このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

久しぶりに連休が取れて実家に帰郷した投稿者男性。家に誰もいないのに鍵が開いているのかと思いながら入ると、リビングでお風呂上がりで下着姿の母(父の再婚相手・35歳)がテレビを見ていた。気まずい感じで飲み物を冷蔵庫から出そうとしたら母に手を引っ張られ、そのまま・・・。

sitagi

連休が取れたので、久しぶりに実家に帰ることにした。

連絡をするのを忘れていたけど、まぁいいだろうって思って帰宅してみたら、玄関には靴がない。

誰もいないのに、鍵開いてたのか?不用心だなぁ、って思ってリビングへ入ってみると、数年前に父が再婚した新しい母がセクシーランジェリーっていうの?エロい恰好でくつろいでいた。

「あれ、おかえりなさい」

にっこり微笑まれたけど、自分の姿がわかっていないのだろうか?

テレビをつけて、ソファーに座りながらタオルで髪を拭いている。
シャワーでも浴びてきたあとだったみたいだ。

新しくやってきた母の由加里さんは、今年55歳になる父の20歳年下。
つまり、35歳だ。
オレは27歳なので、8歳しか離れていないことになる。

20代から見たら、35なんてババァだろ、って思うかもしれないけれど、由加里さんはジムに通っていることもあり、20代にしか見えない抜群のスタイルを維持していて、Eカップくらいはありそうな巨乳が薄いランジェリーで何の支えもないのにもかかわらず、ツンと上を向いている。

おケツもボリューム満点なのに、ウェストはくびれていて、しかも顔もすごく若々しい。

今はやりの美魔女っていうやつだ。

「親父は仕事? それよりも由加里さん、何か服着たほうがいいんじゃないですか?」
「え~? だって暑いんだもの。もう私たち親子なんだから、これくらい見られたって恥ずかしくないし」
「いや、見ているオレが恥ずかしいから……」

気まずくなって顔そらして、何か飲み物でも飲もうと冷蔵庫を開け、冷えていた烏龍茶を一気飲み。
「私にもちょうだい~」
「はいはい」
ソファーでくつろいだままの由加里さんにも、コップに氷を入れて、烏龍茶のボトル持っていった。

そしたら、ぐいっと手を引っ張られて、由加里さんの隣に倒れ込んでしまった。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

女性からの体験談。同棲中の彼氏と住んでいる部屋を引っ越しすることになり、荷物を整理していると、彼氏が「期限の迫ってる請求書がない」と言いだした。一緒に探したが出てこないまま、次の日、休みの彼氏を置いて仕事へ。帰ってくると彼氏が「見つけたよ」と言いながら出してきたのは、こっそり集めてたセクシーランジェリーだった・・・。

anaaki

私はもともと、ちょっとエッチな下着を集めるのが趣味で、彼には内緒でこっそりとコレクションをしていたんだけれど、この間それが見つかっちゃった。

彼氏と同棲中なんだけど、今の部屋は狭いから、もう少し広い部屋へ引っ越そうってことで準備していて、箱にいろいろ詰めてたんだけど、彼が「支払の期限が迫ってる請求書がない」って騒ぎだして。

封筒を開けて金額を確認したのは覚えているけど、そっから先は覚えてないとかで、仕方なくすべての荷物を開けて捜索。

私の荷物も全部開けて探してたんだけど、夜遅くなっちゃったからそのまま寝ちゃって、翌日は私は仕事。
彼は休みだったから、がんばって探してね、って言い残して彼の家を出たんだ。

何事もなく仕事は終わって、夕飯の買い物して帰宅して。
食事の後のコーヒーを飲みながら、「見つかったの?」って聞いたら、「見つかったよ」って。

ほっとしていたら彼が立ち上がって、まとめた荷物を置いてある部屋へ。
戻ってきた彼の手には、見覚えのある、私の下着が。

「こんなの見つけた」
「払込用紙じゃないじゃん! それ私の!」
「やっぱりお前のだよね? ふーん、こういうのが好きなんだ~」
って、まだタグ切ってもいないのに、「着てみせてよ」って言われて、仕方なく着てみせることに。

スクール水着みたいな形で、でも総レースになっていて、あそこの毛とか、乳首とかも丸見え。
それを見て彼は大興奮しちゃって、襲い掛かってきた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

922218

私が悪いと言われればそれまでです。
妻が義兄(妻の姉(故人)の夫)にセックス漬けにされてしまっています。

まるで調教でもされているかのように、
呼び出されれば、何時だろうとすぐに義兄のもとに
向い、どこであろうと義兄の求めるままに
扱われ、性処理の玩具のようにされてしまっています。

そもそもそうなってしまった理由は、私の借金にあります。
信用していた友人の保証人になってしまった私は
まんまと裏切られ、友人は失踪。
残された私は、家族を抱え、どうする事も出来ず
義兄に借金を申し込みました。

親戚のよしみということで、他人事じゃないと言ってくれた義兄は
気前よく、肩代わりをしてくれたのです。

私の住んでいる場所は山間部の田舎町で、温泉もあり、義兄も近所で
旅館や土産物店などを手広く経営していて、
正直、この町で一番財産を所持していると思います。

そんな義兄に最初は何とか無理をしながらも
少しづつ返済していたのですが、私の安月給では
それが次第に滞りがちになると、
徐々に兄の態度も怖く冷たくなっていったのです。

この記事の続きを読む