このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

kunni

人生のなかで最高に萌えた体験を書かせてください。

当時、俺にはひそかに好きだった女の子がいた。
目がくりくりしてて子猫みたいな彼女は由美ちゃんと言って、大人しいけどちょっと不思議系。

常に情緒不安定なのかよく一人でぼんやりしてることも多くて危なっかしいというか、目が離せない存在で。

俺は、彼女も所属しているアマチュアの劇団員だった。
その頃21歳だった彼女はひょっとして処女じゃなかろうか、という男の幻想をおおいに膨らませるような穢れを知らない雰囲気を持っていた。
そのくせコケティッシュな魅力を兼ね備えていて
劇団内で彼女を狙ってる奴も多かった。

俺はと言えば、「変態」で通っていた。
女風呂覗いたりとか、まあ色々と劇団内でも俺のキャラは公認?で
「(俺の経験談が)飲み会のネタには最高だけど、彼氏にはしたくない男」
として
女性陣には認知されていました。

なので、皆の憧れである由美ちゃんと俺、なんて誰も有りえない。
いや実際に俺も有りえんだろうと思っていたわけよ。

でも、報われない恋ならばせめて一回だけでもいい思いさせてくんねぇかな
などと許されない妄想で抜きまくる日々。

そんな時に、事件?が起こりました。
(ちなみに「由美ちゃん」は仮名です、今更ですが。) この記事の続きを読む