このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】性欲とプライド、果たして勝つのはどっち・・・?

投稿者男性が新入社員だった頃、些細なミスで取引先の女社長を激怒させてしまった。そして上司と一緒に謝りに行くことに。しかしこの女社長はミスにかこつけて取引先の若手社員を食い物にするとんでもない好色ババァだったのだ・・・。

juku

もう三年も前のことですが私がまだ新入社員だった頃ミスを犯し取引先の社長が激怒してしまいました。

ミスと言っても今思えば些細なことでそこまで大事では無いと言うのが分かるのですが当時は何もわからなかったため相当青ざめていました。

上司と一緒に謝りに行ったらなんとか許してもらえることになりました。
と、まあここまではよくある話だと思うのですがこの社長の凄いところはここからです。

なんとその上司も私の先輩もその社長とエッチをしているのです。
その社長のルックスは言うなれば元プロ野球の選手、監督でよくぼやく人の奥さんに似たような感じでした。

難癖をつけて男と寝ることが多々あったようです。
そして当時餌食になったのが私です。

上司は私を生贄として差し出しそそくさと帰ってしまいました。
それからははっきり言って地獄です。

個室の居酒屋に連れて行かれ向かい合わせになって座っていたら足コキをされ、さらには机の下に潜ってのフェラ開始です。
顔が見れない分感じてしまいました。

耳元で「この後…いいでしょ?」と言われホテルに行かなければいけない事を悟りました。
シラフはやだったので勢いよくお酒を飲みホテルに向かいました。

ホテルに入ると社長(以下サチヨ)は甘えるような感じで
「いっぱいキスして」と言ってきました。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】分かりますよね・・・アノにおい。

投稿者男性は新入社員のかわいい女の子がワキガだと言うことに気付く。しかし投稿者は変態だった。かわいいのにワキガの彼女のギャップに興奮する。そしてある夏の暑い日、彼女と一緒に外回りに出ることになるのだが・・・。

waki

動画で見る場合はコチラ!※BGMが出ますのでご注意ください。

新入社員のはるなちゃん。

背が低い川口春奈みたいな雰囲気の女の子でかわいい。

ただひとつ欠点があって、それは彼女がワキガってこと。

気付いたのは春、ちょっと暑い日で二人で狭い倉庫整理することになった。

最初はすれ違うたびにほんのりと香水の匂いでいいにおいだなーと思ってたが、作業が進んで室内の気温があがるたびに独特の香りが。

洗ってない犬の匂いみたいな。

はるなちゃんとすれ違うたびに匂ってくる。

それで気付いた、はるなちゃんワキガなんだってことに。

ただ俺は腋フェチ&匂いフェチなので興奮した。

夏が楽しみだなぁと。

うちの会社、環境とかクールビズとか推進してて、夏はノースリーブ気味の制服を採用してる。

おばさん社員のノースリーブはテロだがはるなちゃんみたいなかわいい子(しかもワキガ)となるとご褒美でしかない。

ちなみにはるなちゃんのワキガは少しずつ周囲に知られていった。

もちろん本人には言わないが。

夏、はるなちゃんと一緒に外回りに出かけることになった。

むちゃくちゃ興奮した。

ノースリーブのはるなちゃんと一緒に外回りに行けるんだから。

本気のご褒美だった。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

40代独身、ハゲかけ、お荷物社員の投稿者。唯一の癒しは新入社員の女の子。女子社員に馬鹿にされている彼に優しく声をかけてくれるまさに天使のような存在。ある日、会社の飲み会で酔いつぶれた彼女を送って行くことになった男。しかしここで日頃エロい目で見ていた黒い欲望が頭を支配していく・・・。

deisui2

最近、頭頂部が怪しくなってきた40代独身会社員の男です。

今の会社には大学卒業と同時に入社して、かれこれ20年以上経ちますが、出世コースから外れた私は40代にして社内でお荷物扱い。

年下の上司には毎日のように怒られ、若い女性社員たちには陰口を叩かれる悲しい生活を送っていました…

しかしこの春、そんな地獄のような職場に一人の天使が舞い降りました。
天使の名はアイ(仮名)ちゃん。
この春、大学を卒業してうちの会社に入社してきた新人社員です。

アイちゃんは明るく社交的な性格で、私のようなお荷物社員にも優しく接してくれるどころかお茶くみまでやってくれるまさに天使。
これまで女性社員に優しくされたことなどなかった私は、感激とともに年甲斐もなく恋に落ちてしまいました。

それにこのアイちゃん、スタイルがすごく良くて、張りのあるおっぱいに安産型のドッシリとしたお尻。
まさに男が求める女性の理想体型でした。
グラビアの篠崎愛ちゃんのようなイメージです。

お恥ずかしいことに私は勤務中、このわがままボディにムラムラしてしまい、何度かトイレに駆け込んでオナニーをした経験があります。

こんな娘とエッチできたら最高だろうなぁ…そんなことを毎日思っていました。

そんなある日、私の部署で社員同士の親睦を深めるための飲み会が開かれました。

この手の飲み会にはあまり参加しない主義の私ですが、この日は年下上司の強引な誘いにより、半強制的に参加する形となりました。

参加メンバーにはもちろんアイちゃんの姿も。

飲み会はハッキリ言って最悪の一言でした。

私は酔った年下上司にどつき回され周囲の笑い者に。
唯一の救いだったアイちゃんも、すぐに酔いつぶれてずっとテーブルに突っ伏していました。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

サラリーマンの投稿者の男、25歳。入社して3年、初めての新入社員が入って来た。しかも高卒18歳の可愛い女の子。それからはひたすら”いい先輩”を演じた。そしてチャンスはやってきた・・・。

kouhai

小さな会社で、サラリーマンやってる25歳。

中途採用で入社して三年目だけど、小さな会社だから、毎年採用する訳じゃなく、三年目まで、中途採用で年上の後輩がひとり入ってきたくらい。

そして、三年目に、やっと後輩が入ってきた。
高卒の美夏って子で、まだ十八歳、しかも可愛い。

スーツ姿も初々しいし、挨拶回りで、至近距離で、

「社会人一年目なのでいろいろご迷惑お掛けすることになりますけど、よろしくお願いします!」

みたいに緊張半分、気合半分みたいな雰囲気も、ものすごく良かった。

偶然なんだけど、途中まで電車が同じで、通勤とか帰宅とか駅とかで一緒になることも多かった。
人懐っこい子で、会ったら笑顔で話しかけてきてくれるのもいい。

けど、話してるうちに知ったのが、高校の時から付き合ってる、今は大学生で遠距離恋愛中の彼氏がいるってこと。

若いうちからこんな可愛い彼女がいたら羨ましいな、とか、十八歳とか、やりたい盛りだから、遠距離だったら会うたびに猿みたいにやってるんだろうな、とか、いろいろ想像した。

夏になったら、時々スーツの上着を脱いでる美夏と電車で一緒になることもあって、朝、電車で会ったときに、思い切り透けブラしながら話しかけられて、目のやり場に困った。

しかもその時、電車が混んでて、美夏と密着して、柔らかいお尻が、何回も俺の太ももに当たる。

「あの……身体当たっちゃってて、すみません……」

ちょっと顔赤くして恥ずかしがってる美夏は、その場で抱きしめたいくらい可愛かった。

いつか機会があったら犯してやろうって思ってた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

kouhai

38歳のKと言います。

それは、今から2年前の社員旅行の時でした。
宴会終了後、各自の部屋でそれぞれ飲んで盛り上がっていました。

俺はちょっと酔いが回ってきたので、人のいない押入れに入り込み一眠りさせてもらいました。
しばらくして人の気配がなくなりました、どうやら皆で外にラーメンでも食べに行ったようです。

俺も皆の後を追うかどうか考えていると、一人の女性が部屋に入ってきました。
今年は入ったばかりのMさん(21歳)でした。

Mさんは特にかわいくも無く、普通の子でした。
かわいい子でも入ってきたなら、俺も押入れから出て話しかけるところですが、なんせMさんなんで、そのままスルー、押入れで又うとうとしだしました。

Mさんもかなり飲んだようで、そのまま横になって寝だしました。
2,3分してから後輩のI(25歳)が入ってきました。

Iは部屋に入ってくるなり
「M~酔っちゃったよ~」
とMさんに覆いかぶりました。

おっ!と見ていると、Mさんも酔っ払っているのか嫌がらず、
「何処触ってるのよ~」
と言いつつも、Iを受け入れ始めました。
そしてそのままHをしだしました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

yui

新入社員で新垣結衣似の、ものすごく可愛いい子が入社してきた。

まあ仮に結衣ちゃんとしておこう。
何人もチャレンジしたみたいだけど、「彼氏がいる」の一点張りで全く隙がないらしく、そのうち皆、アイドルを眺めているだけみたいな状態に。。。

半年くらいしたときに会社の帰りにエレベーターで一緒になったら、なんと結衣ちゃんのおなかが
「ぐう~っ」

「やだっ聞こえました?」
絶対無理だろうと思いながら社交辞令で
「そんなにお腹すいてるんなら
どこかで飯でも喰ってく?奢るよ」

これがなんとOKで、寿司屋に連れて行ったら、生ビールから始まって、食事というより完全な飲み会状態。

いい感じに酔ってきた結衣ちゃんから
「高校のときからずっとつきあってた彼氏に浮気されて別れたばかり」
の隙だらけ発言。

こんなチャンス押すしかないでしょ。

「それなら週末寂しいでしょ横浜でも案内しようか?」
あっさりOKで、夢じゃないかと頬をつまみたくなるくらい。

 

当日は横浜をあちこち連れまわして、夕方から飲ませて、山下公園で顔を寄せるとなんの抵抗もなくキスもOK、あまりのあっけなさに驚きながらもラブホテルへすんなりイン。

この可愛いい子をって心臓バクバクだったけど、冷静を装って彼女に先にシャワーをさせて、こちらもシャワーしてベッド待っている結衣ちゃんのところへ。

白いバスローブ一枚の結衣ちゃんの隣に腰掛けながら、この下に結衣ちゃんの裸がと思うと、もうそれだけであそこはビンビン状態で先っちょが濡れてくる有様。

優しくキスして、バスローブを脱がすと、想像以上にきれいなおヌード。
青いくらいに真っ白ですべすべの肌、小柄な体から想像したよりもしっかりと張りのある乳房に、ピンクに近い綺麗な色の乳輪、こぶりなぷっくりとした乳首も大きすぎず小さすぎず、眩しいくらいの美少女。

もうたまらんとばかりに首筋から乳房、乳首、お臍から指の先まで、とにかく思い切り舐めまくり。
結衣ちゃんは、そのたびに「あん、あっ」と小さな声ながらもなかなかの反応のよさ。
淡い茂みの下の割れ目に指を入れてみると、しっかり濡れてくれています。

そこに顔を埋めて、クリちゃんをペロペロしてあげると結衣ちゃんの反応もMAX状態に。
こちらは、これ以上このかわいい喘ぎ声を聴いていたら、それだけで暴発しちまいそうなくらいの興奮状態。

 

たまらなく股間から顔を離して、いざ挿入。。。
・・・と思ったら、

「あっ、ちょっと待って」
と慌てたように上体を起こす結衣ちゃん。

「気持ちよすぎて忘れちゃうとこでした」 

???状態の僕をよそに、もう一度横になる結衣ちゃん。
なんと自分からガバッとばかりに大開脚して、あそこのビラビラを指でひろげて開く。

「結衣のお○んこに男さんのおチ○ンチンを入れてください」

え~っ!!!!
彼氏にしこまれたのか~!!!
アイドルのようなかわいい結衣ちゃんと、あまりにもモロなセリフのギャップにやられました。

 

その後も
「結衣のお○んこに、奥まではいってます」
「あん、奥までとどいてます」
「気持ちいいです、結衣のお○んこ、もっと突いてください」
「あん、結衣いっちゃいそう、いっちゃいます」
「あん、イクッ」

言葉責めとかしてないんですけど。^^;
美少女のあまりの痴態に鼻血が出そうなくらいでした。
どうも高校時代に処女から仕込んだ彼氏はずいぶん年上のようで騙して、「セックスのマナーだから」と教え込んだらしい。

処女からずっと彼氏一人だったから、今までこれがセックスのマナーだってずっと信じて今に至るというわけ。
ここまで仕込んでおいて浮気で逃げられるとは、なんと馬鹿な奴なんだろう。

しかし、そんなのまともに信じてる女子が今どきいるとは・・・
元彼さんに感謝です。

 

その後すぐに結婚を申し込んで、今ではすっかりたくましい主婦となった
僕の結衣ちゃん奥さんですが今でもマナーは信じていて、毎回しっかりとおねだりの挨拶をしてくれています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
確実に病院行ったほうがいい。

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

ochikomi

12年前の新入社員だった時の話

就職氷河期を乗り越え、俺は第一志望の会社にどうにか就職できた。
しかし研修を終え配属されたのは一番の不人気部署。

俺は凹んだが、持ち前の体育会系の明るさと体力で何とか切り抜け、仕事にも慣れ始めた。
半年の試用期間も無事こなし、本採用の辞令を受け取った翌週に1泊2日で慰安旅行が催された。

人数は定かでないが、部の総員は35名で男女比は3:2位だったと思う。
大型バスで揺られながらホテルに到着すると、宴会部長で司会担当のT係長に余興の確認をされた。

そしてT係長から「恭子には気をつけろよ!」と意味不明のアドバイスを受け、温泉に向かった。

部長の音頭で宴会が始まり、T係長の軽妙なトークと用意されたネタで徐々に場が和み始める。
そして俺の出番がやってきた。俺はサンバを踊りながら瓶ビールイッキを披露した。

当初2本の予定であったが急遽3本に変更され、案の定3本目の途中で生樽が切れたが如く泡が逆流し、意に反して爆笑を誘っていた。

出番の終わった俺は少しだけ休憩してから上役から順番に酌をして回った。

残すは末席に座る女性3人。
2年先輩でぽっちゃりとしていて笑うと顔が無くなる美樹先輩。

高卒入社で6年目。背が高くきつそうな顔立ち、スレンダーで色白の恭子先輩。
そして同期でコネ入社、顔とスタイルは抜群ながら常識が欠けている香織。

香織は「我、関せず」って表情をしながら知らん振りをしていた。
このときには俺は酒には少し自信があったが酔い始めていた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

deisui

綾がうちの課に来たのは、たまたま寿退社した子がいて、僕にとっては、素晴らしき偶然以外の何ものでもありませんでした。

綾は、今年大学を卒業したばかりの22歳で、身長が155くらい。
細めだ
が、胸は大きくて、髪が長く、綾瀬は●かに似た、(もう少し瞳が大きいかな?)清楚な感じのする、可愛い女の子であった。

あんな子は、10年に一度、いや、会社発足以来・・・と言う者もいたぐらいである。
当然のように、綾を全ての独身男性社員が狙っていたのかもしれない。
(独
身以外も、狙っていたかもしれない。)

そんな綾を、僕はうちの課で、一番のクライアントの担当にした。
そして、残暑厳しき9月、決算を前にしてその事件が起きてしまったのである。

僕らは、もう少し数字が欲しかった。
社内的には、好成績であったが、
ダントツの結果が欲しかった。
そのことは、うちの課の皆が知っていた。

「綾、いつもご苦労さんだけど、どうだろう、あのクライアントは前倒しで契約してくれないだろうか?」
綾は、人一倍頑張り屋で、うちの課でも、トップクラスの営業成績だった。

「私も、頑張っているんですけど、いまひとつ押し切れなくて、どうしたらいいか、困っているんです・・・。」

「状況によっては、接待費使ってもいいからさ・・・、なんとかならないかな?・・、あそこの部長は、僕が最初に担当したクライアントなんだよ。」 この記事の続きを読む