このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】教師という仕事柄正義感にあふれ、街で困っている人に道を教えてあげるのだが・・・

・投稿者女性は背が小さく童顔で小学校の先生をしている。
・ある日街に買い物に出かけると杖をついたサングラスの男性に出会う。
・「何か困っていたら・・」と声をかけると「この住所までいきたい」とのことだったので・・・。

x

この間、街中で困っている人を助けた話をしようと思う。

私は小学校の先生をしているんだけど、生徒たちに「お姉ちゃん」呼ばわりされてしまうくらいの童顔で、身長も160センチいかずにとまってしまった。
胸も同じく、Bカップで成長がとまった……。

ちなみに、まだ伸びると信じて、毎日豆乳を飲んだり、にぼしを食べたりと、カルシウムの摂取に必死。

休みの日も教材を作ったりと何かと忙しいのだけれど、その日は本当に一日お休み。
教材作りも前日の夜の間に済ませてしまったから、翌週からの授業の準備も大丈夫。

私が働いている小学校はスーツではなくてもいいけれど、動きやすい服装が求められる。
昼休みとかには、生徒に誘われてドッジボールに加わったりすることもあり、服の傷みが早いから、カットソーを買いにいくことにした。

ボトムはだいたいいつも動きやすいジャージ。
出勤も車だから、人目を気にすることもないしね。

若い子向けの、お値段が安めの服やさんで何着かカットソーを購入して、お昼ご飯は少しリッチにカフェで。
食べなきゃ体力が続かないので、毎日しっかりと食べるせいで胃袋が大きくなってしまっているのか、世の中の女性向けのカフェランチでは、少々物足りなかった。

ランチを済ませてお店を出て歩いていたら、コンビニの前の郵便ポストのところにぽつんとお兄さんが立っていた。
杖をついていて、サングラスをかけている。

困ったようにきょろきょろしていて、小学校教諭をしているせいで人一倍強くなってしまった正義感から、
「何かお困りですか? お手伝いできることはありますか?」
と声をかけてしまった。

この記事の続きを読む