このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

投稿者の嫁は理系女。外見は可愛くて愛想も良いのでよく誘わるのだが、数学オタクなのですぐに引かれる。そんな彼女と投稿者は数学好きで一致し、お互いに問題を出しては答え合わせをする関係に。そしてそんな彼女と結婚するきっかけになったプロポーズのやり取りがこちらです。

rikejo

開発部の瑞穂は、その可愛い外見と朗らかな性格から、よく会社の男たちから食事や飲みに誘われていた。

しかし、彼女の学歴や趣味を知った男共は、皆一様にすーっと引いてしまっていた。
というのも、瑞穂の正体は数学オタクだからだ。
数学の問題を解くのが趣味と公言し、嬉々として数字の神秘を語り出すあの女は、文系出身の営業男たちにとって手に負える存在ではなかった。

実は、俺も数学は趣味というほどではないが好きだったため、瑞穂と仲良くなり、週末にはお互い問題を出し合って月曜日の昼休みに答え合わせと考察をする関係になった。

ある日、瑞穂はとんでもない問題を持ってきた。
瑞穂自身は解けず、模範解答を見てその論理展開の素晴らしさに感動したという代物だった。
負けず嫌いで凝り 性の俺は、問題を解くことにあまりにも夢中になり過ぎ、金曜夜から食事や睡眠をほとんどとらないまま、月曜の朝を迎えていた。

これでは日常生活や仕事に支障が出てくると判断した俺は、
「お願いだからヒントを教えて」
と瑞穂に泣きついた。

瑞穂は
「ヒントは駄目だよ。降参するなら答えを教えるからねー。でも答えを教えるのは高くつくよ~」
とニコニコしていた。

自力で解けなかったのは悔しいが、仕方がないので答えをもらおうと
「いくらで教えてくれるの?」
と卑屈になった俺に対して、
「そうねぇ~。私を一生養ってくれるんなら教えてあげてもいいかな~」
と瑞穂は冗談っぽく笑って言った。

俺「お前を嫁にもらわんと答えを教えてもらえんのか?」
瑞穂「そうよ。ふっふー」
俺「くそー!お前にそんな言われ方したら、問題を解く気を完全に失ったわ」
瑞穂「何か失敬よね。そんな言い方」
俺「失敬?その逆だろ?俺は問題を自力で解く気を失ったんだよ。それよりも誰かからその答えを教えてもらいたくなったんだよ。」
瑞穂「え?え?」
俺「お前は論理的思考が得意なんだろ。そうなら今俺が言ったセリフの真意を論理的に導いてくれ。これが今日俺がお前に出す問題だ。ちゃんとかいとうくれよ」 この記事の続きを読む