このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】セックス初心者の43歳の暴走が止まらない・・・

投稿者男性は31歳のガソスタ店員。お客さんの元ヤンキャリアウーマンの紹介で知り合った、43歳にして処女だった百合枝さんとセフレになったその後のお話・・・。

jimikyonyu

2016年10月27日に投稿させていただきました『【驚愕体験】43年間未使用だった美熟女処女マンコに挿入した結果・・・・・・・・・・・・』の続きです。

元ヤンで大手建設資材会社のキャリアウーマン・石関園子次長の勧めで彼女の部下の43歳になって初めて一回り年下の俺に処女を捧げたお局様OLの五十嵐百合枝さんともセフレになり週3~4回、内訳1セット4~8回のセックスを楽しむようになった。

魅力は正直、彼女の成熟したナイスバディとエキサイティングにそそる剛毛とくさマンなんだが、セックスをするうちに俺は次第に彼女に人に見せない気丈さを覚えるようになった。

地味な彼女はそういったしたたかさを秘めたキャラで、それがセックスにも生かされているのだなとつくづく思った。

ある晩、エアロビクスを終えた百合枝さんにお相手を頼まれて彼女のマンションへ行き、そのまま買ってきたお酒で乾杯した。

飲みながら仕事上の愚痴やその他たわいもない話の中で俺は改めて処女喪失の感想を聞いてみると、
「痛かったけど、普通に考えれば全うに家族を作るためには乗り越えなきゃならない試練なんだよね…?」
と一般論を述べたかと思ったら、
「遊びで考えれば快楽のコミュニケーションだよね♪ただ、思いやりは大事だと思ったね…。さしずめ男女の無い物ねだりを満たすゲームかも知れないよ。」
と何かおっさん臭く淡々と悟るように語る彼女も滑稽には見えたが、やはり「年の功」だなと思った。

すると彼女は突然、電気ポットのコンセントを外して俺に見せて「(セックスって)これだよね!?」と微笑みながら問いかけた。

俺も「なるほど!!そりゃ上手い例えだねぇ(笑)」と頷いた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】中高年カップルの野外プレイが贅沢すぎる・・・

投稿者男性が棒教習所で知り合い、今やセフレとなった美熟女教官(56)の家で寛いでいたが、新たな変態プレイが見つからずにいると、彼女から「明日、いいところへ案内するよ」との提案が。翌日、彼女に案内されたのは人里離れた山奥だった・・・。

doukutu

2016年11月12日投稿の『【唖然】車のワイパーに ”赤ふん姿の女性の半裸写真” が挟まれてた結果・・・・・・・・・・』の続きです。

昨年夏のお話・・・。

セフレである某教習所のエロすぎるベテラン教官・秀子さんのお家に連休を利用して遊びに行き、その晩に懐かしの「にっかつロマンポルノ」のDVDを一緒に観たり、彼女の若い頃の水着姿の写真を見せてもらった。

ちょうど秀子さんが20歳の夏に近隣のビーチで当時の会社の女性の同僚と一緒に映っていた。

当時は秀子さんは観光バス会社でバスガイドをしており、主に学校関係で修学旅行や老人ホームのツアーなどを担当していたそうだ。

故に歌も上手い。

その観光バス会社で大型二種免許を取得してバスの運転手も勤めたと言う。

後にその大型二種免許を生かして現在の教習所に就職したが、彼女の勤める教習所はそのバス会社の系列だ。

写真を見て、現在の面影はあるが、秀子さんはグリーンのビキニを着ていて、当時から巨乳が目立っていてセクシーに決まっており、もう1人はお子ちゃま体型でイマイチだ。

20歳の頃の秀子さんはなんとなくだけど、タレントのりょうに似た顔立ちだ・・・。

「他にないんすか?」と聞いたら、本人のシングル撮影版を数枚出してくれて、うち1枚を「おかずにしてね・・・。」と貰えた。

ムラムラと来たためかこの日は俺の方から、「しようよ!!」と切り出すがお互いネタが思いつかない。

そこで、「明日いいとこへ案内するよ。」と秀子さんは微笑む。

この記事の続きを読む