閲覧数: 45,142 PV

読了時間:約 6

高校の時、国語の女の先生がいた。 年齢は26歳、美人というわけじゃないけど天然ボケの可愛らしい先生でおっとりした喋り口が人気の先生だった。 「結婚されているんですか?」 と聞くとニコリと微笑んで 「ううん」と答えるので 「じゃあ僕なんかどうですか?」と言うと 「私のような年寄りは・・」と 本当に悩んだ顔で答えてくれる先生だった。 僕はそんな先生が次第に好きに…

閲覧数: 48,129 PV

読了時間:約 17

話は今から4年前、俺が中学3年生の頃。 今ではただのアニメオタ大学生だけど当時の俺はバスケ部に入っていてキャプテンを務めていた。 厨房なりにそこそこ良い体をしてたと思うしまぁまぁ仲の良い女の子もいた 今でもそうだけど厨三って時期は暇さえあればすかさずオナニーしてたんだ 自宅で学校のトイレで友達の家のトイレでと場所を選ばずに そんな俺がバスケ部を引退して受験勉強…

閲覧数: 77,953 PV

読了時間:約 5

金曜日の21~22時ごろだったと思うんだが、いつものように新宿から帰宅の電車に乗ったんだよ。 まぁ当然ながら電車はめちゃくちゃ混んでるわけで、周りと密着型してたんだよ んで発車してしばらくしたら揺れるポイントがあるんだけど、そこで揺れたあと、俺のズボンの股間のあたりに手が伸びてきたんだ  疲れてて眠かったんだけど、眠気吹っ飛んで、うわヤベっと思ったけど反射的に勃起して…

閲覧数: 61,444 PV

読了時間:約 6

あれはオレが学校の寮に入ってすぐだった。 オレは入学当時身長が154cmしかない上に童顔の女顔だったため、いつも小〇生の女の子に間違えられていた。 そんなある日、遊びに行ってて帰ってくるのが遅くなったので入浴時間ギリギリにお風呂に入っていた。  オレが急いで体を洗っていると3人の先輩達が入って来た。  「ん?なんかちっさい可愛い子がいるぞ」  「あぁっ!こいつ有名…

閲覧数: 20,799 PV

読了時間:約 14

俺が大学一年の時の話です。 その日、俺は香奈(仮名)と二人でサークルの部室で雑談をしていた。 香奈には前に飲み会でファーストキスを奪われたことがあったから内心ドキドキしていた。 今もそうだけど、俺は女と話すのがイマイチ苦手で相手がファーストキスの相手となりゃあそれはひどいもんだったと思う。 でも、勝手にドキドキしてる俺とは裏腹に香奈は普通に話を進める。 …

閲覧数: 44,986 PV

読了時間:約 14

もう13年も前の話なので会話などは、覚えていないので会話やシチュエーションはフィクションが多いですm(__)m 当時、高校2年生だった俺は野球部で毎日が練習。 女と付き合うなんて出来ない生活。 (坊主だし通学も帰宅時もほとんどむさ苦しい部員と一緒) でも好きな子はいた。科は一緒だがクラスが隣の子。 まぁ話す事などほとんどなく、遠くから見てる感じ・・・ 夏休み前、ク…

閲覧数: 23,838 PV

読了時間:約 13

まだツンデレなんて言葉を俺が知らない頃 大学一年だった俺は、友人が銘打った「リッチなギャルとナイスなコンパ」といういかにも怪しげでうそ臭く行く気が失せる様な企画を堂々とメールで回してきた。 相手は短大二年生。 俺たちより1つ上のお姉さんが来る!と言うので、わいわいぎゃーぎゃーと騒いでいた。 俺は当時恥ずかしながら素人童貞で風俗の濃ゆいプレーしか知らずセックスのなんたるか…

閲覧数: 46,609 PV

読了時間:約 8

大学2年の時の話。 一人暮らしのアパートに帰って来ると、アパートの入り口のところで高校生くらいのすごく可愛い子が地面を見つめてうろうろ探し物をしている。 可愛いなぁと思いつつ、もう夜で辺りは真っ暗になっていて、見つかるんだろうか? とも思った。 勇気を出して何か落としました?と声をかけて見ると、携帯電話をこのあたりで落としたとの事。 「その携帯にかけてみれば?」…

閲覧数: 45,346 PV

読了時間:約 3

去年の夏休みのお話です。 私は一般的に言う腐女子で、そのおかげで男子からは一線引かれてました。 でもクラス替えで奇跡的にヲタな男子Tと同じクラスになって色々話をするようになりました。 休み前にアニメの設定資料を借りてたんだけど、ある朝 「急で悪いんだけど必要になったんで持って来てくれないかな?」 ってメールがあったから家もわりと近いんでOKの返信して10時くらいに設定資料…

閲覧数: 36,416 PV

読了時間:約 3

友達数人と酔った勢いでヘルスに行った。 「3人いるんだけど、すぐつける娘でよろしく!」 って店員さんに威勢よく言って3人ともフリーで入ることに。 友達二人は先に呼ばれて最後に俺に声かかる。 店員さんに細い通路を案内され、いよいよカーテンの向こう側の嬢とご対面・・・ 姉でした。 姉はその場では、平然と 「いらっしゃいませ~♪」 と営業スマイルで…

閲覧数: 35,416 PV

読了時間:約 4

高校を卒業間近のある日の午後。 『あっちゃ~~』って思うくらい下品なクルマが、俺ん家の駐車場に停まった。 その下品なクルマの助手席には悪友が座っていて、俺を見ると気持ち悪い顔でニタニタした。  運転席には下品なクルマにふさわしい女が居た。  後で知ったのだが女は一歳年上で、髪がキンキン、タバコ臭い、と誠に困ったねーちゃんだった。 「チ○コのデカイ童貞が居る」  …

閲覧数: 57,376 PV

読了時間:約 15

僕はバックが大好きです。三度の飯より大好きです。 女の子の大きくて柔らかいムッチリとしたお尻の肉を自分の下腹部にパンパン当てるのが大好きです。 だから今まで僕が付き合ってきた女の子やナンパしてゲトした女の子は漏れなく初日からバックで パンパンしてました。 嫌がる子も居ましたが半ば強引にした事も多々あります。 ハイ女心など全く意識したことなどありません。 傍若無人に女…

閲覧数: 65,941 PV

読了時間:約 17

うちのクラスのYは、たぶん、世界最強の女。  クラスの男子、18人中16人がやられてる。  まじ最強。 最初はこんな感じだった。  「あのさ、私、男の子のオナニー見たいんだよね」  昼食時のことだった。 俺たちにとって、女の子のこんな台詞はそれだけでチンコを勃起させる力があった。  「見たいなー・・・」 Yは繰り返した。  でも、誰も見せようとは…

閲覧数: 57,822 PV

読了時間:約 16

俺ん家の近所には、2つ下の女の子が住んでる。名前は、祐子(仮)。 祐子の兄貴、正樹(仮)と仲が良かったので小〇生のころまでは一緒にゲームしたりして遊んだが、たまに正樹はサバイバルゲームに混ぜて祐子をエアーガンで打ったりしてた(笑)。 俺と祐子は仲が良く、正樹が居なくても一緒に遊んだし、一緒に風呂に入ったりもした。 「俊ちゃん(俺)(仮)、助けてー」 なんて半泣きになりなが…

閲覧数: 118,274 PV

読了時間:約 24

高3のとき同じクラスに雅美という女子がいた。 小柄だけど明るく元気で、小動物みたいなかわいい子だった。 女子からも男子からも好かれてたな。 イジられキャラ的で、男子からよくちょっかいかけられる。 むきになって反撃してくるリアクションは見ていて面白かった。 この頃は毎日が暇だったな。 受験勉強にもまだ本腰入れてなかったし、部活も半リタイア状態。 だから仲のい…