閲覧数: 36,051 PV

読了時間:約 3

友達数人と酔った勢いでヘルスに行った。 「3人いるんだけど、すぐつける娘でよろしく!」 って店員さんに威勢よく言って3人ともフリーで入ることに。 友達二人は先に呼ばれて最後に俺に声かかる。 店員さんに細い通路を案内され、いよいよカーテンの向こう側の嬢とご対面・・・ 姉でした。 姉はその場では、平然と 「いらっしゃいませ~♪」 と営業スマイルで…

閲覧数: 34,716 PV

読了時間:約 4

高校を卒業間近のある日の午後。 『あっちゃ~~』って思うくらい下品なクルマが、俺ん家の駐車場に停まった。 その下品なクルマの助手席には悪友が座っていて、俺を見ると気持ち悪い顔でニタニタした。  運転席には下品なクルマにふさわしい女が居た。  後で知ったのだが女は一歳年上で、髪がキンキン、タバコ臭い、と誠に困ったねーちゃんだった。 「チ○コのデカイ童貞が居る」  …

閲覧数: 56,579 PV

読了時間:約 15

僕はバックが大好きです。三度の飯より大好きです。 女の子の大きくて柔らかいムッチリとしたお尻の肉を自分の下腹部にパンパン当てるのが大好きです。 だから今まで僕が付き合ってきた女の子やナンパしてゲトした女の子は漏れなく初日からバックで パンパンしてました。 嫌がる子も居ましたが半ば強引にした事も多々あります。 ハイ女心など全く意識したことなどありません。 傍若無人に女…

閲覧数: 65,119 PV

読了時間:約 17

うちのクラスのYは、たぶん、世界最強の女。  クラスの男子、18人中16人がやられてる。  まじ最強。 最初はこんな感じだった。  「あのさ、私、男の子のオナニー見たいんだよね」  昼食時のことだった。 俺たちにとって、女の子のこんな台詞はそれだけでチンコを勃起させる力があった。  「見たいなー・・・」 Yは繰り返した。  でも、誰も見せようとは…

閲覧数: 56,621 PV

読了時間:約 16

俺ん家の近所には、2つ下の女の子が住んでる。名前は、祐子(仮)。 祐子の兄貴、正樹(仮)と仲が良かったので小〇生のころまでは一緒にゲームしたりして遊んだが、たまに正樹はサバイバルゲームに混ぜて祐子をエアーガンで打ったりしてた(笑)。 俺と祐子は仲が良く、正樹が居なくても一緒に遊んだし、一緒に風呂に入ったりもした。 「俊ちゃん(俺)(仮)、助けてー」 なんて半泣きになりなが…

閲覧数: 116,464 PV

読了時間:約 24

高3のとき同じクラスに雅美という女子がいた。 小柄だけど明るく元気で、小動物みたいなかわいい子だった。 女子からも男子からも好かれてたな。 イジられキャラ的で、男子からよくちょっかいかけられる。 むきになって反撃してくるリアクションは見ていて面白かった。 この頃は毎日が暇だったな。 受験勉強にもまだ本腰入れてなかったし、部活も半リタイア状態。 だから仲のい…

閲覧数: 39,381 PV

読了時間:約 10

似たような話も既にありますが私の20数年前の話を書かせていただきます。  私の親戚にはあまりお金に縁のある人が無く(笑)  たいていあまり上等ではないアパート暮らしでしたが、従姉妹の(厨2女)の家もアパートの二階でした。  お互いの家は割りと近かったのですが私(厨2男)とは学区が違ったので普段はあまり交流が無かったのです。  その従姉妹が夏休みに家に遊びにきたときに…

閲覧数: 27,797 PV

読了時間:約 17

昔の話だけど、もう話しても大丈夫だろ。 社会人一年目だった俺達は学生気分が抜けないままで夏場に心霊写真を撮ろうと墓場に行った時の出来事だ 心霊写真なんかは撮れなかったんだが、墓場で雑談してると一台のフルスモークのセルシオが爆音で駐車場に入ってきた 田舎住まいだった俺達の地元は暴走族が盛んで週末には爆音で徘徊してるような場所だった。 ヲタ気質が強い俺達はそんな連中と…

閲覧数: 62,121 PV

読了時間:約 3

ぼくは厨2です。 姉貴は高3で、夏休みになって昼間は親がいないので、ときどき彼氏を部屋につれてきます。 部活が終わって帰ってきたら、部屋で彼氏とHしてたことがなんべんもありました。 ぼくはむらむらして、姉貴の大きな声をききながら、オナってしまいます。 ある日帰ったら姉貴がシャワーをあびてるとこでした。 ガラスの向こうにぼやっと姉貴のはだかが見えるので、ぼくはが…

閲覧数: 62,273 PV

読了時間:約 5

友達のカーチャン ちなみに義母で90年代ころの森高千里みたいな感じwww そして俺ははじめてwww 俺ー高2、童貞だった バレー部、ショタ顔 友達の義母(30代) 過去の森高千里似 胸はそこそこデカかった 友達ー高2 まず簡単に俺と友達はいわゆる幼馴染な関係で2歳の頃から仲良かった、 それで小4の頃に友達の本当の母親がどこのかわからんけど癌に…

閲覧数: 45,500 PV

読了時間:約 3

可愛がってもらってたサークルの4年生の先輩の部屋で飲んでいた時。 先輩の彼女も一緒。 大学は違うけど同じサークルの3年生。 清楚な感じのスレンダーな本仮屋ユイカ似のお姉さんだった。 他にも男が2~3人いたが、途中で帰る。 俺は、大分飲んでもいたので泊まってくことに。 先輩と彼女はベッドで。俺はその下の床で。 どのくらい寝たか憶えてないが、朝方、股間がムズムズす…

閲覧数: 18,675 PV

読了時間:約 5

当時の俺はまだ高校あがりたての大学生。 そんで実家を離れて一人暮らしとなった。 がしかし俺は童貞。 回りには童貞じゃありませんよアピールをしていたのでそういう話しにになると苦痛だった。 そこで俺は素早く童貞を卒業する方法を閃いた。 そして一人暮らし最初のゴールデンウィーク 俺はやけくそにになっていた その日の午前中にデリヘルのサイトを検索 とりあえず人気…

閲覧数: 32,302 PV

読了時間:約 3

幼い頃から年上の女性に可愛がられる性質で、その中には人妻も含まれています。 初めてのそういう経験は小学5年の頃、祖母の家で一人で風呂に入っていると、当時高校生だった従姉が突然入ってきました。 少し驚きましたが、別に小さい頃には一緒に入っていたので、気にしないようにしながら入っていましたが、体を洗われて、従姉がチンコの皮をむくと、そのまま口に入れたのです。 痛かった…という…

閲覧数: 39,122 PV

読了時間:約 8

大学の研究室の後輩。よくなついてくれてる娘で、俺も妹みたいにかわいがってた。 ある時、研究室の飲み会のあと、なんか二人きりになった。 「どっか次の店行くか」と聞いたら、「ウチで飲みませんか?」と言う。 冗談か本気かわからなかったんだが、酔ってた勢いもあり途中のコンビニで酒買って、その娘のアパートへ。 その娘はあんまり飲めないんで、ほとんど俺だけ飲んでた。 一次会…

閲覧数: 29,514 PV

読了時間:約 4

350 :名無しさん@ピンキー:2011/08/12(金) 08:25:30.25 ID:Ende4zcA0 俺のリアル体験をちょっとエロ小説風に書いてみる。ちょっと前の話だ。 付き合って間もなくの旅行中彼女に振られて、就寝中のこと。 俺は眠れなかった。 あと数時間もすれば夜が明けて、このかわいい彼女と会うこともできなくなる。 俺は彼女を抱いていない。 あまりにも好…