このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】かわいらしくてものすごく臭い!←これ・・・

投稿者男性はいわゆる「匂いフェチ」なのだが、直接女性の足の匂いを嗅げるチャンスに乏しい非モテ男性。そこで彼がいつも狙いをつけているのは女性の履きこまれた臭~い靴だった。しかしなかなか理想の刺激臭を盛った女性なんていない。そんな彼が出会った最高の二人を紹介してくれました・・・。

kitanaikutu

僕は「女性の足の匂いフェチ」です。
特にかわいい、綺麗、美人な女性のボロボロの靴の匂いが大好きです。

この趣味に目覚めたのは、中学の頃、学年でいちばんモテていた川田かなみさん(仮名)の上履きが教室に置いてありました。

その上履きの匂いを嗅いでみると、足汗とゴムの匂いがむわっと、すさまじい匂いでした。
かなみさんはものすごく可愛らしい女の子で、中学生なのに高校生と付き合っていて、大人びた美人で、同級生の男子にもあこがれてる奴が多くいました。
しかし、そんな女の子の上履きが、足の匂いがこんなに臭いなんて、、、

僕は夢中でかなみさんの上履きを嗅ぎました。
ギャップ萌えの一種だったんでしょう、そして、その経験が強烈すぎて、僕は完璧に足の匂いフェチになってしまいました。

それからと言うもの、事ある毎に美人の足の匂いが嗅げないかと毎日思っていました。
残念ながら僕はモテなくて、美人の足の匂いを嗅ぐ機会なんてそうそう訪れません。

今、25歳、足の匂いフェチになってちょうど十周年です。
ここで一度、僕の足フェチ人生を振り返ってみたいと思います。

高校時代は、放課後や朝一で学校に行っては周囲の目を盗んで、かわいい子の靴箱を開けて上履きや体育館シューズの匂いを嗅いでいました。

思春期ですから、いちばん異性の目が気になる年齢ですから、かわいい子、綺麗な子、美人な子は清潔感を大切にしていて、放課後こっそりと靴の匂いを嗅いでもなかなか僕を満足させてくれる人はいませんでした。

この記事の続きを読む