このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

父親の趣味の無線の受信機を両親が旅行に行った時に弄っていた投稿者。色々な無線の電波を傍受して楽しんでいたのだが、そろそろやめようとした時、いかにもいやらしい言葉を話す女性の声を傍受する。歓喜し、興奮しながら聞いていると・・・。

tel

記憶がそうはっきりとしている訳ではないけど当時住んでたマンションは14階建てで14階角部屋だった。

親と同居してた頃の話なんだが、親父は受信機に凝っててベランダに長いアンテナ立てて遠くの拾えないような電波を拾ってヘッドホンでふむふむと聞いたりするのが趣味だったらしい…

消防無線とか、北朝鮮放送とかアメリカ軍基地のFM局?とか一般にカーステレオとかじゃ聞けない範囲の周波数帯とでも言うのかな?
詳しくない俺からするとそこまでしか説明できないけどw

ある日親父たちは旅行に行き家に俺一人。
そこで「いじるな!」と言われてたけど興味本位でヘッドホンでこそこそと聞いてみた。

そこは俺の知らない世界だった。
情報量は凄まじくいろいろな声が聞こえて、いろいろな音楽が聞こえ何語か理解できない言葉が飛び交い一瞬にして魅了された。

トラック同士の無線やタクシーの配車手配。
はたまたポルトガル語?ロシア語?いろいろ聞こえてくる。

一通り聞いて喉が渇いたのでヘッドフォンを外そうとすると
「さぁあなたのイヤらしいちんちんを・・・」
と聞こえた。

この年代「エロい声」には敏感に反応するw
俺はボリュームみたいな微調整するやつをピタリと止めた。

そして聞き入ってしまった。
「そうですよ、大きくなったあなたのちんぽ!そうちんぽをしごきなさい」
誰かに命令している。まるで電話みたいな感覚。 この記事の続きを読む