このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】一通り泳ぎ、休憩のためにプールを上がった瞬間・・・

投稿者女性は中学の時に水泳部に所属していた。そして2年の時、新調した水着を忘れてしまい、かばんに入っていた古い水着で練習することになった。しかしその水着のサイズは小さく、そして彼女の専門種目は平泳ぎ。練習しているうちに水着はどんどん食い込み状態に・・・。

mizugi

中学校二年の時、水泳の部活で新調した水着をバックに入れ忘れてしまった。

バックの中をゴソゴソ探すと、今までの古い水着が出て来たのは良かったが、丁度私は成長期で、小さすぎたのでした。

それでも無いよりマシで、無理やり着て練習に参加したのでした。
これが悪夢の始まりとも知らずに・・・。

ウォームアップも終わり、私は自分の専門の練習に入ったのでした。
思い出しても恥ずかしい種目です。

そう、皆さんの想像の通り、私の、私の専門はブレスト(平泳ぎ)だったのです。

あぁ~悪夢だ死にたかったあの頃。

ブレストは、皆さんの御想像通り、足を開いては閉じ、閉じては開くを際限なく、際限なく行います。
肩に掛る水着の紐は限リ無く伸び、筋肉に食い込むほどに細くなっていったのです。

多少の窮屈さは有りましたが、そこは地獄と等しい厳しい練習の最中、気に留めるには頭が回らず、そのまんま練習の時間だけが過ぎるだけでした。

この記事の続きを読む