このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】田舎の学校でなんと男子は自分一人・・・

投稿者が通っていた田舎の小学校での修学旅行は人数が少ないので4~6年で一緒に行く。しかも男子は自分一人というハーレム状態。そんな中でやってきた風呂の時間。なんと男子一人では可哀想だと、一緒に入ることに・・・。

furo
小学5年生のころの話。
《俺》が通う学校は田舎の小さい学校。

中学校と高等学校も近場にあり、エスカレータ式だった。
全校でも都会の一クラス位の人数だっただろうか。

女性の多い地域で、学校には俺と弟、他学年の6人。
他は、30人の女子だった。計38人。

《俺》のクラスには男は《俺》ともう1人の男友達のみ。あとは、7人の女子。
男はみんな低学年だ。

《俺》には、同学年に彼女が居た。名前は、N.Kとする。
とはいえ、男が少ないのでクラスの女子全員と学校の殆どの女子は《俺》が好きだったらしい。

30人のうち、21人は可愛いor美人だった。
その21人みんなが《俺》を好いてくれていた。

男が少ないから仕方ない。
勿論、彼女は一番大好きだが、皆優しいし好きだ。
残りの9人の2軍は他の男共と円満だった。

そんな事情があり、修学旅行は高学年の4.5.6年生で行くと言う伝統だった。
そして、人数が少なかったために、費用は案外余裕があり4泊5日という修学旅行だった。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】普段から姉によく裸を見られていたので仕返しに・・・

投稿者男性は子供ができて以来、嫁の実家へ行くことが多くなった。そこで実家暮らしの嫁の姉(26)が、投稿者が子供を風呂に入れているときに、よく子供を受け取りに来てくれていた。しかもその時は投稿者の全裸を普通に見られていた。そんなある日、嫁と義両親が一緒に出掛け、投稿者と子供と義姉だけになったのだが・・・。

ane

俺25、嫁24、年末に子供が出来たので、終末には3人で嫁の実家に行く回数が多くなった。

嫁の姉は26歳独身で実家暮らし。
実家の風呂で子供と入っていて、「ママ~出るよ」と風呂場から呼ぶと、

「あ、ハ~イ」といつも来るのは姉。

しかも脱衣場じゃなく、中まで入ってくる。
最初は照れくさくて俺もどうしようかと思っていたが、最近は呼ぶ前に少しシコシコして半立ちの状態で姉に見せつけている。

今日も昼から実家に行く。今日は嫁と父母が出掛ける。
オレは嫁の実家子供と留守番。
姉が子供の面倒とオレの昼食&夕食を作ってくれるらしい。

さっき姉が、「今日は私がお風呂に入れてあげようか」と言ってきた。
うん…まぁ…と返事を濁らせたが、どうしたらいいか?

1 いつものように俺がいれて、ギンギンにしたのを見せ付けて反応を見る。
2 姉に入れさせ、いつもの仕返しで子供が上がるときに風呂場に入り込み、姉の裸を見る。
3 三人で入る これは無理か!
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

 【体験談】修学旅行で女子8人が露天風呂でまさかの暴走・・・!?

中学の修学旅行、女子が8人しかいない田舎の学校だったが、他の男子には内緒で女子風呂を覗きに行った投稿者。そこでは女子8人がバスタオルを巻いて露天風呂に使っていた。さすがにまずいだろと思いながら見ていると、女子達もバスタオルをとろうという話になり、そこから衝撃の光景を目にすることに・・・

yukemuri

同級生の女の子がたった8人だった、ど田舎の中学の体験ですいませんが、修学旅行の時、仲間には内緒で、1人で女露天風呂を覗きにいくと、ちょうど女の子達が、バスタオルを巻いたまま、円になって、湯船につかっているところでした。

“あれ?お前等バスタオルを湯船にいれたまま入るのはまずくねぇか?”

そう思っていると、1人の女の子が、気まずそうに小声で

「やっぱりバスタオルはダメなんじゃない?………」

と言いながら、他の女の子達を見渡した。

すると、

「そうだよね……………」

と数人が答え、しばし沈黙が流れた。

「アハハハ……………」

沈黙に耐え切れず、全員が照れ笑い。

そして、また沈黙。

「やばい、先生に見つかったら怒られちゃう」

少しふざけた感じで、バスタオルに手をかけながら1人が立ち上がると、つられて全員が立ち上がり、同じくバスタオルに手をかけた。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談大事な】大学受験の期間中にまさかの筆おろし・・・

投稿者男性は大学受験のために親戚の家にお世話になっていたときのこと。その家には一つ年上の女の子がいたのだが、ある日、家に誰もいないと思ってお風呂に入ろうとしたら親戚の女の子が。しかも男のモノを咥えていた・・・。

furoh

もうずいぶん前の話だけれど、大学受験のときに、親戚の家にお世話になったことがある。

そこには1つ年上の女の子がいたから、泊めてもらうなんて最初はすごい緊張したんだけど……いざ行ってみたら、すごく気さくな子で、緊張もすぐほどけた。
受験って1校だけじゃなかったから、数日泊めてもらったんだけど……毎日、おじさんとおばさんもいるわけじゃない。
受験を終えて帰宅したら、家には女の子……Yちゃんしかいないってこともあった。

ある日、何校目かの受験の前日、受験会場をチェックして帰ってくる途中で雨に降られてしまって……人の家で勝手に申し訳ないとは思ったけれど、受験当日に風邪でダウンなんて避けたかったから、お風呂を借りることにした。

もうほんとに寒くて、あわてて服を脱いで、急いでお風呂場のドアを開けたら……Yちゃんがいた。
しかも、浴槽のフチにカレシらしき男が座ってて、その足の間に顔をうずめて。
「う、うわ、ごめんっ!!」
急いで出ようとしたんだけど、カレシっぽい男が、
「なに、カレシ?」
って聞くんだ。

え、お前がカレシじゃないのかよって思っていたら、Yちゃんが、
「親戚のコだよ~。ママたちに言われても困るし……共犯者にしちゃおうか?」
って。どういうことだ? って思っていたら、男が、
「そうだな。おい、そんなところにいないで、早くこっち来いよ。ドア閉めてくれないと、寒いだろ」

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】従姉のシャンプーを使ってたら勃起してきたので・・・

中学の時、いつものように正月に親戚の家に泊まりに行った投稿者。そこには高校生の従姉がいた。風呂に入るよう言われて体を洗っていると、従姉の使っているシャンプーの匂いに興奮して勃起。そのままオナニーしてから出ようと思って扱いていると、突然従姉が入って来た!意外にも余裕の態度な従姉が取った驚きの行動とは・・・。

tekokihuro

オレの家は、親戚が多い。
お母さんもお父さんも、兄弟が多いからだ。
だからお正月といえば、すごく楽しみなものだった。

毎年、どこで親戚が集まるのかワクワクしていたものだ。
たいていは、少し広い家のところにいくから、うちの家でやるか、もしくはオレと3つしか年の違わないイトコのお姉さんがいる家でやるかの、どちらかだった。

その年はイトコのお姉さんの家でやることになっていて、オレも両親について行った。
少しずつだけれど、たくさんの大人たちからもらえるからお年玉はその年もガッポリ。
大事にカバンにしまってから、叔母さんに、
「オレくん、今日お泊りって聞いてるから、お風呂入っておいでよ」
って言われた。

叔母さんはお母さんの姉で、しかもお母さんと叔母さんは昔から仲良し姉妹だったらしい。
ほかにも兄弟はいるけれど二人は特別仲がよくて、夏休みとかには家族合同で旅行にいったりすることもある。

叔母さんの家に泊まったことも何回かあったから、オレは特に抵抗もなくて、言われたとおりにお風呂に入った。

叔母さんの家は女の子しかいない。
しかも上のイトコたちは大学生になって、他県に出てしまっているから、この家にいるのは、オレの3つ上の高校生のいとこだけだ。

そのイトコのIも、なかなかかわいくて、AKBとかにいそうな…なんていうか、そこらへんにいるちょっとかわいい女子って感じ。
高校生ってだけあって、胸とかも、同じクラスの女子よりもずっと膨らんでる。

お風呂の中には女の子っぽい色のボトルのシャンプーとかしかなくて、オレはそれを使って髪とか体を洗った。
すごくいいにおいがして、これをIも使っているのかって思ったらなんかあそこが勃起してきてしまって…このまま出るわけにもいかないし、さっさと抜いてから出ることにしたんだ。

お風呂の小さな椅子に座ったまんま、脚を開いてあそこを扱いていたら、急にドアががらっと開いて、Iが素っ裸で立っていた。

オレを見て「キャー」とかいうこともなく、大人の余裕っていうのか、にやにやしたまま入ってきて、鏡越しにオレのあそこを見ながら、
「なにお風呂でオナニーしてるの?」
って言ってきた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【兄妹相姦】俺「久々に一緒に入る?」→冗談で言ったつもりがあっさりOK。ヤバい予感が・・・。

東京出張の帰りの飛行機が欠航になってしまい、東京に住んでいる妹に連絡して泊めてもらうことに。久々に会う妹は大人っぽく見えた。そして飲みながら色々話をしていたのだが、眠くなりシャワーを浴びることに。そこで冗談で「久々に一緒に入るか?」と言ってみたら、まさかの返答が。それが間違いを起きてしまうきっかけに・・・。

imouto

先日、出張で東京に行った時のことです。

帰りの飛行機が欠航になってしまい、泊まるあてもなく所持金も少なかったので東京で働いている妹に連絡をとり泊めてもらいました。

彼氏が来ていたそうですが、訳を言って帰ってもらったそうです。
2年ぶりにあう妹はすっかり大人でした。

いつもは仕事中の時間だったそうですが、今日はたまたま休みで家に居たそうです。
泊めてもらったお礼になけなしの金をはたいて晩飯をおごり、帰りにコンビニで缶ビールなどを買い込んで妹のアパートへ。

地元の事を話したり、東京での一人暮らしの事や彼氏の事などを話していました。
しばらくすると気が緩んだのか眠くなってきました。

すると妹が「シャワーでも浴びてスッキリしたら?」と言うので、
「あぁ。そうだな。ついでにお前も一緒に入る?」
なんて軽い冗談のつもりで言ったんですが、

「そうだね!一緒に入ろっか!」。

「!!!」

ビックリして声も出ず眠気も吹っ飛んでしまいました。

妹の言葉にしばし放心状態でいると、風呂場から
「お兄~!早くおいでよっ!」

その言葉で我に返り、風呂場へ行くと既に中で妹がシャワーを浴びていました。

どうして良いものか戸惑っていると、突然ドアが開き
「お兄~!あっそこにいたの?早く入りなよ。」
とカラダを隠そうともせずに言って来ました。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【エロ体験談】少年時代、誰もが一度は妄想するお風呂覗き・・・

投稿者が性欲絶頂期の中1のころ、田舎で唯一の隣人である母子家庭の母娘の家のお風呂の窓が覗ける場所を発見する。その日から週2,3のペースで覗きを始めた投稿者。娘は比較的無防備だが、母親はすぐ窓を閉めてしまうので中々見れないのだが・・・。

huromado

俺の家はちょっとした山の上にある。

800メートルくらいの坂を上がったら俺の家ともう一軒の家だけがある小さな山。

田舎ということもあってか人通りもなくほかに越してくる家もない。

もう一軒に住んでる家族が後輩の女の子の家族だった。

母子家庭で母親も子供も可愛い。

可愛さって遺伝するんだなってその家族見たらはっきりわかる。

母親のほうは今の広末涼子みたいな感じ。

娘のほうは若い頃の広末。

厨1の夏、部屋から余ってる花火が出てきたので、ちょっとやろうと思った俺は普段通らない場所に行くと、その家族の風呂場の窓が開いてた。

マジか、と思った。

その場所からは風呂が丸見え。

向こうからは恐らく暗いからこっちは見えないと思う。

中高生の頃のエロパワーはマジで半端ない。

風呂が開いてるのを見て待つこと一時間。

いっこしたの後輩のほうが風呂を入れ始めた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

深夜の社員寮の風呂場で掃除のオバさんと二人きりに。そこでトラブルが発生し、作業を手伝うことになった投稿者はオバさんにチラチラ見られ、次第に勃起していく。そこへ別の掃除のオバさん達も駆けつけチンコはついにMAX状態に・・・。そして・・・。

oba

すこし長いですが、私が人生で一番恥ずかしかったことを書きます。

あれは私がまだ会社の寮(男子寮)にいるときの話です。
その日は徹夜作業明けで午前11頃に帰宅しました。
夏だったので汗をかいており、風呂に入ってから寝ることにしました。

風呂場(大浴場)に行ってみると、風呂場には誰もいませんでいした。
普段だとこの時間は掃除のおばちゃんが風呂場を掃除しています。

しかし、社員が使っている場合は遠慮して掃除を待ってくれます。
直前に誰か社員が入っていたのでしょうか?
これはラッキーと思い、そのまま風呂に入りました。

頭を洗っていると、ガラスドアが開く音がしました。
誰か入ってきたんだな~と思っていたら、女性の声で
「失礼しま~す」と聞こえました。

焦って振るかえると、40才ぐらいのおばさんがバケツをもって風呂場に入ってきました。
そして、
「ごめんなさいね。待ってたんだけど、なかなか空かなくて。時間なくなっちゃうから掃除はじめさせてね。」
と言ってきました。

「はぁ・・・」
と返事をすると、
「大丈夫。見ないから」
と笑いながら言っています。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

二次オタで童貞の主(18)がいつものようにエロアニメのDVDでオナニーしてるところを姉に見られ、もっと現実の女の子に目を向けろと叱責される。姉の叱責が煩わしくなった主は「じゃあ、姉ちゃんが相手してくれよ!」と言い放つ。そしてその2日後・・・。

huro

初めて書き込みするんだけど、俺と姉ちゃんのエピソード。

当時18歳だった俺は、ほとんど学校にも行かずに、家でゲームばかりしていた。半引きこもり状態。
いつものように、2次元コンプレックスの俺は、レンタルビデオからエロアニメのDVDを借りてオナニーをしていた。

すると、
「ねえ、健太郎、…あっ!」
部屋にノックもせずに、姉ちゃん(当時20の女子大生。若い頃の山口智子に似ている)が入ってきて、オナニーしてるのを思いっきり見られた。

「な、なんだよ、姉ちゃん!」
俺は怒鳴ったが、お姉ちゃんは部屋も出て行かずに、俺をじっと見ていた。

「なんだよ、何か用かよ? 早く出て行けよ」
姉ちゃんは腕を組んで、
「ねえ、あんたいつもエロアニメでオナニーしてるの?」
「え? なんでだよ?」
「あんたさ、アニメとかマンガばっかり見てるよね?」
「だからなんだよ?」
「前から思ってたんだけどさ、あんた、アニメとかマンガにしか興味ないんじゃないの? 2次元コンプレックスってやつなんじゃないの?」

俺はドキッとした。
姉ちゃんにそんなこと指摘されるとは思ってなかったからだ。

「部屋見てもさ、本物の女のエロ雑誌とかDVDとか全然ないじゃん? 本物の女の子に興味ないの?」
俺はずばずば真相をつかれて動揺した。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

tekoki

めずらしく憂鬱そうな顔をした妹が、リビングでぼーっと天井を見ていた。

妹は19歳、介護系の専門学校に今年から通い始めている。
どちらかいえば、考えるより行動が先の妹が、考え込んでいるなんてかなり奇妙だ。

「どうかした?」
後ろから、ちょっと声をかけてみる。
「あっ、兄ちゃん・・・・。」
妹は困ったなぁ、って顔をしていたけど、悲しげとかじゃない表情。

どうやら失恋したとか、そんな風ではない。
安心して、相談に乗ってあげられそうだ。

妹はちょっと一息あけて、こう言った。
「あしたさぁ、ちんこ触んなきゃいけないんだよ・・・。」
「はぁ?なんだそれ?」
ちんこって、あーた。

「明日、介護実習でさぁ。老人介護の施設行くんよ。一日、担当したご老人の介護するんだけどさ、下の世話するジャン。そうなるとさぁ、人生初ちんこ触るわけなんですよ。」

なるほど。ん?人生初ちんこですか?
彼いたじゃん。高校生のときさ。

そんなことを思いながらも、さすがに人生初ちんこに関しては突っ込んで聞くわけにも行くまいと思いつつ
「でもな、介護ってのはさ、そういうもんだろ。それを分かってて、その道に進んだわけだろ。」
我ながら、馬鹿みたいに正論を言ってみる。 この記事の続きを読む