このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

大学1年から付き合ってた彼女とのありえない体験談。お嬢様風で読者モデルもやるような自慢の彼女。付き合って7年、ちょっと早いけど結婚も決めて後は式を待つだけだった。そんな時、たまたま彼女の家で一人になり、本棚を漁ってみたらなんとエロ本発見…。彼女には似合わないその本の中身を何気に開いた。それは地獄への扉だった・・・。

lgf01a201409070700

昔の話だけど、ようやく話せるようになったので投稿。

大学一年から、A美(仮にそうしとく)って言う同い年の子と付き合って7年、婚約して、後は式挙げるだけ、って時期の話。

社会人三年目だし、ちょっと早いかなって思ったけど、その時はA美のこと、本気で好きだったので。
出会いは大学で同じサークル(テニス)で、サークルの一年でいちばん可愛いかったので、ずっと狙ってた。

ただ、同学年、先輩も含めてA美狙ってたのは多かったから、俺選んでくれたのは、運が良かっただけと思う。

大学一年の時からフランス料理店でバイトしたり(かなり高い店)、A美はお嬢様風で可愛いので、読者モデルやったり、結構顔が広い。

そのせいもあって、デート中も結構年が離れたおっさんとかから、
「この間は楽しかったよ、A美ちゃん」
とか声掛けられることが多かった。

その度に若干気になって、今の人誰?とか聞くと、
「うん、バイト先によく来てくれるお客さんだよ」「この間、撮影してもらった人」
とか、読者モデルとか、バイト先で知り合ったとか、いろいろ聞いてて。

ただ、ニヤニヤして俺のこと見てくる奴もいて、あんまりいい気分はしなかった。
けど、自分の彼女がカットモデルとかやってたり、いろんな奴から「彼女可愛いね」とか褒められると、悪い気はしなかったから、差し引きでプラマイゼロかな、とか思ってた。

で、そろそろ同棲しようと思って、引っ越しの手伝いをしに、A美の部屋に行った。
ただ、その途中で、A美の読者モデル仲間が近くで撮影してるらしくて、久しぶりに会いたいってことで、A美は部屋を出て行った。

「ちょっといってくるね。休んでていいよ?」
って言ってくれたので、雑誌でも読んで待ってようと思った。

で、本棚を漁ると……

……なんとエロい本があった。 この記事の続きを読む