閲覧数: 2,078 PV

読了時間:約 2

数年前の話です。 俺の友達にガンちゃんってスゴい不細工な男がいたんだけど、そいつに産まれて始めてできた彼女のノンちゃんがビックリするほどのカワイ子ちゃん! 俺は素直に「ガンちゃん、よかったなぁ~」って思ってたんだけど、俺らの先輩で極悪人と評判のトモさんが嫉妬して、「あいつの彼女マワしたろうぜ」とか言い出しやがった。 …

閲覧数: 3,049 PV

読了時間:約 3

これは二十年ほど前の体験談です。 当時の私は全国各地を回る大型トラックの運転手をしていました。 東北の田舎町で荷降ろしした後、国道沿いのコンビニに車を停めて仮眠していました。 夜中に誰かがトラックのドアをとノックする音で目を覚ましました。 …

閲覧数: 1,518 PV

読了時間:約 3

私が中学生だった時、初めて“B経験”をした時の話です。 当時の私には同級生の彼氏がいました。 名前はアキラ君、少し不良っぽい感じでクラスの中でも目立つ男の子でした。 私たちはいつも一緒に登下校するくらい仲の良いカップルでした。 …

閲覧数: 2,497 PV

読了時間:約 2

私の体験ではありません。 でも私が目撃したレイプ場面で誰にも言えないことでしたので、このサイトを知って投稿します。 昨年の秋のことです。 私はある温泉街の小さな旅館でバイトをしていました。 お客さまのほとんどがお帰りになって、私は風邪気味もあって布団部屋で寝ていました。 …

閲覧数: 3,074 PV

読了時間:約 2

【体験談】最期の社員旅行でゲスな上司たちに・・・ 自分が入社してから4年目の社員旅行のときの出来事です。 夜9時ころ宴会も終わり2次会を開催する時にいつも参加する事務員のりつ子さんがいないのに気づきました。 りつ子さんは24才で小柄ながら制服の上からでも容易に想像できる位のナイスバディの持ち主でどっちかといえば男好きのする顔立ちの為、寮生の間では夜のおかずの一番人気でした。 …

閲覧数: 2,102 PV

読了時間:約 3

中学2年生の時、親戚の家族と海に行った時の話です。 1つ下のいとこのゆうこちゃんと泳いでいて、夕方頃に私の水中眼鏡が割れて右手を切ってしまい、手当てを受けました。 手当てが終わる頃にはもう海水浴場には誰もいませんでした。 …

閲覧数: 2,793 PV

読了時間:約 2

現代社会は携帯、スマホで様々な情報に容易にアクセス可能になりました。 その弊害として、子供、特に小中学生が変な知識を手に入れて、それをイジメにつなげたりと、 そういう出来事もしばしば起こりえます。 そのせいで僕のように変な性癖が植え付けられ、大人になった今でも苦労している人間がいます。 これは僕が中学生だったときの話です。 …

閲覧数: 2,290 PV

読了時間:約 3

うちの野球部には、ひとつの“ごほうびルール”があります。 それは、試合でホームランを打ったら、マネージャーとエッチできるというものです。 マネージャーはわたしだけしかいないので、必然的にわたしがエッチすることになります。 すべては甲子園に行くため、とわたしも割り切っています。 …

閲覧数: 2,567 PV

読了時間:約 3

5年程前の事ですが、大変印象に残りしかもわたしにすれば信じられない体験をしましたので公開します。 当時私は賃貸のマンションに住んでいました。 マンションと言っても小規模な建物で3階建ての3階に住んでいました。 …

閲覧数: 1,740 PV

読了時間:約 3

ここに書き込むのは初めてです。 僕にはなつみという彼女がいます。 近所に住んでて、幼なじみってよく言われますが、中学までは同じ学校、高校で別々の学校になって、大学生になった去年、中学校の同窓会でつきあいが戻りました。 …

閲覧数: 3,393 PV

読了時間:約 2

小学生の時のチョットえっちな体験です。 今から思い返すと可愛イイ思い出ですが。。。 そこそこ田舎の小学校(一応、県庁所在地の)でクラスの女の子のおっぱいも少し膨らんで来たかなぁ~という小6の頃。 …

閲覧数: 2,576 PV

読了時間:約 2

いつかは自然に剥けるだろうと思っていましたけど、中学になっても剥けませんでした。 それでも気にしないでいましたが、中一の夏にその事件はおきました。 夏休みのプールの時間がありましたが、それには毎日通っていました。 泳ぎはあまり得意ではありませんでしたので少しでも上手くなろうと通っていたんです。 …

閲覧数: 3,279 PV

読了時間:約 2

自分のオッパイに興味を持ち始めたのは数年前。 まだ、小学校高学年の頃。 読んでいた少女雑誌で“性に関する記事”が多くなってきたのがキッカケ。 顔は特にカワイイというわけではなかったが、スタイルには少し自信があった。 …