このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】そこにはとんでもない「しきたり」があった・・・

二十歳の時に農家に嫁いだ投稿者女性。毎日朝早く起きて、旦那と義父母の食事を作り、野良仕事を手伝うのだが、夜は旦那の性欲処理や義父母にも怒られてばかりで疲れ果てていた。しかも彼女の仕事はそれだけではなかった・・・。

nouka2

私が20歳のときに、とある田舎のほうへお嫁に行きました。

私は学問してないので頭はおばかだし、働くしかなかったので一生懸命、お家に尽くすよう働いていました。

朝の三時半頃に起きて旦那さまのお父さん、お母さん、そして旦那さまの食事を作り、(旦那さまは味の好みが違うので別に作るんです)四時にはみんなを起こして朝食。

私は朝、いつも腰が痛くて・・
作業は前屈みだし、こんなのを言うのははしたないけど夜は旦那さまと子作りがあり全部腰に来るんですよね。

お母さんも大変だったと思う。
七人も生んで農作業もやって・・。
お母さんの口癖は「どうせ女は道具だよ」ですから・・。

作業は五時前からぼちぼち開始します。
お昼には一回休みがあってそこでみんな昼寝をしたり。
旦那さまが昼にも求めてくるとそれはとてもきつい・・。

お口でしろって言うこともあるけどそれじゃ子供ができませんって言うとひっぱたかれて、
「お前はばかだ。喉からだって妊娠するんだ」
って言われて、私も少しのあいだ信じてたんですよ(笑)

だから一生懸命お口で旦那さまの大事なものを・・しました。
旦那さまが出したものを飲み込むのは大変でした。
毎日味が違う気がするし、とろみがあるからそんなにごくごく飲めないんですね(笑)

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】恋人には絶対に話せない秘密・・・

投稿者女性の生まれた地域に残る悪習、それは初潮を迎えた女子が父親または兄に処女を捧げることだった。それをやらなければ結婚相手を親に決められてしまうという厳しいものだった。投稿者は前者を体験することになるのだが、そのときの話。

inakafushu

動画で見る場合はコチラ!※BGMが出ますのでご注意ください。

私の生まれた地域に今でも残る風習です。

女子は初潮を迎えた段階で二つのうちから一つを選択しなければなりません。

一つは、父親もしくは5歳以上年の離れた兄に処女を捧げる。
これを選択した場合、処女喪失以降は自由恋愛が認めれれます。

もう一つは、結婚するまで純潔を守ることができますが、結婚相手は親が決めます。
簡単に言うと人身売買のような形になります。
男性が娘の「家」から「処女の娘」を大金を以って買うということです。

注意点として、男性の配偶者になれるとは必ずしも限りません。
有力者の愛人になるというケースもありえます。
「夫」との間に年齢差があって、「夫」が早くに亡くなった場合、実家に帰される場合があります。

この場合、子供は「夫」の家に取られます。

私の場合、許嫁とか愛人とかは考えられなかったので一つ目を選択しました。

上に書いた文の通りの説明を受けるわけではありません。
「これからお父さんに女にしてもらうのですよ」
といった感じです。

かといって、生理が終わった途端に父親に挿入されるというわけではありません。
私の場合は一人部屋で寝ていたので、風呂で母親から大人の女の嗜みとしての体の洗い方を教えてもらい、自室で母と一緒に父親が訪れるのを待ちました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】管理人に届いたとある村のマジキチな風習・・・

投稿者女性の村では”夜這い”の習慣が残っているという。しかも大人の女性たちが13歳になった少年の筆おろしをするという習慣があると言う・・・。

mura

拝啓 管理人様

貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さてこんばんは。
私は今年35歳になる熟女です。
とても面白いサイトなのでいつも拝読させて頂いております。

以下、私ごとになります。
私の住んでいる村では、未だに夜這いの習慣が残っています。
35歳の私は普段、主婦ですが、村の若衆さんたちの筆下ろしをさせて頂いております。
こちらの言葉では「お花を摘む」と言うのですが…。

13歳になった少年たちをいつまでも「童貞(おぼっちゃん)」にしておくと村が不幸になるという言い伝えがあり、熟女、主婦たちが若い男の子を指導するのです。
誘うのも、女からです。

まず、13歳になる男の子について、井戸端会議のようなものがおこなわれます。
そして、どの女性がどの子の相手をするか決めるのです。
その男の子の前で、そそのかすような仕草をします。

たとえば…。
男の子の帰ってくる道で、行水(お風呂ですね)をします。
裸を見せつけ、男の子をその気にさせる。
そして「お花を摘んでみませんか?」と聞いてあげる。
男の子が頷けば、その晩、自宅へ招き筆下ろしをしてあげる…という流れでございます。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】神様の前で子孫繁栄の誓い=セックスをするということなのだが・・・

投稿者の初体験はすごく変わっていた。それは二十歳の時に遠縁の親戚の家に居候していた時の出来事だった。携帯も通じないその島には信じられない風習があった・・・。

shinden

僕が初体験をしたのは二十歳の時で、そのころ家庭の事情で遠縁の親戚の家で預かってもらわれていたときのことです。

海に囲まれた島で携帯も通じないようないなかでした。

そこで家事を手伝いながら渡し舟にのって大学受験の為の塾などに行ってました。
体が生まれつき弱かったので学校も休むこともあり高校も遅れて卒業しました。

ここに来てから半年も経たないうちに初体験をしたのですが、その場所は山の中腹にある神様を祭る古い神殿でした。

この村では山と海の収穫を祝う祭りがあるのですが、その中で神様から恵みを貰ったお礼として人間が神様にお礼として、子孫を繁栄しますという誓いをするのです。
その誓いというのは神殿にある上座と像の前で実際に子供を作る行為をするものなのです。

それに選ばれるのは神様の前に新たな生殖を行うものを捧げるという意味で、思春期の(私の場合は違いますが、順番で回ってくるので村のや高校生)童貞の男子と処女の女子(村の子供はみんな)です。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者の”初体験”の思い出は村の異常な風習だった・・・

・投稿者男性は子供も自立して時間ができたので週に一度同僚と飲みに行くことにしている。
・酒の肴に自分の忘れていた初体験の話を思い出しながら話すのだが。
・今考えると信じられない村の儀式があったのだ・・・・。

x

親しい間柄だからこそ話せることっていうのは、あるものだと思う。
私は今年で54歳になる。
子供はふたりいるが、ふたりとももう就職しており、無事に自立させることができた。

高卒で就職した私は、それからずっと、同じ会社で働いてきた。
もちろん支社が変わったりはしたし、昇給だってしたし、今の生活には不満はそれほどない。
ただ、子供たちがいなくなったからこそ、夫婦ふたりだけの時間が重苦しく感じるときもある。

それで、週に1度程度だが、親しい職場の同僚……S本と、飲みにいくことにしていた。
S本も、結婚して子供もいる。

まだ子供は大学生だそうで、遊びほうけているらしく、このままで就職できるのかと心配している。

いつも、お互いの愚痴を聞きあって、うまい酒を飲んで、帰宅する。
それが、その日はなぜか、過去の性行為の話になった。
いつもよりピッチの早かったS本が、いきなり「M田、お前の童貞卒業は、いつだった?」って聞いてきたのだ。

その手の話を他人とすることは、あまりなかった。
たぶん、私が少し固そうに見えるからじゃないかと思う。
だが別に、隠すほどのことでもない。

幸い、飲んでいた店は半個室というか、1席ずつ区切ってあったため、他人の目も気にならない。
それで、いざ話そうと思ったときに……初体験のことを、思い出したのだ。
今まで、どうしてか忘れてしまっていた、記憶を。

この記事の続きを読む