このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】酔って寝てしまった友人男を尻目に・・・

大学生の時、オナニーでもしようと思っていたところへ友人カップルが来訪。嫌々ながらも一緒に飲むことに。友人はすぐに酔いつぶれてしまい、彼女と2人でフザケ合っていたが、トイレに立った隙にデッキにセットしてあったAVを勝手に見られてしまい・・・。

fera

動画で見る場合はコチラ!※BGMが出ますのでご注意ください。

大学の頃、一人暮らしをしてる文化住宅に男友達とその彼女が予告もなくやってきた。

結構夜遅くておれは晩飯を済ませ、AVでも見て一発抜こうと思ってるときだったので、ビデオデッキにはレンタル店で借りてきたエロビデオが入った状態だった。

二人は既に酔っており、かなりハイな状態。
楽しそうにいちゃついておれは出す物出せずやや不機嫌な状態だった。

男友達は高校の頃からの悪友。
彼女はそいつと付き合うようになってから紹介され、3ヶ月くらい前に初めて合ってから何度か顔を合わせている。

当時おれには彼女がおらず、3人で遊ぶ事も2~3回あった。
彼女は良くモテる男前の友達の彼女らしく結構美人で派手な顔立ちだった。

普段からノリも良く、酒は友達より遙かに強くザルのようで、飲むとさらに陽気になるタイプだった。
友達は彼女を家まで送っていくのに酔いを醒ますためにうちに寄った。
しかし、陽気になった彼女の言い出しっぺで結局うちで飲み直す事に。

うちには缶ビールは5本くらいしかなく、買おうにももう自動販売機でも買えない時間だったので、前に人から貰ってそのままになっていたウイスキーの瓶を出してきた。
(というよりもう酒はないと言ったら彼女に棚のウイスキー瓶を指さされ、出さざるをえなくなったんだが)

近所のローソンで氷とアテだけ買ってきて、水割りで飲むことになった。
友達はあんまり乗り気じゃなかったが、おれとの話も弾み、だんだん楽しい雰囲気に。

彼女が率先して水割りを作ってくれてたのだが、正直濃かった。
おれも弱い方じゃないから付き合っていけたし、彼女のテンションは上がる一方。
たまに「夜中なんだからもう少し静かにしてくれよ」と注意するほどだった。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】シナリオありの企画物だったのに・・・

投稿者女性は旦那に絶対言えない秘密を持っていた。それは素人物のAVに出演していること。初めての撮影の日、その内容は本気で泣くくらい壮絶だったのだが・・・。

mensetu

27歳主婦です。
私には旦那が知らない秘密があります。
アダルトビデオに出演してます。

素人参加企画に応募して、2年間で6本出ました。
この先も気が向けば、本数増えるかもしれません。

最初のビデオは。面接やカメラテストの最中にスタッフにレイプされる内容でした。
と、言っても本来、シナリオがあるわけですが・・・。

現場に臨場感があって、私はスタッフが怖くなって本気で泣いているので。
<実録、人妻レイプ>と言う感じのタイトルになってます。

最初、監督に個室に通されて、旦那とのセックスの内容などをインタビューされました。
好きな体位とか、夫とセックスレスに近い事など説明。
私は「絶頂感がどういうものかわからないので、経験したい。それで応募した」などと言ってます。

それから身体のサイズ測定へ。
3人のスタッフが入ってきて(本当は男優さんなんですが)、下着姿の私にメジャーを当てます。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

友人にドタキャンされて暇だった投稿者は、高額なギャラに惹かれて女子高生の制服の撮影モデルという怪しげなスカウトについて行ってしまう。女性スタッフもおり、安心して撮影しているうちにその気になってきた投稿者は冷静さを失っていき・・・。

seihukumodel

知り合いには絶対に話せないできごとです。

このあいだ街中を歩いていたら、モデルのスカウトに声をかけられました。
その日は待ち合わせをドタキャンされて、暇つぶしにならいいやと話を聞きました。

内容は、最近ネットでよく宣伝されている、女子高生のギリな制服姿を写した写真集のモデルでした。
来るはずのモデルさんにドタキャンされたそうで、スカウトさんと、お互いドタキャンだね…なんて話すうち、少し気を許してしまいました。

ギャラは4時間拘束で8万円。
ほしい服があったので軽く引き受けてしまいました。

ヌードとかビデオとか言われたら、すぐ逃げればいいって思ってたんですが、冷静に今考えたらそんなわけなかったと、ちょっと反省しています。

スタッフはメイクの女性さん、カメラさん、ライト担当さんとスカウトさんの4人で、軽いあいさつと説明の後、ワゴン車で移動しました。
撮影は近くのスタジオでした。

メイクさんが女性だったので、安心していたのもありました。

スタジオに着くと、メイクさんに、下着も全部込みで衣装のセーラー服に着替えるよう言われました。
制服の柄は都内の有名私立に似せた物で、フツーにその年代の子が着る物よりはスカート丈がまじめだったのを覚えています。

撮影前に
「顔は出さないけど、バランスのために全身で撮るから」
と説明され、ポーズを取らされました。

ポーズといっても、普通に立っていたり何かをする途中で止めたりするだけで、表情とかはあまり気にしないでもいいと言われてました。

それでもカメラのレンズが向く方向は、あきらかにチラりを狙ったもので、
「ああ、こういうのが流行るんだ」と考えながら、指示に従ってました。 この記事の続きを読む