このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】玉揉みだけでまさかの・・・

投稿者男性が泌尿器科で美人女医に睾丸を触診されたときのこと。あまりの気持ちよさにフルボッキしてしまう。しかし先生はそんなことはお構いなしに触診は続き、我慢できなくなった投稿者は・・・。

joi

以前、精索静脈瘤で泌尿器科行ったとき、見た目30代の女医に当たったよ。

竹内結子によく似た美人でさ。俺オワタと思ったよ。
それでさ、一通り問診あって、それから、ズボンとパンツ脱いで、そこに上がってください、って言われてさ。

下半身露出で診察台の上に乗って、膝立ちになって股広げて下さいってんだよ。

それで、やわやわとキンタマ揉まれたよ。
なんかタマ本体の形を確かめるみたいにさ。

それからお腹に力入れてくださいって言われて、ちょいふんばったら、またキンタマ丁寧に揉まれて、ああ、左側にありますね、って言われてさ。

そんとき、もうあれだけ丁寧にキンタマ触られたら、チンポフルボッキですよ。
加えて、なぜか、チンポギリギリに先生の手がかすめるのよ。

そんで、チンポがすげえカチカチになって、我慢汁が出て、タラタラになっちゃったわけ。
それでも触診は続いて、俺ってば、我慢できなくて、先生に向かって射精しちゃって。

ものすごく気持ち良くて、大量に射精したから、先生の顔とか白衣に飛び散っちゃってさ。
俺、恥ずかしくて、すみません、すみません、って先生に必死に謝ったよ。

でも、先生は冷静に、よくあることだから気にしないでください、それよりも、左側の方が睾丸へ行く血管の分岐が長いので、静脈瘤は左側に多いんですよ、って言ったよ。

触診が終わって、先生はしばらく着替えとかで時間取られてた。

その後服を着て、椅子にすわって説明受けてるときに、またフルボッキ状態になっちゃってさ。
どうにも収まりがつかなくなっちゃったのよ。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】大学病院というところをよく知らないと大変なことに・・・

便秘がちの投稿者女性(22)は就職前に診ておいてもらおうと大学病院へ行った時の事。診察室に入るとそこには先生のほかにも数人の学生が。勉強のために見学をさせてあげてほしいといきなり言われて断れなかった投稿者。しかしその後、トラウマレベルの羞恥体験をすることになる・・・。

aecb11-07

22才女性です

最近、便秘がちのことで就職後のことを考えると気分が重くなってしまって…
体調がわるくなって仕事がきちんとつとまるのか、ちゃんと社会人としてやっていける のか、気になりだすと考え込んでしまいます。

健康診断のつもりできちんとしっかりした病院でみてもらおうと以前から考えてはいました。

大学の講義も12月で終わりになったので、先日、ある大学病院へいってまいりました。

何科で診てもらえばよいかわかりませんでしたが、受け付けで相談にのってもらったところ、 総合診療科というところに回されました。

最初、予診室という部屋に呼ばれ、若そうな先生に、いろいろと質問をうけましたが、またあとでお呼びしますといって去っていかれました。

それから随分と待たされましたが、ようやく呼ばれて、今度は第一診察室というところにはいってみると随分年輩の貫禄のある先生が腰掛けていました。

驚いたことにその先生以外にも後ろの方に3人の白衣を着た先生(あとで学生だとわかったのですが)おられました。
先生は私の方に見向きもせず、最初に予診室で会った先生からわたしの病状を聞いているようでした。

看護師「これから先生が診察されますのでベッドに横になって待っていて下さい」

ベッドに横になるとズボンのベルトとチャックをゆるめられ、ブラウスをまくっておなかにバスタオルを掛けた状態で待期させられました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

mamama

近所の病院で体験した恥ずかしい話です。

私は今年で33歳になる2児の母なのですが、子供たちも大きくなってきたので
夫と相談して最近マイホームを購入したんです。

新築に引っ越してから数ヵ月後、新しい環境にも慣れてきて気が緩んだのか、
私は風邪をひいてしましました。

まだ近所にある病院についてあまり把握してなかった私は、
子供を幼稚園に送り届けたあと、比較的仲のいいママ友に聞いてみたんです。

「○○ママ、この辺でいいお医者さん知らないかしら?」

「あら△△ママ、風邪? この辺だとそうねぇ…うちはよくN田診療所を利用するわね」

聞くとその診療所、気のいい老夫婦が何年も前からやってるみたいで、
近所の人は皆ここを利用してるらしいんです。

ママ友と別れた私は一旦家に帰り家事を済ませた後、
すぐに自転車でその診療所へと向かいました。

建物の影にひっそりと佇んだその診療所は思っていたよりも小さく、
車の駐車スペースも2台分しかないコンパクトな作りになっていました。

診療所に入ると、受付口から60代ぐらいで白髪のお爺ちゃんが顔を出しました。 この記事の続きを読む