閲覧数: 2,641 PV

読了時間:約 4

いわゆる新歓の時期でした。 一流大学の人達と飲んでいた私はなれないお酒のせいで潰れてしまいました。 男の部屋、私はデブに短パンを脱がされそうになりました。 部活やらなくなってもマシンで鍛えていた私は力には自信あるつもりでした。 しかし甘かったです。 破られました。 叫ぼうとすると押さえつけられました。 てか酔ってて力がでません。 デブは乗っかったままパンツ脱がそうとします。 …

閲覧数: 4,836 PV

読了時間:約 3

俺は毎日電車に揺られ会社に行くんだが日課がある。 大人しそうな女子高生に痴漢すること。 もう数ヶ月になるが高校1年生の陽子だ。 毎朝何時に乗りパターンも知り尽くしている。 時間をずらすことは早める以外にないんだが数回会えない時が合ったがほぼ毎日触れた。 見た目は黒髪でロング、細目の体だがおっぱいは何気にあり弾力がいい。 顔は肌ツルツルで綺麗よりは可愛い感じで昔の上原多香子似…

閲覧数: 10,096 PV

読了時間:約 9

裏風俗っていうか謎の風俗に行ってきました。 そのお店は広告の類は出してません。 個人の紹介以外では客を増やさない所みたいです。 私は大学の悪友に誘われ、ついて行く事にしました。 郊外のお屋敷みたいな所に到着して、玄関に入ると女将さんがお出迎えしてくれて、入会金と今回の費用(高かったです)を取られて奥の部屋に。 しばらくすると女将がアルバムを持ってきた。 結構良い女ばかりだけど、ずば…

閲覧数: 7,613 PV

読了時間:約 12

私には壮絶なレイプ体験があります。 それもただ犯された、というよりも“いたぶり抜かれた”という言葉の方が適切かもしれません。 思い出すたびに恥ずかしくて、辛くて、怖くて、叫び出したくなる衝動に駆られる一方で、どこか妖しい胸の昂ぶりを抑えきれなくなる経験です。 あれは高3の初夏のことです。 夏休みに入るとすぐに始まる最後の大会に備えて猛練習を終えた後、玄関のところで私服姿の男子4人に囲ま…

閲覧数: 6,715 PV

読了時間:約 5

上司の甥っ子と私は結婚が決まっていて、その上司は結婚式では仲人をすることになっていたのに・・・。 ある日、その上司も含め数人で飲み会があり、上司と帰る方向が一緒なので途中までタクシーに相乗りさせてもらってたら、「今日、ドラマの最終回があるのに録画を忘れた。今から帰ったら見られない」と言っていたので、帰り道にある私のアパートへ招き入れました。 (まあ仲人だし、彼の親戚だもんね、変なことしない…

閲覧数: 9,071 PV

読了時間:約 4

18歳、胸は一応Eカップ。 男性に視姦される遊びで、本当に犯されてしまった時の事を話します。 私は仲間内と、『男性にたくさん見られた方が勝ち』という遊びをやっていました。 セクシーで露出的な格好をして、より多くの視線を集めたら、負けた人からジュースを奢ってもらうことが出来るんです。 あの日も、その遊びをしました。 私はブラウスを第4ボタンまで開けて、胸元から黒とピンクのブラを露出させ…

閲覧数: 6,751 PV

読了時間:約 6

今週の月曜日、理科の先生に「単位が足りないからこのままじゃ留年だぞ」と言われ、「補習お願いします。単位下さい」と私は頼みました。 すると先生は私の制服のリボンを外し、そのリボンで手首を縛り始めました。 私「えっ?せ、先生・・・?いやっ!」 私を机に座らせ、ブラを外し、オッパイを鷲掴みにして揉まれました。 恥ずかしいことにオッパイを触られただけで身体がビクンって感じてしまいました。 …

閲覧数: 7,874 PV

読了時間:約 10

俺が、内装をおこなっていた雑居ビルで一服していた時、そのビルの女性社員が2人で話しているのが聞こえてきた。 「エッツ 明日仕事なの?」 「そう休みの日なのに、地下の書庫の書類整理やんなきゃいけないんだ。」 「かわいそう 一人?」 「当然 誰も手伝ってなんてくれないよ。朝からやるけど夕方までかかっちゃうかな」 思わず、顔を見ると休みの日に出勤するといっていた女性社員は、巨乳でスタイ…

閲覧数: 9,924 PV

読了時間:約 4

去年のクリスマスに、姉が僕が一人暮らししているアパートに来た。 三十路の独身女子会をわざわざクリスマスにして、終電無くなって帰れなかったので家に転がり込んできたのだ。 まあ、三十路すぎでクリスマスに予定のない僕も僕だけど。 部屋に来た時には結構酔っ払ってた姉が、「酒出せ!」と騒ぎ始めたので仕方なく冷蔵庫にあったビールを出すが、足りなそうだったのでコンビニに走り、酒と摘みを買って帰ると僕の…

閲覧数: 8,989 PV

読了時間:約 5

今、私の家は、外壁の張替え工事で職人が入っています。 妻は、9時から3時までのパート。 つまり午後3時以降は職人と顔を合わすわけです。 その日、私は仕事が早く終わったので、職人に壁の張替えを注文しようと早めに帰ってきました。 4時頃だったでしょうか。 トラックがいつものように2台置いてあるのに、職人が外壁工事をしていません。 (変だな・・・) そう思いながら家のドアを開けて中に入…

閲覧数: 9,958 PV

読了時間:約 4

大学生の時に、就職難でなかなか大変だった時期がある。 その頃は就職が本当に決まらなくて、おまけに母親が蒸発したりして家もバタバタしていて本当に大変だった。 母親が蒸発した理由は父の浮気だった。 ついに大学を卒業してからも就職活動するハメになってしまった。 仕方なくアルバイトをしながらの就職活動だったわけだが、とりあえず居酒屋で夜バイトをしていた。 そんなある日、隣の女子更衣室で自分の…

閲覧数: 6,555 PV

読了時間:約 4

彼女の紗希は戸田恵梨香似で、看護師をしてる自慢の彼女。 その日は彼女とデート中で、たまたま居酒屋で友人の翔太とその友達の拓也と会って、流れで家で飲み直すことになった。 翔太は、『年齢=彼女いない歴』で、外見はデブでオタクっぽいが、中学からの付き合いで仲が良い。 拓也は翔太の仕事の同僚で、もちろん俺と紗希はその日が初対面。 眼鏡を掛けてて暗い感じで、いかにも翔太のオタク仲間って感じだった…

閲覧数: 6,980 PV

読了時間:約 3

わたしは、中学1年の時忘れられない経験をした。 わたしは性欲が強い方で小学校の時からオナニーをしていた。 好奇心がすごくて、オナニーも段々エスカレートしていた。 家の近くに大学があり、そのため家の近所はアパートだらけで、ゴミステーションにはよくエッチな本が束ねて捨ててあった。 小学校の頃はそこから何冊か抜き出し、こっそり家に持ち帰ってはオナニーしていた。 本からフェラチオやクンニなど…

閲覧数: 10,001 PV

読了時間:約 3

俺は長距離のドライバーをしている。 茨城から東京への帰り、いつものように埼玉の国道の仮眠スポットでトラックを停めて寝ていた。 午前0時頃、軽く車が揺れた。 サイドミラーを見ると、若い女性が小走りで近づいてくる。 25歳ぐらいの美人だ。 コンコンとドアをノックしてきたので窓を開ける。 俺「何ですか?」 女性「すみません。後ろに車をぶつけてしまいました」 俺「そりゃ参ったなぁ。どこ…

閲覧数: 4,624 PV

読了時間:約 6

私が大学を卒業し、ある会社の人事部に配属されて2年目に入ってすぐの話です。 私は自分の1年後輩の新人研修のお手伝いの仕事をしました。 指導するというより、相談に乗ったり緊張をほぐしてあげたりするのが役目でした。 メンバーは私の他には男性社員が2人。 同期入社の小倉君と、入社4年目の渡辺先輩でした。 小倉君は普段から仕事の相談をしたり愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、渡辺先輩とはそ…