このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】いつもユニフォーム姿見て勃起していたママさんに・・・

社会人バレーサークルに入った投稿者。そんな中に特にお気に入りの女性がいた。お尻が一際大きいシングルマザーの彼女はいつもユニフォームをお尻に食い込ませていた。そんな彼女の息子が自分になついてくれてよく家に遊びに来ていた。ある日、子供が寝てしまったので、彼女と2人になり、買い物に出た隙に尻フェチのDVDを発見されてしまい・・・。

ganki

社会人三年目の男です。

仕事で飲み会が多くて25歳なのに体型が崩れていることが気になった僕は、中・高とバレーをやっていたので検索して地元の社会人バレーサークルに入ることにしました。

中・高ではそこまで感じなかったのですが、バレーのユニフォームってエロいです。

特に大人、20代~30代女性のバレーユニフォームはバストライン丸わかり、むちむち太もも丸見え、短パンなのに構えたときにお尻突き出していて、ともかくエロいです。

僕が特に気になっていたのは萌実さんのユニフォーム姿でした。
萌実さんは三十代半ばの人妻でバツ一です。

ですがバレーサークルではちょっとしたアイドル状態、オタサーの姫ならぬバレサーの姫みたいな感じでした。
美人なのはもちろん、スレンダー体型ながらもお尻だけ大きめで短パンの上からプレイ中にどんどん短パンの中でパンツがデカいお尻に食い込んでいくのがわかります。

試合が終わる頃には汗も手伝って何回食い込みを直してもTバック状態でした。

性格はいいのですが、人をからかったりとちょっと小悪魔なところもあり、そこがまた人気の秘密かもしれません。

そんな萌実さんの子供の男の子は、なぜか僕に懐いてくれていました。

家が近所ということもわかり、遊びに来たいと言われてOKすると、月に一、二度家にやって来てゲームしたりサッカーしたりしています。

ある時僕の家で萌実さんの子供が寝入ってしまいました。

「ごめんね、しばらく起きるまで待たせてもらっていいかな?」

もちろん了承しました。

ただ、近所のスーパーの閉店時間が迫っていたので、萌実さんと男の子を置いて買い物に出ることにしました。 この記事の続きを読む