このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

ona

10年ほど前の話。あんまりエロくないかもしれませんが。
聞いて
ください。

当時、大学生活真っ盛りだった私は、探検部に所属していました。
といってもそれほどハードな部活動には参加しておらず、気
のあう先輩、同期、後輩とわいわいやるために週に2、3度部室に寄り、2ヶ月に1回程度、探検部が借りている山小屋(?)にて行われる酒盛りに参加する程度でした。
位置づけ的には、へた
れ部員です。

夏休みも終わりに近づいたある日の朝、田舎から高速バスで帰省してその足で研究室へ夏休み明けのゼミ発表のための資料を取りに行きました。
その帰りに、なにげに部室に行くと仲の良かっ
た先輩(農学部、ケチで有名だったが、同郷で仲良くしてた)が部室のソファに寝てました。

どうしたんですかと話を聞くと、昨夜、南米から帰ってきて、寝てたとのこと。
さっそく武勇談を尋
ねると、向こうの墓を掘った(!!!)とか、妖しいお姉さんと2晩に渡って楽しんだとか、仲良くなった日系人の女性とのせつない恋話などを話してくれました。

すげー、とか、さすがやりますねとか大げさに相づちを打って聞いていると、先輩が土産をやると言いました。
渋チンとして有名な先輩だったので、またイン
カの石とか、わけの判らんものだろうなと思っていると、先輩は背嚢の中から本を1冊とり出しました。

その本のページの間に何かの植物の根が5、6本挟んでありました。
それらは10cmか
ら15cmぐらいの長さ、黒ずんだ茶色をしてました。
その中の
一番細くて、短くて、ひどく黒ずんだ一本を半分に折って、その半分を”これ、やるわ”と言って渡してくれました。

何ですか?、と尋ねると、ニターとしながら、”恋の薬や”とのこと。
好き
な女の子に煎じた液を飲ませるとお前のことを好きになるとのこと。
(以前にも中国に行った際に土産として下世話な漢方薬をく
れたこともあり)またまた変なものくれますねと、ありがたく頂きました。

それ以外にも、ひどくへちゃげた古いコイン(今でも持ってます)とか、紙の質がひどく悪い向こうの漫画というか絵本のような本とか、一見するとゴミのようなものを4、5個もらいました。
私は、大げさにお礼を言い、地元名産のひやむぎを先
輩に渡し、発表の準備もあるため、アパートへ帰りました。 この記事の続きを読む