このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

痴漢体験談。大学を卒業して地元で就職、外見の地味さも手伝って仕事を押し付けられる役回りの投稿者♀。ある日、いつものように終電に乗ってると、ボックスシートの向かいに50歳くらいの男性が座ってきた。嫌だったが気の強い彼女はそのまま動かずにいると、突然男が隣に座ってきて・・・。そして衝撃の結末がw

washidukami2
※イメージ

大学を卒業し、地元で就職したはいいけれど、新入社員ということと私がおとなしそうな外見だってこともあって、すぐに人から仕事を押し付けられてしまう。

今日も帰り際に手伝ってほしいと頼まれて、帰りは終電になってしまった。
デスクワークで、目を酷使するし、Eカップある胸のせいか、肩もすごく凝ってしまう。
眼鏡のすきまに指を入れて目がしらを揉みほぐしながら、肩を上げ下げしてストレッチ。

田舎なので、終電にもなるとほとんど人がいない。

しかも、駅と駅の間はけっこう時間がかかるので、ボックスシートで隣の席に荷物を置いて、ゆっくり帰っていた。

そしたら次に停車した駅で、50歳くらいの男の人が乗ってきたんだけど、わざわざ、私の座ってたボックス席の向かい側に座ってきたんだよね。ほかにどこでも座れるのに。

「こんな遅くまで仕事? スーツ着てなかったら、何歳かわからないねぇ! あぁ、でもおっぱいは大人だなぁ~」

いきなりセクハラみたいなこと言われてムッとして、そこですぐ席を変えればよかったんだけど、自分の方が先に座ったのに移動しなきゃいけないなんて癪だから、こらえることにした。
でも、それが間違いだった。

私のカバンをぱっと奪って抱えて、
「かばん返して欲しかったら、静かにしてろよな」
って、隣に座ってきて。

そのままいきなり私の胸を鷲掴みにしてきた。
「ちょっと! やめてください!」
手を払いのけようとしても、すごい力で、なかなか払いのけることができない。
しかも、酔っぱらっているらしく、顔にかかる息がお酒臭い。

「人呼びますよ!」
「この車両ふたりきりだから。運転手は先頭車両だし? 無理でしょ、あきらめておとなしくしてたら、痛いこととかしないから」

そのまま私の腕をつかんで、自分の股間を触らせようとしてきて。

そんな汚いもの絶対に触りたくない!
って、必死で抵抗していたら諦めたみたいで、自分でズボンのチャックを降ろして、あそこを取り出して擦り始めた。 この記事の続きを読む