このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

c6d10774-s

ある晩、私はC君に呼び出され、カラオケBOXに行きました。

C君はK大のアメフト部で、ルックスも良く、女の子達に人気があります。

私はつい最近、C君と付き合い始めたばかりですが、もう離れられないと感じていました。
気性で強引で利己的だけれど、はっきり言って、私は彼のセックスの虜だったのです。

C君は鍛え抜かれた体と甘いマスクだけでなく、あっちの方もすごいんです。
彼は私に、器具で弄ばれる悦びを教えてくれました。

彼はその器具を、ローターと呼んでいました。
逞しいペニスで私を貫き、激しく突き動かしながら、快感
にのたうち回る私の最も敏感な部分にローターを当てがうのです。

初めて彼に抱かれたとき、私はそれまでに味わったことのない快感に打ちのめされ、痙攣しながら絶頂を迎えました。
そして何度も抱かれるうちに、ローターの刺激だ
けで連続してイケるようになり、今では、その小さな低い振動音を聞いただけで、心臓が跳ね、脚が緩んでしまうようになりました。

カラオケBOXで合コンをやっているが、女の子が足りないから来てくれ、とC君は電話で言っていました。
アメフト部の先輩も来ているので、俺の顔を
立てる意味でも、超セクシーな格好をしてこいとも言っていました。

馬鹿な私は何の疑いも抱かず、上は胸の谷間を強調するピッタリしたシャツ、下は限界スレスレのミニスカートで、その上からコートを羽織って出かけました。 この記事の続きを読む