このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】宴会コンパニオンの女性を襲った悲劇・・・

投稿者男性の会社の慰安旅行は、社長の意向で国内の温泉旅行だったのだが、当の社長が直前で欠席となり、ドラ息子の専務が偉そうに振る舞っていた。そして問題の夜の宴会で専務グループがとんでもない悪行を働く・・・。

kancho

昨年、会社の研修(慰安)旅行がありました。

社長(68才)の意向で地方の温泉旅館に泊まり名所旧跡を巡るという若い者には退屈な旅行でした。

ところがその社長本人は急用とかで直前になって行けなくなってしまい、専務(社長の息子)が
「こんなことなら韓国かマカオにしとけば良かったのに!」
と初日からブツブツ・・・

専務は最初から韓国かマカオ、上海と言ってたようだったが、社長の鶴の一声で国内に決定したのだ。
そもそも専務は社員の前では偉そうに言ってるが社長の前では借りてきた猫みたいなものだ。

それはともかく初日、二日目と名所旧跡や偉人の記念館とかを巡ったのだが、興味の無い専務を筆頭に添乗員を急かせて旅館に急行。

初日の旅館では専務が酔ってコンパニオンや仲居さんにお触りしたり追いかけたりして、コンパニオンには早々に逃げられるし旅館からは注意されるわ、大変でした。

社長が居ないのを良いことに好き放題したのです。

二日目の旅館に到着する前に年配の役員さんから注意があったのと、少し格式が高そうな雰囲気もあり、専務も静かでした。
 
この旅館は本館と別館に分かれてて、本館は家族向けや少人数の客筋?
別館は各部屋の外に専用の露天風呂が付いていました。

さて問題の宴会が始まるのですが、専務(33才)と取り巻きグループ(30~38才)が9名、年配の役員、管理職グループ(46~60才)が5名、そして俺たち若手グループ(23~28才)の8名に自然と分かれて座りました。
この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】再びセクハラ部長の嫌がらせを受け流せるのか・・・

投稿者男性はいわゆるブラック企業に勤めている。同じ会社に幼馴染のお姉さんも勤めていた。しかし昔から美しかった彼女は横暴な部長のセクハラに耐えかねて会社を辞めてしまう。しかし、その後、慰安旅行で頼んだコンパニオンとして彼女が社員たちの前に現れた・・・。

konpanion

動画で見る場合はコチラ!※BGMが出ますのでご注意ください。

ブラック会社に勤めています。

幼なじみのみさきさんも、同じブラック会社に一年前までは勤めていました。
五歳年上のみさきさんは、昔からすごく大人びていてキレイな女の人でした。

ただ、ものすごくキレイな人なので周囲からひがまれて、いじめられて、高校を中退してしまって、そのせいで就職には苦労したみたいです。
美人なのに、ブラック会社しか就職先がないくらいに。

成績は悪くなかったのですが、母子家庭で母親を苦労させないために、
大検を受けて大学というわけではなく、学歴は高校中退のまま仕事を探していました。

僕との関係は、近所のお姉さんです。
小学校のときに上級生が下級生と一緒に登校する慣わしで、みさきさんと僕は一緒に登校していました。
その後、近所ですれ違うたびに挨拶してくれたり、話しかけてくれたり。
何かと僕をかまってくれました。

僕が今の会社に就職するといったら、内情をきちんと教えてくれた後、みさきさんは反対したんですけど、憧れの女の人と一緒の会社になれるのは嬉しいですし、何より僕も就職先がなかったので。

会社は企業向け保険関係の代理店です、一年中休みがないのはもちろん、営業成績がよく、強いコネクションを持つ部長が神様で、その他は奴隷みたいなものです。

みさきさんは美人なので部長のお気に入りで、事ある毎に呼び出されたり、文字通り手取り足取りという感じで仕事をさせられたりすることも多かったです。

でも、みさきさんは凜とした女性で格好良くて、セクハラされても毅然としていて。
社内の憧れでした。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

atom_160_09_l

あれは一昨年の会社主催の忘年会旅行での出来事です。

私の会社は、いわゆる金属加工品販売の中小企業で、毎年12月に泊まりで忘年会をします。場所は会社から比較的近い鬼○川温泉です。

旅行の参加者は総勢18名、内男性社員16名、女性社員は2名で、二人ともオバちゃんです。

悲しいことに、女っ気など全くありません。

振り分けられた和室の4人部屋には、私(26歳)のほかに40代前半の社員が3名。皆はっきり言って、さえない感じのオジさんです。

そんな中、ちょっとだけ嬉しかったことといえば、私たちの部屋担当の仲居さんがすごく可愛かったことです。

若槻千夏を少し大人っぽくした感じと表現すればいいでしょうか。ルックスは、私が好むタイプと完全に一致しています。

胸元にあるフルネームの名札をちらり、「奈々恵さんですね。よろしく。」と声を掛けると、「チェック早いですねぇ。こちらこそよろしくお願いします。」と、やや営業口調で返してきました。

オジさん達のくだらないオヤジギャグを面白そうに笑えるある意味、真面目そうな仕事振りです。

この記事の続きを読む