このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

同じマンションの住人に狙われた女性からの体験談。ある時からエレベーターの前などでよく会うようになった男。だらしない感じのブ男で物珍しいのでいつもジロジロ見てしまっていた。しかしある時その男とエレベーターに乗り合わせた時、信じられない言葉を言われ、そのまま恐ろしい展開に・・・。

rape

3年ほど前の話です。

23歳の頃だったと思う。
大学在学中から仕事を始めてからも、同じマンションにずっと住んでいたんだけど、あるときからとある男の人と、エレベーターの前でよく会うようになった。

朝出勤するときや、夜の帰宅時、ほかにもゴミ捨てのタイミングとかが合うみたいなんだけど……その人が、お世辞にも、イケメンとは言えないような人で。

私はけっこう背が低くて、153センチくらいしかないんんだけど、その男の人は私と並んでも10センチくらいしか差がない。

男の人としては、まぁ小さいほうなのかな?って感じで、それだけならいいんだけど……おなかが大きく前にせり出してて、しかも、Bカップの私よりもぜったい胸あるよねwwってくらい、胸がある。

……つまり、太っているってことなんだけど。

ゴミ出しのときには、いつもカップ麺やお弁当の容器、ペットボトル、お菓子の袋……とにかく、なんでも分別せずにごちゃまぜ。
雑誌が出る前の夜とかには、毎回どっさりのエロ本。

人間、嫌いなものはあまり見ないようにするもんだけど、ただ単に「気持ち悪いな」ってものは、マジマジ見ちゃったりするもんで。
気づけば、会うたびにその人のことをじーっと見ている私w

で、あるとき、帰宅時間が重なってエレベーターホールで会って、エレベーターに乗り込んでドアが閉まった瞬間に、
「あの……○○○号室の人ですよね?」
と、いきなり声をかけられた。

いつも会っても会釈する程度で、言葉を交わすことなんてなかったからびっくりして、
「え、あ、そうっです!」
って、きょどっちゃってwっていうかなんで部屋知ってるの?!気持ち悪っって思っていたら、

「あなた、オレのこと好きなんですよね? 会うたびにずっとこっち見てるの、知ってますよ…よかったら、うちにきます?」 この記事の続きを読む