このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】怪しげな求人情報についていった結果が・・・

投稿者男性は大学卒業後も就職せずにおいしいネタを探してフラフラしていた。しかしそんなに世の中は甘くない。30代になっても定職に着けずにいた。しかしこのままでは終われないと必死で仕事を探し始めるも、なかなかいい仕事が見つからない。そんな時、ネットで「闇の求人サイト」なるサイトを見つける・・・。

rape

大学生の頃は「俺はビックになるぜ!」と仲間に言って就職活動を全くしなかった。

自分で企業を立ち上げさえすれば今すぐ就職する必要がないと思っていたんだ。
特別なスキルまたは人脈があったかと言えばそんなものは全くない。

20代の後半までバイトもせずにいいネタがないかあちこち回っていた。
たまに、確実に食えそうなネタを見つける時もあったんだけど賞味期限が短すぎてすぐにそのネタは通用しなくなる。

しかも、うまいネタと言うのはちょっとヤバい奴らも気づいている場合が多く、そういう奴らに目をつけられると非常に厄介だ。
もし、グループで活動していればもっと頑張れたかもしれないけれど、自分は個人で行動していたためすぐに手詰まりになった。

30代になる頃にはコンビニバイトなど、誰もができそうな仕事を転々とするようになっていた。
(このままでは終われない、金を持たなきゃ自分を変えられない)

自分は今の状況を打破するためにハローワークやインターネットで求人情報を探した。
とにかく給料が高くて短時間で稼げるような仕事、それが自分が求めている条件だ。

そんなおいしい仕事・・・、まずハローワークにあるわけがなかった。
そして、インターネットの求人サイトでもおいしい情報は見つからない。

途方に暮れながらも毎日のように検索をしていると、「闇の求人サイト」と言ういかにも怪しい感じのサイトがあった。

この記事の続きを読む