このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】どうも最初から男の様子がおかしかったのだが・・・

学費と家族のためにソープで働く学生の投稿者が経験した恐怖の体験。ラストで入って来た大柄な男は最初に感じた違和感通りの危険な人物だった。だがそれに気付いた時にはすでに手遅れだった。彼女は男に抑え込まれ、暴力を受けて気が付くと・・・。

soap

目が腫れて、口の内側が切れていて痛い。あそこも少し傷がある。

風俗の仕事を始めてから一番ショックな日だった。
身体も何ヶ所も痣になってしまっている。

 
ラストのご案内でボーイさんから紹介された時に、なんだか嫌な気はした。
すごく若いんだけど1m80以上はあるガッシリした人。でも目が何だか泳いでいる感じがする。

って言っても、これはお仕事だし、今までも、初めて会った時にそんな感じでも、お上がりの時にはニコニコさんになってもらえる事も、特に最近は多くなってきていたので、自惚れもあったかもしれない。
 
「あれ?」って思ったのは、服を脱ぐのを御手伝いしてから、湯船にご案内した時だった。
「お客さん、なんてお呼びすればいいですか?」
ってハート付きで話し掛けた答えは
「お前みたいなバイタに呼ばれたくねーよ」だった。

びっくりした。
「すいません、ご気分なおしてくださいね」の答えは、
「しゃべるんじゃねーよ」だった。

しかたないので頷いて、椅子にタオルを掛けて、すこしシャワーで暖かくした。

湯船から上がる気配がしたので振り向こうとすると、いきなり口をタオルで抑えられた。
「ヤバイ」って思って、講習で習った護身術を使おうとしたんだけどまったく役に立たなくて、足はお客さんの足で抑えられてしまい、両手は片手でまとめてねじ上げられ、タオルはすばやく後ろで結ばれた。
この記事の続きを読む