このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

 【体験談】たまには勇気を出して声をかけてみるのもいいかもしれない・・・

・30過ぎて独身の投稿者の趣味はジオラマ作り。
・いつものように家電量販店のホビーコーナーに行ったら親子連れを発見。
・よく見ると母親のほうが泣いているので心配で声をかけてみたら・・・。

namida

家出少女じゃないけど、家出人妻を泊めたことがある。

俺は30代に突入し、独身を貫いていた。
というのも、けっこう仕事がハードで、職場ではいい出会いがないし、休日になると出会いを求めて外へ出かける体力も残っていないという有様。

休日はもっぱら、趣味に費やしていた。
趣味っていうのが、女性にはなかなか理解してもらえないかもしれないんだけど、ジオラマ作りだったりする。
もともと、ミニカーを集めるのが好きだったんだけど、それを上手く飾るためにはどうしたらいいかって悩んでいて、突き詰めていったら、ジオラマ作りに行き着いたんだ。

その夜は金曜日だったんだけど、めずらしく残業もなく上がることができた。
駅に隣接している大きな家電量販店はまだ営業時間内だったから、そこのホビー商品売り場へいって、ジオラマに追加する木や人のフィギュアとかを眺めていた。

しっくりくる建造物とかがなくて、これはもう自分で粘土でもこねて作るしかないかな…そんなことしてたら、さらに出無精になって、もう一生独身かもなぁ…なんて思いつつ、売り場を眺めていたら、シュラ○ヒって有名な動物フィギュアの棚の前で動かない親子がいる。

親子っていっても、30代いくかどうかってくらいの若々しい女性と、ベビーカーにのせられて眠っている赤ちゃんだ。
女性はうさぎや犬のフィギュアを眺めているが、その横顔はまったく楽しそうではなかった。
気になって、商品を選ぶふりをして横目で見ていたら、女性がしくしくと泣きはじめた。

さすがにぎょっとして、商品を棚に戻し、
「大丈夫ですか?」
って声をかけたんだ。
なんていうか、顔が思い詰めてたからさ。
いまどき、家庭内の事情で子供もいっしょに無理心中ってニュースとか、けっこう見るし。

そしたら女性が顔をあげて俺を見た。
これが、なかなかの美人。井川遥っていったらさすがに言いすぎだけど、髪型とか、あんな感じで優雅にカールしてる。
服装も、綺麗な若いママって感じで、くるぶしよりちょっと上くらいの白いズボン、ざっくりとしたサマーニットがすごくおしゃれに決まっていた。

女性は俺の顔をみて、なんかホッとしたのか、さらに涙をこぼし始めた。よく、「俺さんって、いい人そうな顔ですよね」って言われるくらい、いい人そうな雰囲気には定評のある俺だ。安心したんだろう。

でもこれじゃ、俺が泣かせているみたいだ。
ちょっと場所を変えましょうっていって、近くのファーストフード店へ。
女性を席に座らせて、なんかテキトーにポテトとかパイとか、あとドリンクを頼んで、女性に差し出した。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

美人だけど、メンヘラな彼女。付き合ううちに数々の奇行をやりだす。引き気味の投稿者男性だったが、彼女が美人過ぎて離れられない。そんなある日、彼女に突然一枚のDVDを渡される・・・。

fera

今まで付き合ってきた女の子の中で、いちばん美人だったのが、24の時に付き合ってた彼女。
誰からも羨ましがられるくらい美人だったけど、メンヘラ気味、というかメンヘラの彼女で。

外見は全く不満がなかった。
某女子アナにそっくりな感じで、やわらかい感じの美人、知的な美人って感じで、外見からはメンヘラだって想像もつかなくて、外見に釣られて付き合い始めた。

最初のうちは何ヶ月か楽しく付き合ってたし、エッチにはかなり積極的で尽くしてくれる彼女で最高だった。

けど、次第に、「どれだけ自分のことを受け入れてくれるか」みたいになって、最初は、エッチの最中に、トイレしてるところを見せられた。

そのうち、挿入してる最中にも、漏らすようになった。

それでも理想の彼女だったから、別れることはなかった。

だけど、彼女の行動は、どんどんエスカレートして、俺と会うときは、毎回バイブ挿れてきて、ドライブの最中に、
「我慢できないよぉ……ね、ね、ここでエッチしよ?」
みたいな感じで、普通の道で運転中に、俺の下半身さわってきたり。
その辺りからだんだん引き始めた。

決定的だったのが、風呂に入らなくなったこと。

外見は化粧ばっちりで綺麗なままだけど、
「汚いわたしを受け入れて欲しい、体臭も、何もかも受け入れて欲しい」
といった思考回路になっていった。
最低限の身体のケアしかしなくて、相変わらず美人にもかかわらず、犬みたいな匂い。

だけど、それでも受け入れた。 この記事の続きを読む