このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

【体験談】何とも微妙な景品の定番「おこめ券」だと思いガッカリしていたら・・・

・会社の忘年会のビンゴゲームで「おこめ券」が当たりガックリしていた投稿者26歳。
・しかしよく見ると「おこめ券」だと思っていた商品券は「おめこ券」だったのだ。
・しかもその「おめこ券」は、社長の娘(45)と一晩を共にできる券だと言うのだ・・・。

okomeken

製造業の会社に勤めている26歳の男です。

俺が働いている会社は従業員数が20人程度の小規模な所でして、
現在は社長の娘のN子さんが中心になって会社を切り盛りしています。

N子さんの年齢は45歳。性格はすごくサバサバしていて男勝り。

彼女はなかなかの美人(年齢的にはもう美熟女かもしれませんが)なのですが、
会社の経営が忙しすぎて恋する暇も無いのか40代半ばにしていまだ独身。

N子さんが出す指示はいつもすごく的確で、
男性社員も彼女には頭が上がらないんです。

昨年の12月、会社近くの居酒屋を貸し切って社員総出の忘年会が開かれたんです。

幹事はもちろんN子さん。

最初に社長が挨拶し、それからN子さんが音頭を取って乾杯。

その後しばらくの間は従業員同士でお尺しつつ飲み食いが続きました。

皆それなりに料理が腹に入った頃でしょうか。

うちの会社ではもう恒例の行事になっているビンゴ大会が始まったんです。

このビンゴ大会、景品が豪華なことで社内でも毎年話題になっていました。

この年はパッと見ただけでも小型液晶テレビ、タブレットPC、
最新ゲーム機などそれなりに高そうな景品が並んでいましたね。

社員全員にビンゴカードが配られると、
これまたN子さん司会の元でビンゴの番号が発表されていきました。

しばらくすると早速最初のビンゴ的中者が。

この記事の続きを読む