閲覧数: 2,583 PV

読了時間:約 6

家族にも言えません・・・。 義兄に電マオナニーを見られて、調教プレイをされてしまったんです。 あれは私が20歳で、女子大生の時。 姉の旦那、義理の兄との出来事です。 私は実家のマンション住まいで、母と暮らしています。 姉は結婚して実家を出ているのですが、先月まで産後の里帰りをしていました。 実家でマンションなので、私はオナニーを昼間にします。 昼間は母が仕事に出ているので、大…

閲覧数: 4,297 PV

読了時間:約 7

私は45歳になる会社員です。 人並みに結婚もして、子供もいます。 れで、遡ること30年。 私立の高校に通ってました。 この学校は元々女子高で、私が入学した年が共学1年目でした。 滑り止めで受験し、本当は公立に通うはずだったのですが、受験直前に体調を崩し、この学校に通うしかなかったというのが実際でした。 周りの友達からは、「本当は計算して、女子の中に入りたかったんじゃないか」と冷…

閲覧数: 1,566 PV

読了時間:約 3

21歳のルリです。 ルリが中学生の時にした初めてのオナニーを書いてみます。 その頃の私って、大袈裟な言い方じゃなく三度のご飯よりオナニーが好きって感じだったんです。 小3くらいまでは、道を歩きながらでも、学校にいる時でも、したいって思ったら平気でパンツの中に手を突っ込んだりしてた。 さすがにそういうのはしなくなってたけど、その反動みたいに、誰にも見られてないって思うと、反射的にオナ…

閲覧数: 4,476 PV

読了時間:約 6

中学2年の夏、部活で遅くなり19時に帰宅した。 いつもなら妹の楓が玄関に迎えに来るが、今日は来なかった。 キッチンに行くと母の書き置き。 『母さん今夜は遅くなります。晩ごはんはチンしてね』 (また手伝いか・・・。あれっ?2人分ある) 楓の部屋に向かいドアを開けた。 俺「楓、ご飯食べないのか?」 返事がない。 俺「楓ぇ、飯は?」 布団を被る楓を揺すったが無言。 俺「気…

閲覧数: 4,109 PV

読了時間:約 6

昔の話です。 俺には幼稚園の時から仲が良かった『愛子』という女の子がいた。 小さくて可愛かった。 愛子とは家も近くで親同士が仲が良かったせいもあり、兄妹のようだった。 お泊りし合って、一緒にお風呂にも入ってた。 お風呂でチンチンやマンコの見せ合いなどもしていた。 その頃はいやらしい気持ちなどなかったと思う。 お互いのモノが違うということで不思議だった。 小学生になってからも…

閲覧数: 1,972 PV

読了時間:約 4

彼女がカラオケで浮気したことを白状した。 実話だから大して話的には面白くないと思うけど、リアルに状況描写だけは語れると思うw 高校1年~大学時代に付き合ってた彼女の体験です。 彼女の名前は真由、俺はKとしといてくれ。 真由は身長165cmくらいで色白で結構美人な女の子だった。 巨乳好きの俺には最高のオッパイの持ち主。 E~Fカップ(痩せ具合で変動する)で、とにかくキレイな色・形…

閲覧数: 4,094 PV

読了時間:約 5

22歳の姉ちゃんのビキニ水着を着ちゃったりしてたバカな弟です。 俺、当時17歳の高2。 うちの姉ちゃんは、よく海水浴に行ってました。 なので、夏になると洗濯したビキニ水着が干してあった。 そのビキニが、エロいのなんの! 今年買った水着がかなり派手なやつ。 パンツが紐で縛るタイプ。 ブラは三角形のヤツでした。 (ついに姉ちゃん、こんな水着着だしたかぁ) 乾いていたので、自分…

閲覧数: 3,281 PV

読了時間:約 5

「光ちゃん、そうよ・・・。お母さん、そこが感じるのよ・・・すごく上手よ・・・。いっぱい、いっぱい舐めて」 「母さん・・・。俺、またイキそうだよ・・・。こんなに何回もイッて大丈夫なのかなあ?俺おかしくなっちゃうよ!」 話は遡ること、俺(光一)が高校1年の時。 俺が小学5年の時、父が病気で亡くなってしまい、それからは俺と母(美由紀、当時31歳)との2人での生活が始まっていた。 小学…

閲覧数: 12,726 PV

読了時間:約 6

大学の学祭の後の飲み会で後輩のY子が潰れてしまった。 女子トイレで倒れていたのを発見。 どうにか運び出し、とりあえず店では寝かせておいた。 しかし店を出る時にも目を覚まさなかったので、腕力のあるヤツがとりあえずおぶって次の店まで移動することになった。 店を出ると外は大雨。 仕方なく、傘もささずに移動した。 その後、数軒店をあたったが、すぐに入れるところが無く、俺はY子と雑居ビル…

閲覧数: 5,807 PV

読了時間:約 4

大学3年の時、密かに思いを寄せていた1年後輩の裕美という2年生がいました。 小柄で、卵型の顔でややノッペリした純朴顔で、物静かな優しい子でした。 でもその時、私には同い年の彼女がいて、深い関係になっていました。 そんなある日、女たらしで有名な卒業を間近に控えた4年の先輩に、「お前ら、面白いもの見せてやるから俺のアパートに集まれよ。あ、彼女は絶対に連れてくるなよ。男だけで来いよ」と言われて…

閲覧数: 4,658 PV

読了時間:約 4

今はあまり流行らないだろうが、昭和の終わり頃、俺は大学生活を下宿で過ごした。 そこは小さな町工場で、昔は住み込みの職工の部屋だったが、みんな結婚して独立したので『睦荘』という下宿を始めたと聞いた。 睦荘の部屋は6畳一間で4部屋あり、1年生から4年生が各4人だった。 町工場の二代目の大家夫婦は40代で、一風変わった性癖の持ち主。 その代わり下宿代は破格の1万円だったから、差額を小遣いにで…

閲覧数: 7,052 PV

読了時間:約 2

僕の初体験は中1でした。 相手は裏の家に住んでいる女の子の知美でした。 知美は、背はそんなに高くはないけれど、胸はCカップぐらいあって超かわいくて、ちょっと目のいやらしい感じの子でした。 あと知美には変な癖があって、家に帰ってくるといつもブラジャーを脱いで窓から僕の家をのぞく癖(?)でした。 なので僕は知美よりも早く家に帰り、窓から知美の着替える様子を見ながらオナニーしていまし…

閲覧数: 5,476 PV

読了時間:約 4

俺には二つ下の彼女がいる。 彼女(以後N)は小学一年生の時に、三年生だった俺にとても良く懐いた。 なぜなら家が近かったし幼馴染だったからだ。 廊下や、朝の登校時間、休み時間。 常に俺のそばにくっ付いてきた。 授業が始まるときなど、少し寂しそうな目で俺をいつも見る。 その時の可愛さは反則だ。 もちろん、いつでも可憐で可愛いけどね。 Nが2年生、俺が4年生の時に交際という形にな…

閲覧数: 6,125 PV

読了時間:約 5

隣の家には、幼稚園からずっと一緒だった幼馴染の佳帆がいた。 佳帆は元SDN48の佐藤由加理に似た癒し系の顔で、細身だが胸も平均程度にはあり、男子からの人気もかなり高かった。 俺の部屋の窓の1メートル向こう側に佳帆の部屋の窓があり、漫画やアニメでよくある窓越しで互いの部屋を行き来するという関係を、かれこれ10年以上続けていた。 いつしか俺も佳帆も、互いに恋愛感情を抱く様になり、告白でき…

閲覧数: 11,237 PV

読了時間:約 6

彼女と付き合い始めて1年ほど経ったある日。 彼女持ちの友達と話していると、皆はとっくに済ませたというエッチの話題になった。 俺を除いた3人は早くて2ヶ月、遅くて6ヶ月でしたらしい。 「お前は?」と聞かれ、俺困惑。 「は?まだしてねえの?」と言われ、俺図星。 「まだなのか!」と笑われ、俺落ち込む。 そういうことをする勇気が無いわけでもないし(童貞じゃないし)、そういうことをする時…