このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】ドール趣味の投稿者が一緒にオフ会に行った子の兄に惚れられて・・・

・昔からドールに憧れてドールが登場する小説をサイトにアップしていた。
・サイトで知り合った女の子Aとドールのオフ会に。Aの兄も心配してついてきた。
・ある日、先にドールを手に入れたAと喧嘩。その後、家にA兄がやってくるのだが・・・。

doll

人形が好きっていったら、たいていの人が
「いい大人が……ぬいぐるみいっぱい集めてるとか?」
みたいな反応しますよね。

だから、
「ぬいぐるみじゃなくて、もっとリアルで綺麗なドールなんです」
って写真を見せたりすると、今度はさらに
「こんなリアルな人形が部屋にいるの? 夜とか怖くないの?」
って引かれるんですよね。

さらにはドールのお値段とか、お洋服のお値段も言ったら、もっともっと引かれます。

そもそも私の姉がこういう人形が大好きで、でも高くて買えなくて……インターネットで写真をたくさん見ていて、それを私もいっしょに見ていたので、気が付いたら私も好きになっちゃってたんですよね。

大人になって働きはじめて、初任給で買ってしまいたいって衝動にもかられたけど、そこはまぁ、両親へ贈り物したり貯金へ回して……。

お迎えできるまでの間は、どんなドールにするか……髪と目の色は何色で、性格はこんな感じで……って、ノートにいろいろと書いていたんだけど、いつの間にか、その子が登場する物語も書き始めていました。

ちょっとキスしたり、体触りあったりとか、そういう微エロ要素もありで……書き溜めているだけではつまらなくなってきたので、ケータイ小説サイトも作ってみたりして、コメントをくださった方と交流をしたり……。

サイトで仲良くなった女性のユーザーさんが、
「来月にドールオーナーのオフ会があるんですが、参加されませんか? まだお迎えされる前の方も大歓迎っていってましたし、何か勉強になるかもしれないと思って、私も参加予定なんです」
「そうなんですか。予定があったら、私も参加したいです!」

日程を聞いてみたら、ちょうど空いていたので、参加することにした。
ちなみに、オフ会に誘ってくれたホタルさんもまだお迎え前で、お迎えに向けて、どんな子にするか悩んでいるということでした。

当日は駅で待ち合わせをしたんだけど、ホタルさんは男の人と一緒でした。
「えっと、そちらは…?」
「兄です。心配性で。ネット上で知り合った人たちとのオフ会なんて危ないっていって、きかなくて」
「ホタルの兄です。よろしく」
ホタルさんもそうだけど、お兄さんもすごく優しそうで誠実そうで、初対面なのに3人でいると心強いね~って言いながらオフ会へ。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

投稿者♀の彼氏が5,6年使っていた携帯電話が壊れてたので、格安な修理屋に出したらしい。しばらくして彼女の家のインターホンが鳴ったので、彼氏だと思って出てみると、見知らぬ男。彼氏の携帯を持っているその男は勝手に部屋に上がり込んできて、携帯に入っていたエッチな動画や個人情報をコピーしたと脅してきた・・・。

rape

物持ちのいい彼氏のケータイが、とうとう、電源が入らなくなってしまった。

出会った頃から使っていたから、もう5,6年使っていたんだと思う。
朝起きて、充電器から外してボタンを押してみても、うんともすんとも言わなかったらしい。

で、いつも徒歩で通勤しているんだけど、途中にケータイの修理を格安でしてくれるっていう小さな店があったから、そこに出したんだって連絡が来た。
治ったらいいね。治らなかったら、次こそスマホにしようねwwって笑ってた。

それから何日かして、夜、インターフォンが鳴った。
私の部屋は家賃も安いところだから、ドアホンにモニターはついていない。

インターフォンが鳴るときなんて、友達が遊びにくるときか彼氏が来るとき、あとは宅急便くらい。
で、誰からも連絡がないってことは、彼氏だなって思って、ドアスコープから確認もせずにドアを開けた。

「おじゃましますよ」
って、いきなり黒い服を着て帽子をかぶった男が入ってきて。
がちゃんとドアを閉めて、鍵もかけてしまった。

叫んで、助けを呼ぼうとしたら、
「待ってください。このケータイ、見覚えあるでしょ? 修理頼まれたんですけど、中身みちゃって。いや~、すごいですね! 本物は動画よりもかわいいのに、あんなエロいことしてるなんて。あ、ちなみにあなたの住所と、彼氏さんとあなたの勤め先も調べはついてるんで、動画流すこともできますよ。コピーして、俺の手元にもおいてあるんでwwだから、逆らわないほうがいいと思いますよ」
って。

私が仕事を首になるのは構わない。
でも、彼は一生懸命に就活して、希望する職種に就けて、今必死に仕事をがんばっているはず。
それを水の泡にはしたくない。

「わかった。何したらいいの?」
「そうですね~……じゃあ、動画にあったみたいに、毛を剃らせてください」

室内に移動して、シェービングフォームを持ってきて、自分の股に塗りたくる。
で、自分で剃ろうとしたら、
「違う違う、俺が剃るんですよ。ほら、そこに座って。足開いて」
って言われて、ダイニングテーブルの椅子に座って脚を開かされた。 この記事の続きを読む