このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

父子家庭で小さなころからなんの疑問もなく男湯に入って来た投稿者の女性。成長とともに周りの見る目が変わってきたことに違和感は感じていたものの、中学の時に父親に女湯に入れと言われても何とも思っていなかった。しかし成人式の日、同級生の男子に言われた一言が彼女を変える・・・。

otokoyu

私は、今現在は23歳。

地方の県の更に田舎に住んでて、修学旅行ぐらいでしか他県に行った事はありません。
カラオケも隣の町にいかないとないぐらいの田舎です。
(あったけどつぶれたw)

温泉が出る県で、私の地域は観光地ではありませんが、それでも温泉は少しはあって、町内の人は無料で入れる公衆浴場もありました。

これもやはり田舎ならではだと言う事と、私が父子家庭だったのもあり、ちいさい頃からずっと男湯へ。

父親は私がかわいくて仕方がなかったのか、いつも連れて回ってたし、女親がいない弊害なのか、娘のそういう女としての部分は気にしてないようでした。

結果的にたくさんの人にかわいがられてましたが、今思い返せば高学年になるとエッチな目で見られてた様な気がしてます。

もちろん男湯なので同級生とかにも会いますが、田舎なのでいつも会う人は一緒だし何だか皆家族の様で恥ずかしいっていう感情はまったくなかったです。

友達と海に行っても普通に男の子と外で着替えたり。
あまり裸を見られる事に抵抗がなかったというか。
友達だからそんな目で見てないと思ってたんでしょうね。

父親もそれを微笑ましく思っていたのか、実は中学3年の途中まで男湯に入ってました。
田舎の、しかも町の公衆浴場だから出来る事ですよね。 この記事の続きを読む