このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

2d3c8b3d-s

四日前のイブの夜の出来事。

漏れは一ヶ月ほど前に彼女と別れたので、寂しさを紛らわせるためにその日はバイトを入れた。

ちなみにバイトはピザの配達。
当日は予想通りに超忙しい。そんで予想以上にサムイ!
しかも配達さきはほとんどパーチーしてるカポーのアパートだったので、心もサムイサムイ。
 
バイト初めて3時間ほどたった。
「○○君、配達お願いー」
やれやれまたか、と思いながら出発。

場所はピザ屋からバイクで5,6分ほどにあるアパート。
(あー、またカポーかなぁ・・・)と思いながベルを鳴らす。
「ハーイ」
「○○ピザです、お届けに参りました」
「あははははははhぁぁぁぁーーー」
なんだ酔っ払いか? つーか寒いから早くアケレ!

「あの、ピザお届けに参りました」
「はいはいはーい、ドウゾー!」といいドアを開けてくれる
玄関に入るとお姉さんがお一人、んでピザを出してると、奥からもお姉さんがお一人。
2人で飲んでたみたいです。ちなみに2人とも顔真っ赤。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

A5AFA5EA

クリスマスイブということで。2年前の話を。

9月頃から俺は東京、当時の彼女は群馬の某温泉地というちょっとした遠距離でさ。
俺が関越を夜中に突っ走って会いにいってえっち。
あるいは彼女が東京まで来てくれて えっち
ってな感じ。
彼女は言いたいことをなかなか言いだせない性格で。
(そこが当時はとても可愛くていろいろ苛めてたりしてた)

クリスマスは友達とその温泉地で過ごすから別に来なくていいって言われて。
俺は逢いたいと思いながらもそれをそのまま受けとめてひとりで過ごすと伝えたんだ。

イブの夜、電話があって。

なにやってるの?  いや別になにも。
逢いたくないの?  え?だって友達が…。
来たいなら来て。  …わかった。

なんでわかってくれないの?って口調が気になり、ダッシュで準備、一路群馬へ。
(2年前のイブって金曜だったんだよね)

夜9時頃発。仕事終わりで疲れてたけど一気に群馬の中枢まで。
眠くて仕方ないのでコンビニで寝ることにしたけど、電話したら向こうはいつまでも起きて待ってるみたい。
これは寝てられんと一気に飛ばしてついに温泉地へ、到着。

既に25日の2時ぐらい。深夜の温泉地は真っ暗。雪が深々と降り積もっていた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

mono_020_main

あれは高3の冬休み、12月24日。世間は当然クリスマス・イヴ。
日本中のカポーがセクルするであろう性なる夜。

俺達5人は普段と変わらず生きていた。
いつも通りにS宅で徹夜で麻雀だったりゲームだったりするはずだった。

その日は珍しく酒盛りになった。不意にSがつぶやいた。
「いつも楽しく遊ぶ仲間なのに、クリスマスってだけで何故か寂しい気分になる」

男5人、サミシインジャー。小・中・高、ずっと一緒だった俺達。
恋よりも友情で生きてきたツケがここで出る。

俺、S、T、Yの童貞4人。Nは経験アリ(クラスのブスヤリマンに逆レイプ)
友情に生きてきた、なんて綺麗事だ。オナニーバリバリな年頃だし、
彼女だって欲しいし、セックルだって当然したい。
全員の意見が一致した。誰でもいいから呼ぼう、と。

この記事の続きを読む