このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

投稿者の会社に元同級生の男が入社してくる。しかしまともに仕事もできず周り(特に女子社員)からも気味悪がられていた男。結局1年で辞めることになり、最後にと飲みに誘った居酒屋でそいつが見せたデジカメに信じられないモノが写っていた・・・。

yaba

俺が勤めている地元中小企業に去年、中学で同級だったK(♂)が入社してきたんだ。

中2と中3で同じクラスだったんだが、別に友達でもなかったし、3年間で言葉を交わしたのは4回くらい(笑)。
隣町の底辺私学へ進学したと聞いてたが、同窓会にも来ないし、卒業してからずっと音信不通だった。

俺だけじゃなく、中学時代にKと友達付き合いしてた奴はいなかった。
まず外見が人を寄せ付けない。チビのくせに猫背で、欠食児童みたいな骸骨体型。
土色のニキビ面に銀縁メガネをかけて、ギョロリと剥いた目は濁ってて全然精気がない。
悪相というか死相というか、死神そのものだったな。

性格にも問題があった。
暗いなんてもんじゃなくて、他人とまともにコミュニケーションが取れない。
本人にも周囲と交わる気はないらしく、授業中も休み時間も誰とも喋らず、席に座ったまま、どこを見るでもなくボーっとしてた。

時どきニヤリと笑顔(?)みたいな表情を見せるんだが、どす黒い歯茎と黄色い歯が剥き出しになって、気味悪さ3割増し。
声も粘着系というか、まとわり付くような嫌な話し方だったし。

運動神経は皆無、成績も底辺、音楽とか美術とか才能があるわけでなし、面白いことも言えない(つうか会話ができない)。

こういうタイプは普通いじめの標的になるんだが、気味悪すぎたのか、ヤンキー系を含め敢えて関わろうって奴はなかった。
ヲタ系のグループとも接触は皆無だったし、当然女子からも嫌われまくってた。

…で、十数年ぶりに会ったKだが、キモさにターボが掛かっていた。
相変わらずのチビ(160cm強くらい)でガリガリだったが、ヘルメットみたいだった髪型は額が後退し、頭頂部は地肌が見えてた(まだ20代なのに)。
ニキビは汚らしいアバタに変わり、ヒゲが濃くなってたから、青黒い剃り跡で気持ち悪さは倍増だ。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

rorikyonyu

俺は10人程在籍してるオタサークルに所属していた。

ぶっちゃけ女子と話すのは苦手中の苦手だが、オタっぽい男子とはかなり話せるので、俺は二年の初めのサークル勧誘のビラ配りをさせられていた。

オタっぽそうな男子に狙いを絞って配っていくと、声をかけられた。
振り向いたら、俺より2~30cm引くそうな子がそこにいた。
俺は175cmなので、かなり小さい。小学生くらいの背丈である。

「ここって…どんなサークルっすか…?」
「あっ、机出ししてるから、寄っていく?」
「いえ…ここでちょっと聞くだけでいいんで…」

軽く説明したら小さくお辞儀をして、去って行った。
キャスケット帽子を深く被り、ダボダボなパーカーを着ていたが、髪の長さと声からして、女子なのだということは分かった。

そして、その女子がサークルにやってきた。

新入生達と会話するのも、俺である。
上級生たちはコミュ障だからって俺に押し付けてきやがる…この女子、妙に俺と作品等の趣味が合う。俺達は一気に話しこんでしまった。

明るく話す内に、その女子のスペックはある程度分かった。
仮名N、一年浪人で夏で二十歳になる。
149cm(長い間150cmを越えられないらしいw)、周りにオタ友達がいない田舎からこちらの大学に来て、そういう交友関係を作りたかったらしい。

話す中で帽子を取った顔を見たが、可愛い可愛くないというより、すごい童顔なのである。
ランドセルを着せて小学校に侵入させても問題ないレベルww

お洒落な赤縁眼鏡も似合ってるし、ぶっちゃけこの時点でちょっと意識してた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

201304130715513d4

二年前、修学旅行で北海道に行った時の事。

ホテルに着き荷物を降ろすと自由行動になり、裏がゲレンデなので俺以外はみんなスノボをやりに行った。

ホテルをぶらついてるとギャルだけど可愛い系のSが1人でいた。
(ちなみにSとは仲悪くないがあまり話さない程度の関係のコ)

俺が「何してるん?」と聞くと、「私スノボできへんし暇なんよ」とS。
似たような境遇だし他に誰もいないので、じゃあ一緒にブラブラしよーよ?と誘い、ホテルを散歩する事にした。

一通り見て回り、だいぶ打ち解けてから色んな事を話した。(主に彼氏のグチが多かったがw)
そしてみんなが帰ってきたのでSの携帯を聞いて別れた。

この記事の続きを読む