉が驚いて「うっ」となるのが快感でした。
そして、その精子を飲み込ませている。
それをその男子に教えたらどんな顔をするだろう、と思っていました。

 

二年生の9月の頃でした。
夜中、僕がいつもの様に下半身を突き出すと、姉の動きがいつもとは違いました。
いつもは、僕を射精させる為に動いてくれているのがよく分かるのですが、その日は動いては止まり、動いては止まりを繰り返し僕の勃起はいつまででも続き、相当ヤキモキしていたのを覚えています。

すると1分くらい放置されてしまい、僕は怒って咳払いをしました。
すると、姉が動いてまた口を亀頭につけてくれました。
ああ、再開してくれるんだな、と思っていると「○○くん、ごめん。。」と姉が言いました。
瞬間に、口とは全然違う厚みを持った穴がゆっくりゆっくりと僕のあそこに落ちてきました。

僕は、え?え?と状況が分からずにいました。
その穴はゆっくり時間をかけて下に降りてきて、終いに僕のあそこをすっぽりと覆いました。
姉は「っン!」とこもった声を一瞬発しました。

そしてガクガク震えているのが分かりました。
僕は驚いてカーテンを上げました。
すると、姉が僕に跨っており、自分の中に僕のあそこを入れていました。

口には100円ハンカチを咥えていました。
僕と一瞬目が合った姉は、目線を反らせようと必死になってうつむきました。
そのままフリーズした二人でしたが、姉の穴がきゅ~っと締め付けてきました。
それに反応した僕のあそこがピクンと鼓動を打つと、姉は「ッン」と吐息を発しました。

僕は焦りながら、体を起こそうとしました。
しかし、姉は首を振りながら僕の上半身を押さえ付けて、上半身ごと僕の上に覆いかぶさりました。
ハンカチを咥えたまま、「ごめんなさい、ごめんなさい」と言いながら腰を動かし始めました。

穴が僕のあそこに吸い付き、締め付ける。僕のモノが鼓動を打つと姉も感じる。
こんな快感がこの世にあるのかと思いました。僕はその時点でもうどうなってもいいやと思いました。
これは今になっても思うのですが、僕と姉の相性が最高だったのだと思います

こんな快感は他のどの女性と付き合っても、どの風俗に行っても味わえませんでした。
痛みがあったのか、姉は時折眉間にシワを寄せて苦痛の表情を浮かべましたがそれでも腰の動きを止めませんでした。

僕が絶頂を迎えるのは早かったです。
時間にして2、3分ほどで僕はイキそうになり、咳払いをしました。
姉は動きを止め、一瞬体を震わせた後、ゆっくりと穴からあそこを抜き、抜き終わるともう一度体を震わせました。

そして、手で僕のものをしごいて、精液を口で受け止め、飲んでくれました。
しばらく放心状態だった二人でしたが、姉が「ごめん、おねえちゃん我慢出来なくなった」と言いました。

僕は「いいよ、またやってくれたら。またやりたい」と返しました。
姉は「わたしも」と言いました。
ぼくらはこの頃から泥沼に入ってしまいました。
とりあえずこのへんで終了します。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
このあふれるほどの昭和感、ノスタルジーですなぁ・・・。

コメント
  1. 1. 匿名  

    続きはよ(怒)

  2. 2. 近親相姦大好き♡  

    かなり好きな部類

  3. 3. 名無しさんファミリーいじわる親父  

    溢れる姉弟愛、一生続くかも?
    当然、産まれる子供は私生児
    相性の良さはDNAが成せる

  4. 4. 名無しさん  

    好きな文章

  5. 5. 名無しさん  

    良いなぁ

  6. 6. 名無しさん  

    よく出来たエロ小説というか。これならお金払っても読みたい。

  7. 7. 名無しさん  

    投稿者本人です。
    拙い文章にも関わらず、お褒めの言葉を頂き有難う御座います。
    また継ぎ接ぎの内容を纏めて下さり、お手数かけました。
    高校の時の話も投稿してましたが、
    それもどこかで拾い出しされているでしょうか。

  8. 8. 名無しさん  

    続き読みたい!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)