このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】小学生男子の旺盛な好奇心を舐めてはいけない・・・

投稿者女性が大学生の時に小学生男子の家庭教師をしていた。勉強ばかりさせられていた彼は友達もあまりいないようだった。ある日、彼が「催眠術の練習台になってほしい」と頼んでくる。言われるがままにベッドの上に座った投稿者だったがちょっとからかってみることに・・・。

saiminjutu

金融関係の企業に勤めている30代前半の女です。

私は大学時代に家庭教師のアルバイトをやっていたのですが、
当時、受け持っていた生徒とちょっとエッチな関係になってしまったんです。

しかもその生徒はなんと小学生。

ケンタ君という名の、同年代の子と比べると少し大人しめな男の子でした。

彼のお母さんは、中学受験もまだ数年先だというのに
わざわざ家庭教師を雇うほどの熱心な教育ママ。

息子が心配なのはわかるけど、
小学生の時ぐらいもっと遊ばせてあげてもいいと思うんですけどね~。

おかげでケンタ君は友達もあまりいなかったみたいで、
勉強が終わるとゲームをするかテレビを見て一人で過ごしていたそうです。

ケンタ君の家庭教師を始めてから半年ほど経った頃、
勉強の休憩中に彼がこんなことを言ってきたんです。

「先生、今から催眠術かけてあげるから実験台になって!」 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】受験ストレスを抱えた男の常軌を逸した暴走・・・

投稿者は浪人生で普段から母親と妹にバカにされていた。そこでいつも二人が見てハマっていた催眠術の番組を真似して二人にかけてみるとまさかの成功。調子に乗った投稿者は二人を夜の公園に連れて行きとんでもないことを実行してしまう・・・。

rape

催眠術って信じる?
俺は正直、そういうのはまったく信じないタイプ。
だけど、母親と妹がかなりそういうの信じるタイプでさ。

ちょっと前、俺は浪人していたんだけど、その頃ちょうどテレビで催眠術とかそういう類のことができるイケメンがよく出てたんだよな。
母親も妹もすっかりはまっちゃってさ。

「あいつも催眠術とか習得して、芸能人になって稼いできたらいいのにね」
「まず整形しなきゃいけないじゃない。お母さん、そんなお金出せないわよ~」
なんて俺の事を出してきてげらげら笑ってて、でも浪人してる身ではあんまり言い返せなくてさ。

そんな日がずっと続いて、もう我慢ができなくなった俺は、インターネットでてきとうに調べた催眠術を実行してみることにした。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】人を見下して喜ぶ最低カップル・・・

投稿者の彼女は23歳だが見た目が幼くて清楚なのでオタクにモテる。しかし中身はビッチで最低な性格の女だった。そんな彼女がキモオタに告白されて帰ってきた。そして最低な投稿者は遊び半分でキモオタに電話させるのだが・・・。

kimoota

彼女は23歳だが見た目高校生、下手すりゃ、2ちゃんで高評価の女優(昔あった14歳でママになるドラマの主演のあの子)に似て人当たりがいいので、オタクタイプからかなりモテる。

が外見に反して性格がともかく悪い。

俺と付き合ってるのは、「性格が悪い者同士、気が合うかなーと思って」らしい。

あまりな理由にちょっとへこんだが、まぁ大体その通りでお互い人の悪口とかで盛り上がることも多い。

性格悪い同士の似たものカップルなんだろう。

ある夜になんとなくエロい気分になったが、彼女のほうはその気じゃないらしく、キモオタに告白されたー、最悪ーとか言ってきたので、ちょっと面白いことしてやろうと思った。

話聞いてみると、清楚で真面目な子だって思ってるらしい。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】従姉にとっては悪夢のような黒歴史になっているに違いない・・・

投稿者男性が大学生の時、小6の従妹が夏休みの間だけ、共働きの両親に代わって面倒をにみることになった。始めは人懐っこい従妹と普通に仲良く過ごすのだが段々と従妹が異常な行動を取りはじめる・・・

lolicon

今から10年以上前、大学の夏休みで久しぶりに親戚の家に行った。

そこは両親と女の子一人で暮らしていたけど、その年の夏の間だけ母親も働きに出ることを検討していた。

娘を一人にすることに抵抗があって決めかねていたようだが、 どうせ暇だからとウチの親が俺を子守りに推薦して、俺も了承して その母親は働きに出ることが決まった。

最後に会ったのが俺が中学三年、娘が小学一年で覚えているか 不安だったが、ちゃんと覚えていたみたいですぐ打ち解けてくれた。

その子(以下、仮名「綾子」)は小6になっていて、思春期やら反抗期やらも警戒してたけど全然そんなことはなく、無邪気で人懐っこい子だった。

空き部屋を一部屋貸してもらって住み込みみたいな形になり、俺は綾子の両親不在の朝から夕方まで綾子の面倒を見ることになった。
宿題見たり一緒に買い物行ったり、最初は本当に何もなかった。

だけど数日して、綾子の様子が変になってきた。
綾子がたまに自分の股間をいじるようになってきた。 この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】まだ性に目覚め始めたころだからできた大胆すぎる変態行為・・・

投稿者男性は周りに変態扱いされるほどエロいらしい。変態になったキッカケは小学校時代にさかのぼる。その事件は、小1の夏、プールの時間に一人教室に戻った投稿者はクラス一の美少女のパンツの臭いを嗅いでしまうところから始まる・・・

kurorekishi

俺は中学・高校と、女子たちから「変態」扱いされるほどにエロかった。

もちろん、いい大人になった今もエロい。
数年前から、新卒の面接試験では、まず胸と尻を見てしまうくらいに、変態だ。

それは自負している。
そんな俺も、生まれたときから変態だったというわけではない。

俺が性に目覚めるきっかけになった出来事は、小学1年生の夏の日に起こった。
当時、俺の通っていた小学校はとても小さな学校で……1学年につき、1クラスしかなかった。
そして、夏というと、やっぱりプールの授業があるわけなんだが……

更衣室が、とても狭いため、前の時間に他の学年がプールの授業をしていた場合、次の時間にプールを使うためには、教室で着替えるということになっていた。

授業前なら水着が濡れていないから、教室でも大丈夫、というわけだ。
高学年になるとさすがに男女で教室を分けるのだが、1年生のころは、黒板側と、後ろのロッカー側で男女に分けて着替えていた。

今では体に巻きつけるタオルなんかが売ってあるから、そういううれしいハプニングはないのだろうけれど……昔は、ふつうのタオルで隠しながら着替えていたから、タオルを巻いて安心しきって、体をかがめたときにお尻やあそこがチラリしたり。

タオルを使わずに、服の中でごそごそと着替えていて、ふいに胸がぽろっと見えたり。
はたまた、プールの授業があるからといって家から水着を着てくるせっかちな子は、たまにパンツを忘れて、プールの授業後にスカートめくりをしたら幼いワレメがばっちり見えたり……と、今では考えられないくらいの、パラダイスだった。

ある日、プールの授業中にお腹が痛くなってしまい、プールの近くにあるトイレへと駆け込むと、1つしかない個室の便座の中に大便と大量の紙が流れないままになっていた。

この記事の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】兄が妹にした笑えないイタズラとは・・・

・妹が婚約者を連れて帰ってきたが、婚約者は晩御飯の時にお酒を飲み過ぎてダウンしてしまう。
・その間に妹と久しぶりに色々話していると、妹が昔やられた性的虐待ともいえるエッチないたずら話をしだす・・・。

kurorekishi

こないだ、久しぶりに妹に会った。

妹は他県の大学に進学して、そのまま就職して、このたび結婚したい相手がいるからって紹介するために実家に戻ってきていたんだ。

俺は居心地のよさと、職場にも近いからってことで、まだ実家にいたから、妹とその旦那になる男に会うことができて。

その日の夜はふたりとも泊まっていくってことで、うちの親が妹の旦那になるNくんに酒を飲ませすぎて、Nくんは潰れてしまった。
うちの家系、みんな異常に酒強いから。

Nくんを父と俺で客間に連れていってふとんに寝かせ、そのあとはまたリビングで家族で飲んだ。

酒が回ってきた父はさっきまですごい結婚に賛成していたくせに、
「あんなに酒の弱い男にまかせられん、心配だ」
とか言い出して、最後には気弱になって、涙まで浮かべる始末。

母が「困った人ね~。お父さんには、私がいるでしょ」とかいって慰めて、ふたりで寝室にもどっていった。

俺と妹は、昔から仲がよかったし、積もる話もあったから、そのままそこで飲んでた。
普段はめったに見ない深夜テレビを見て笑ったりしてて、お笑い番組を見て爆笑していたら、ふと妹が、

「そういえばさ~、昔は私たちもバカみたいな遊びやってたよね。お兄ちゃんもいっしょに」
って、思い出し笑いしはじめてさ。
俺はあまり覚えてなくって、

「そうだったっけ? どんな遊びした?」
って聞いたんだけど、ないしょっつって、教えてくれない。

隠されると、人間、気になるもんだよな。
「教えろよ~! 俺がじゃんけんに勝ったら教えろ!」
とかいって無理矢理じゃんけんさせて、聞き出すことに成功。

妹はさいしょ渋っていたんだけど、とうとう、俺のしつこさに負けて、
「も~……それじゃ言うけど、自分で自分に引かないようにね」
って言って、しゃべりだした。

この記事の続きを読む