閲覧数: 10,256 PV

読了時間:約 8

妻は福祉関係の仕事をしています。 9割は高齢者の訪問介護の付き添いなのですが、たまに若い身障者宅への訪問があります。 妻は若い身障者宅への訪問は嫌がります。 何か偏見があるのではなく、28歳の妻にとって同年代の男性の裸身を見たりするのは少し抵抗があるようです。 特に資格があるから福祉の仕事をしているのでなく、あくまでもパートなので、何か志しがあっての勤務ではなく生活費のために高給の仕事…

閲覧数: 3,328 PV

読了時間:約 11

私は幼稚園生の時からエッチなことに興味があった。 22歳、156cm、Cカップの女子大生です。 父親が買ってくるエロ漫画を隠れて読んだり、父は『ミナミの帝王』が好きでよく見ていたんだけど、たまーに性行為のシーンがあったんだよね。 その行為自体がどういうものかは分からなかったんだけども、見ちゃいけないものを見てる・・・というシチュに興奮してた。 そういうことを繰り返してたら、気付けば小学…

閲覧数: 5,660 PV

読了時間:約 4

俺は以前、デパ地下で働いていた。 デパートというのはデパート直属の社員は少なく、ほとんどが間借りしているショップやメーカーの社員やバイトばかりである。 派遣会社から来ている販売員なども多い。 俺は和菓子屋の社員としてデパ地下に居た。 ある日、昼休憩から売り場へ戻ると、うちの上司がどこかのショップ店員の女性(K子さん)と話をしていた。 初めて見る顔だったが、俺はその子に一目惚れして…

閲覧数: 8,568 PV

読了時間:約 5

5年間の超節約生活を続け、やっとの思いで買った外車のバイクをマンションの駐輪場に停めていた。 ある日、同じ階に住んでいた21歳の若い奥さんがいきなり部屋を訪ねてきて、「本当に申し訳ありません!あの大きなバイクをこかしてしまいました」と言うので現場を見に行くと、僕のバイクは右側に倒れ、割れたカウルの破片やサイドミラーが散乱していました。 奥さんの話を聞くと、原付で買い物を済ませて帰ってき…

閲覧数: 4,517 PV

読了時間:約 9

高2の夏のこと。 彼女いない暦=年齢の俺は、同様の経歴の友人らとツルみ、無気力で自堕落な学生生活を送っていた。 そんな俺たちが口を開けば当然、「彼女が欲しい」「セックスしてー」ばかり。 日常的にそんな愚痴をこぼす俺たちに、都合よく彼女なんて出来るわけもなく・・・。 だが、そんな友人グループの中でも一人だけ例外がいた(彼を仮に『A』とします)。 Aは同性の俺から見てもなかなかのイケメン…

閲覧数: 6,101 PV

読了時間:約 3

今日は、仕事帰りに予約していた歯医者に行きました。 以前、治療していた差し歯が抜けた為だ。 幸運な事に担当は、若い女医だった。 顔は一青窈に似ているが、かなりの巨乳だ。 助手はおばさんだが、こちらも胸はデカそうだった。 治療が始まると、予想通り2人の胸が俺の頭に押し付けられる。 その感触を味わっていると、股間がムズムズしてきた。 2人が俺から離れた時、俺はズボンに手を入れ、パンツ…

閲覧数: 8,561 PV

読了時間:約 8

久しぶりに夜遅くに電車に乗ったときのこと。 終電まで1時間ぐらいあったので駅はそんなに混んでいなかった。 座って電車を待っていると、一目で酔っ払っていると解る女がホームに下りてきた。 明らかに千鳥足、ホームの壁にもたれるように立っていたが崩れるように地面にしゃがみ込み近くの人に手を貸されるほどだった。 年は19~22歳ぐらい学生といった感じだった。 しばらくして電車が来た。 俺…

閲覧数: 3,417 PV

読了時間:約 5

私が短大生だったときの話を書きます。 1年生の夏休み近づいたころです。 私はレポートの資料集めに、短大の図書館に行っていました。 短大の図書館には地下2階、地上10階の書庫があって、私はその8階にいました。 いろいろと書棚の本を探していると、Y先生が入ってきました。 Y先生は、30代後半で、色黒で、ちょっとかっこいい先生でレポートの課題も、この先生が出したものでした。 「おー早速資料…

閲覧数: 5,759 PV

読了時間:約 3

はじめまして、綾って言います。 いつも『オナニー』とか『自慰』とかのキーワードでオカズサイトを探しています。 でも自分で告白するのは初めて。 ちょっと緊張します。 でも今日は、どうしても誰かに言わずにはいられない! 先週の土曜日、会社の憧れの先輩(女性)がオナしてる現場に遭遇してしまったんです。 その日、会社は休みだったのですが、私は少し進めておきたい仕事があって、昼頃から休日出勤…

閲覧数: 5,443 PV

読了時間:約 7

奴隷は淫乱とかではなく、真性のマゾだった。 出会い系で知り合った奴隷は『A』としとく。 当時の彼女と上手くいってなかった相談をした時、返信をくれた一人がAだった。 そもそも彼女とのことで凹んでたし、出会いは求めてなかった。 だからか、Aはとても親身に話を聞いてくれたし、仲良くなるのにそう時間はかからなかった。 仲良くなっていくにつれ、俺は彼女よりもAとのメールが楽しくなってきていた。…

閲覧数: 6,069 PV

読了時間:約 10

A子と知り合ったのは6、7年前かな。 友達の一人が結婚するのでお祝い兼ねた飲み会をしたんだけど、その時に結婚する友達の友達(俺は初対面)でA子が参加してきて知り合った。 飲みの席でそこそこ話も盛り上がり、お開きになった後、帰宅方向が一緒だってことで途中の駅まで送っていくことに。 車内でも話は弾み、その日はアドレスを交換して俺も帰宅。 A子は身長150cmちょいで、感じ的には深キョンぽい…

閲覧数: 6,606 PV

読了時間:約 4

俺が住んでるのは北陸地方。 バツイチになって、アパートに越してきたのは4年前。 そんな俺が住んでるアパートに、比較的に若い夫婦と子供の3人家族が引っ越してきたのは2年半くらい前の冬。 その時は、エッチな事が出来る関係になるとは全く思ってもいなかった。 その夫婦が越して来た最初の冬・・・。 朝の出勤時に、駐車場で奥さんが雪にハマって車を動かせなくて困っていた(旦那さんは既に出勤済み)。…

閲覧数: 5,454 PV

読了時間:約 5

私が中学一年の秋頃、某県の寂れた民宿に家族三人で泊まった時のことです。 その当時、母は30代中盤、胸はFカップはあったでしょう。 その民宿は格安の割には露天風呂等もありましたが、5部屋ぐらいの小規模な民宿を50代くらいのおじさんが一人で切り盛りしていました。 私達が行った日は私達ともう一組の40代前後の男性客だけが宿泊していました。 夕方4時過ぎに民宿に着いた時には、ちょうど夕日が紅葉…

閲覧数: 5,292 PV

読了時間:約 3

僕の住んでいた所の近くには温泉街があった。 そこのある旅館で、僕は高校時代アルバイトで働いていた。 そんなある日、そろそろ仕事を終えて帰ろうとしていた夜の九時頃、人気のなくなったロビーで、この旅館に宿泊していた若い女性に声を掛けられた。 目的も判らぬまま、僕はそのお姉さんに誘われ旅館の裏庭へと連れ込まれてしまった。 そして自分達以外周囲に誰も居ない事を確認するや、お姉さんはいきなり僕の…

閲覧数: 2,950 PV

読了時間:約 3

私が処女を失ったのは、高2の冬休みでした。 それまでも、部活の先輩とは何度かレズをしました。 放課後の教室や部室、先輩の家でもしました。 でも私の処女を奪ったのは、別の先輩でした。 その先輩も同じようなレズだったのですが、唯一違ったのが、バイブを使ったことでした。 初めて見たわけではないのですが、色々な種類があることには驚きました。 今までは15センチくらいのオチンチンに似たモノと…