閲覧数: 22,858 PV

読了時間:約 7

これは僕が大学生だった頃のお話です。 自画自賛という訳ではありませんが僕はイケメンです。勉強も良くできました。 しかし、僕がそれまでの人生、幸せだったかというと、全くそんなことはありません。 なぜなら、僕は高校までの間、虐めにあっていたからです。 それはもう酷い虐めでした。 しかし、そんな僕にも大学では友達ができました。 入学式で、たまたま隣の席だった群馬出身…

閲覧数: 72,998 PV

読了時間:約 6

ビッチかつ若干のメンヘラ気質というヤバい物件だということはわかってはいたんだ…… だがまさかこんなことになるとは… もともと知り合いだった女の子A(以下A子)と飲むことになったんだ。 家もそんな遠くなかったので、とりあえず向こうの家の近くで飲んだ。 会うのは2年ぶりくらいだったんだが、前からちょこちょこメールはしていて、その話題の豊富さと優しさから、その時からけっこう好感…

閲覧数: 50,041 PV

読了時間:約 2

聞いてくれ… うちの会社の社員(26歳ビッチ)が、バイト(21歳コミュ障男)を飲み会で襲って射精させた…   ことが起こったのは旦那さんの転勤についていくため辞めることになった 30代派遣社員の送別会 ビッチは絡み酒をするので部長が「飲みすぎるなよー」と注意していたのに無類の酒好きなものだから聞きやしない 丁度良いところで止めておいてくれればいい盛り上げ役にな…

閲覧数: 27,481 PV

読了時間:約 5

俺、44歳のおっさん 同い年の嫁と、21歳の娘の3人暮らしで皆社会人 娘は嫁の連れ子で俺とは血はつながってない 娘の見た目は柴崎コウの目を優しくした感じ 俺から見てもきれいな子だ 身長は158だったかな 華奢で微乳だがケツはぷりぷり 親子仲はあんまり良くはない 悪いって程ではないけど、おはようとおやすみくらいしか話さない 学生の頃はそこそこ話とか…

閲覧数: 33,413 PV

読了時間:約 3

1:FinalFinanceφ ★:2012/09/10(月) 18:09:45.60 ID:0 もし自分が突然死んだら、いったいどれだけの人が涙を流してくれるだろうか……、  ふと、こう想像するのと同時に、「遺品」となってしまう自分の持ち物について思いを巡らせたことがある人も多いのではないだろうか。  遺品整理特殊清掃会社A&Tコーポレーションの高江洲敦社長が、実際に…

閲覧数: 26,127 PV

読了時間:約 9

1:代行 D:gbShAsG+0:2011/06/06(月) 20:44:42.89 ID:ct3ZtX4s0 昨日の夜、私は彼の家で夕ご飯を作っていました。 彼の好きなオムライス。 いつもより卵が上手に焼けて、彼が帰ってくるのが待ち遠しかったです。 彼はとろとろ卵が大好きだったから・・・ 仕事が終わった彼が帰って来て、一緒にオムライスを食べました。 帰り道に…

閲覧数: 36,945 PV

読了時間:約 7

震災後の原発事故の影響で計画停電が実施された週末の事、仕事から帰って来た俺は直に停電となるのを考慮して自室のベッドで横たわっていた。 最終の停電だった為、辺りは暗く一切の光源が無い為、本当に真っ暗になり周辺は静まり返っていた。 そんな時だった、部屋のドアがノックされ「お兄ちゃん…」と心細い声と共に懐中電灯を片手に握りしめた妹(1●)が入って来た。 「どうした?」と聞…

閲覧数: 52,290 PV

読了時間:約 5

とりあえず自己紹介 私 女 20 大学生 普通 元もー娘の亀井?って子に似てるって言われたことがある 彼 20 同じ大学 私にとってはイケメン 土日で休みだったので昨日の夕方から彼氏の家に泊まりに行ってました 夜料理を作ってお酒を飲んでテレビとか映画とか見て一緒に寝ました 昼くらいに起きて、日曜なので彼は昼からも家でビールを飲み始めました …

閲覧数: 24,608 PV

読了時間:約 3

それは今から4年前。 アパートを引っ越した先のことだった。 そこは、事故物件で曰く付きだけど学校からも近いし部屋も綺麗だったからお得物件だという事で契約。 霊感とかはまったくなかったし、そういうのも信じてなかった。 ある日、寝てたら部屋がギシギシ言い出した。 地震か?と思いながら確認のためにテレビつけようとしても、テレビがつかない。 テレビが壊れたわけでもなか…

閲覧数: 50,387 PV

読了時間:約 7

大学時代の話ね。 俺は大学時代、文化系のサークルに所属してたんだけど、3年の時、後輩にT四郎という奴が入ってきたんだ。 そいつはギャンブルと風俗通いに狂った奴で、どうしようもないアホだった。  しかも、九州生まれの腐れ日本男児で、女を小馬鹿にする様な奴だった。 時代錯誤も甚だしいしゃべり方をする男だったよ。  サークル内でも(特に女子)嫌われ者だった。 で、…

閲覧数: 14,681 PV

読了時間:約 3

ちょっと昔の話しになりますが… 当時のスペック 19才 専門学生 ガリガリ 胸なし その時はパーカーにジーンズと、結構ラフな格好をしてました。 当時痴漢なんて縁のない生活を送っていた私は、周りの女の子が痴漢にあったって話しを聞いても なにそれ美味しいの?位にしか思ってませんでした。 ある日の学校の帰り、いつも通りの座れないけどそんなに混んでいない位…

閲覧数: 62,135 PV

読了時間:約 3

ぼくは厨2です。 姉貴は高3で、夏休みになって昼間は親がいないので、ときどき彼氏を部屋につれてきます。 部活が終わって帰ってきたら、部屋で彼氏とHしてたことがなんべんもありました。 ぼくはむらむらして、姉貴の大きな声をききながら、オナってしまいます。 ある日帰ったら姉貴がシャワーをあびてるとこでした。 ガラスの向こうにぼやっと姉貴のはだかが見えるので、ぼくはが…

閲覧数: 33,969 PV

読了時間:約 4

私が小学3年生の夏休み、母の実家に1カ月ぐらい滞在しました。 その間、1泊ですが、蓼科の静かな旅館に母と二人で泊りました。 当時の母は35歳で、小●校の担任の先生によく「伍代夏子に似てるね」なんて言われてたので美人の部類だったと思います。 部屋での夕食後、二人で宿の大浴場(男女別)に行きました。 私は男湯に入りましたが、浴室には、30代の男性4人組がいて、男湯と女湯の仕…

閲覧数: 57,531 PV

読了時間:約 4

これは、私が大学に入ったばかりの頃の話です。  当時、受験によるストレスが原因なのか定かではありませんが、全身の皮膚 炎に悩まされ診察に行ったところ、「学生で暇なんだし、ちょっと入院して 本格的に直して見るか?」 と進められて、1週間程度の入院をしました。  入院経験の無かった私は、少し不安でもありましたが、 「高々皮膚炎だし 話のネタにちょうどいいか。」くらいに考えてい…