このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】なぜか自分に送られてきた懺悔メールに・・・

投稿者男性が大学時代から好きで、告白して振られたこともある後輩女子がいた。卒業してからも会っていたが、その子に彼氏ができてから会う回数が減っていった。しかし、ある日、彼女から突然驚きのメールが・・・。

koukai

動画で見る場合はコチラ!※BGMが出ますのでご注意ください。

ずっと好きな子がいます、その子は今年で25歳、一歳下の未央という子で、大学時代から思いを寄せています。

サークルが同じになったのがきっかけです。
ダメ元で大学のときに告白したのですが、異性には見れません、ごめんなさい、といわれ玉砕してしまいました。

それからは先輩後輩というか友達というか、そんな間柄を続けています。
育ちがよく、かわいらしく、本当にいい子です。

今も男友達にしか見られていませんが、時々会ってご飯に行ったり、遊んだりしていました。
でも、未央に彼氏が出来てからは疎遠になりました。
今でも好きなので他の相手と付き合ってる未央を見たくないんだと思います。

でも、二ヶ月くらい前の話です、いきなりメールが入ってきました。

――浮気してしまいました、私、最低です。

突然のメールに驚きました。
浮気とか、間違っても彼女が使う言葉じゃありません。
内容もそうですし、メールが来たタイミングもしばらく合ってないから本当に驚きました。
電話をすべきか、メールを返すべきか戸惑っている間に、次のメールが来ました。

――今まで好きになってくれてありがとうございます、でも、そういう女の子じゃありません。
――彼が浮気して、そのことでケンカして、自分もそういうことして彼を困らせようって思って、街で声掛けられた人について行って。
――でも、今、すごく自己嫌悪です、ごめんなさい、こういうことあなたにしか話せなくて。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】いくらなんでもこんなマヌケなやついるのかよ・・・

カメラマニアの投稿者は高級カメラを所有しているのでよく会社の人に貸して欲しいと頼まれる。ある日、会社の美人受付嬢にカメラを貸して欲しいと頼まれる。憧れていた女性から頼まれて喜んで貸す投稿者。しかし返ってきたカメラにはとんでもない画像データが残っていた・・・。

hame

二十代半ばのカメラマニアの俺。

給料の大半はカメラ+撮影場所までの交通費で消えていく。

会社の人間にはほぼ変人扱いされてるが、みんな旅行とかそういう機会の時は俺にカメラを借りにくる。

今まではミラーレス(小さい一眼レフと思ってもらえばいい)をみんな借りていったけど、高級コンデジ(ミラーレスよりちょっと劣る程度の画像が撮れる)を持ってからは借りる人も増えた。

俺の手元にあるより、誰かに貸してる時間のほうが多いレベル。

50人規模の会社なので割といい意味でアットホームなので、別に貸すのは嫌じゃないし、だいたいが「貸してくれたお礼」とか言って手土産持って来てくれる。

変人扱いされてるって言っても、いじる感じの嫌な感じじゃない。

昼休みにカメラの話になって、美人の受付嬢に
「私、今週末に旅行行くから、借りてもいいかな」
みたいに声掛けられた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

以前、一目惚れして2年間通い続けたが、いきなりいなくなってしまったカフェの女の子。さらに2年後、コンビニで彼女と再会。ぎこちない会話だけを交わし別れる。しかし1週間後、また彼女と鉢合わせ。そして彼女から突然「好きです」の言葉。もう気はなかったが、過去の屈辱を思い出し、ある考えが浮かぶ・・・。

sukidesu

フリーターしてた頃に、大学生の子に一目惚れした。

大人しい、小柄な雰囲気と長い黒髪、純粋そうな雰囲気が、どストライクだった。
その子は、カフェで働いてて、毎日のように飲みに行ったけど、相手にされなかった。

二年くらいかな?ずっと片思いで、自分のバイト前とか、バイト後とかに通ってて。
結局、彼女は就活が忙しくなる、三年の十二月くらいにバイト辞めた。

その時は、向こうにとっては、「自分に片思いしてる、よく来る変な客」程度の存在だったと思う。

だから辞めること知らせてもらえなかったし、いきなりコーヒーショップからいなくなったから、まぁ、しょうがないか、時間の無駄だったな、よくもまぁ、二年近く片思いしてたな、って若干寂しさも覚えつつ、それから二年近く経った。

その時は俺も就職してて(相変わらず彼女は出来なかったけど)、そんな時に近所のコンビニで、彼女とすれ違った。

で、彼女はスーツ姿で、大学卒業して普通に就職したみたいで、仕事帰りっぽかった。

出来れば顔合わさずに、そのままやり過ごしたかったから、こっそり帰ろうとしたら、ひとつしかない入り口の前にいて、思いっきり鉢合わせした。

しょうがないからごく一般的な会話をする。

「久しぶり……」

「…………はい」

「今、仕事帰り?」

「そう、です……」

「そっか、お疲れ様」

みたいに、本気で何でもない会話で、あんまり盛り上がらない。
ま、こっちの片思いだったし、ドラマみたいなことはそうそうないよな、とか、適当なこと考えてた。

「じゃあ、お疲れ様」

みたいな挨拶して、そのコンビニから帰ることにした。 この記事の続きを読む