このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

rezu

弟が彼女を家に連れて来たのが始まりだった。

私は軽くあいさつをしたあと、自分の部屋でテレビを観ていた。 
しばらくすると、弟と彼女が私の部屋に入ってきた。 

「ごめん、俺ちょっと用事があってさ、ちょっと外出てるから、ちょっとこいつの面倒みてやってくれよ」 
そういい残して弟は家を出た。

弟の彼女は、大人しく真面目な感じの、黒髪が似合うかわいい女の子だった。 
「どっちから告白したの?」とかそういう話を振るだけで顔を真っ赤にする。 
かわいい・・・・。 

しばらく他愛のない話や雑談などで談笑する。 
その子が見せる飾りのない笑顔や、意外と人懐っこいところに私の心はキュンとうずいた。 
少し悪戯心が芽生える。ちょっとからかってあげたくなった。 

「ねぇ、もう一樹(仮名)とはエッチしたの?」 
「え・・・・もうからかわないでくださいよーw」 
私は彼女の傍に座り直し、手を触れる。 

「一樹はキス上手い?どんなキスするの?」 
「・・・え・・・どんなって・・・」 
「この唇も私の弟に奪われちゃったんだ」 
そういって空いた手でその子の唇をなぞる。 

「!!  ちょっと、あんまりからかわないでください!」 
顔を真っ赤にして顔を背ける。 
「一樹とのエッチ、気持ちよかった?」 
「・・・・・・・」 
もう耳まで真っ赤にしながら、顔を下に向けて黙りこんでいる。 
だめだ。かわいすぎる。  この記事の続きを読む