このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

fera

大学2年の時の話です。

自分はバスケサークルに入っていて同学年のマネージャーである美咲という子が気になっていました。

美咲は少しボーイッシュな感じで健康的な可愛さを持っていてサークル内でも男に人気がありましたが、彼氏がいるという話も聞かなかったし結構仲もよかったのでチャンスがあるかもと思っていました。

そして、冬にサークルでスノボー旅行に行った時にとんでもない光景を見てしまいました。

一日目の飲み会で調子に乗って酔い潰れた自分は次の日朝からスノボーを滑る気にはなれず、眩しかったのでドラえもんみたいに押入れの中で寝ていました。

4時間程でしょうか、寝ていると人の気配がしたので誰だろうと思い襖をほんの少しだけ開けると同室のY先輩と美咲がいるのが見えました。

二人ともスノボーに飽きたのか早目に切り上げて来たようでウエアではなく既にスウェットを着ていました。
なんとなく出て行くのが気まずかったのでそのまま押し入れの中で様子を伺っていました。 「 【うつ勃起】サークルの好きな子が先輩に口でしてるところを押入れから見てしまった・・・・・・・・・・・・・・orz 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

hitoduma

もう13年も前の話なので会話などは、覚えていないので会話やシチュエーションはフィクションが多いですm(__)m

当時、高校2年生だった俺は野球部で毎日が練習。
女と付き合うなんて出来ない生活。
(坊主だし通学も帰宅時もほとんどむさ苦しい部員と一緒)

でも好きな子はいた。科は一緒だがクラスが隣の子。 まぁ話す事などほとんどなく、遠くから見てる感じ・・・

夏休み前、クラスの奴らは彼女と夏休みデートの予定とかバイトの話とかして盛り上がってたが、俺は部活。
その子を遊びに誘いたかったが、そんなところを野球部の奴らに見つかったら、無駄に囃し立て られウザイだけだったから、やめた。 (まぁ遊びに誘う勇気も無かっただけだが・・・)

夏休みに入り、毎日練習。

お盆前になり両親と妹はバァちゃん家に5日も行くことになった。
勿論、俺も誘われたが部活を何日か休む事になるから留守番する事になった。

家族がバァちゃん家に行く前日、部活から帰ると親父の弟のY叔父さんがいた。
すると思いがけない事を親父が言ってきた。

『5日も留守番は大変だからYの家でお前の面倒見てもらう様にしたから』

はぁ~?ガキじゃねーしって思ったが、叔父さんの家族とも仲が良かったし何より叔父さん家から高校までの方が近かったから、居候させてもらう事にした。 「 【性春】コテコテの高校球児だった2年の夏、俺の初体験は叔母(29)だった・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

tuma

妻の様子がおかしくなりました・・・

お互い25歳、子供いません。
以前、家で酒を飲みながら2人でテレビを見ていました。

その内容の話題になり、妻が
「あなたってさ、私が初めてだったでしょw」
といきなり言ってきました。

今までお互いの過去の話はしたこと無かったので、こういう話は初めてでした。
普段妻は酒を飲まないのに、何故か今日に限って付き合ってくれて、結構酔っぱらってました。

今更隠すこともないので、そうだと告げました・・・w

私も妻に
「君は何人くらいと経験あるの?」
と聞いてみたら
「あなた含めて5人かなぁ」と。

別にショックを受けることは無かったですが、なんだか急に自分も他の女性を知りたいなとそんな欲求が強くなってしまいました。

次の日嫁は
「昨日変な話してごめんね」
と謝ってきました。

僕は全然気にしてなかったので
「いや、全然気にしてないよ」
と返事をしておきました。

その後、僕はついぽろっと
「なんか君以外の女の人を知らないで一生終えるのってなんか嫌だなぁ」
と言ってしまいました。 「 妻(25)が積極的にフェラやアナルセックスまで求めてくるようになったワケ・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

aniyome

兄が結婚して義姉が同居したのは僕が20の時、兄達は同じ年で27でした。

1年ほどして子供が生まれ僕の家族は両親を含め6人家族になりました。
義姉は細身で初めて会った時は「綺麗な人だなあ」と兄が羨ましく、でも同居すると聞いた時は少し嬉しかったのを覚えています。

同居してしばらくはお互いに気を使ってぎこちなかったですが、子供の子守をしたりしているうちに僕達は友人の様に打ち解けていきました。

時々義姉の姿にドキッとすることがありました。
特に前かがみになったとき胸元から覗くブラジャーと、少し小振りではありましたが胸の膨らみと谷間が見えると、それだけでドキドキしてしまい何時しか僕は義姉を思い浮べてオナニーするようになりました。

義姉の裸を想像するだけで激しく勃起してしまうのです。
兄とSEXしてるかと考えると嫉妬さえ感じるようになってしまい、なんとか自分の気持ちを押さえている…そんな毎日でした。

僕は義姉への想いを募らせていきました。 「 【鬼畜】同居してる兄嫁がエロ過ぎてオナニーばかりしてたんだけど・・・・・・・ある日・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

maid

姉が俺の部屋に来て
「これいい感じ~?」
と買ったばかりのビギニを見せてきた。

姉は23才、性格は明るく人柄も良い。
似ている芸能人は上野樹理っぽい。

俺は18才浪人、取り柄は特になし。

ニコニコしながら新作の水着を披露する姉。
床にあぐらかいて見ている俺の前を、クルリと回ったり、部屋を行ったり来たり。
まるで、モデルの様な振る舞いをしている。

新作水着のビギニも可愛いが、姉の美味しそうな体を見まくる。
胸の谷間・・・。やっぱCカップ?いやE?以前姉のブラを拝借した時にサイズ確認済み。
ウエスト・・・くびれいいなぁ~。
デルタ地帯・・・どうなってるの???

姉の体で妄想に入ってる俺。
姉の問い掛けも聞こえず。
パッシ!と頭を叩かれ現実に戻る。

俺「えっ?なになに??」
姉「ちょっとドコ見てるのよ~」
俺「いや・・・別に・・・」

姉が不満そうに喋る。
姉「ぼーっとしてるから落ちるんだよ」
俺「余計なお世話。で、なに?」
姉「明日暇のなの・・・ひまだよね~」
とニタニタしながら話してくる。

姉ちゃんのあの顔は何か頼みごとに違わない。
俺「めちゃ忙しい、ゼミあるし!」
とキッパリ断る。
姉「明日、プール行こうよ」
「 【エロすぎる…】姉の傷心旅行に付き合った結果・・・・・・・姉の驚愕の性癖に唖然・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

osananajimi

俺ん家の近所には、2つ下の女の子が住んでる。名前は、祐子(仮)。

祐子の兄貴、正樹(仮)と仲が良かったので小〇生のころまでは一緒にゲームしたりして遊んだが、たまに正樹はサバイバルゲームに混ぜて祐子をエアーガンで打ったりしてた(笑)。

俺と祐子は仲が良く、正樹が居なくても一緒に遊んだし、一緒に風呂に入ったりもした。
「俊ちゃん(俺)(仮)、助けてー」
なんて半泣きになりながら俺のうしろにかくれたりすることもあって、性的な対象として見ることこそなかったものの、俺はなんだかんだいって祐子のことを気に入っていた。

俺らはほんとの兄妹じゃないかと思うぐらい仲がよくて、お互いの家に連泊したり、一緒に旅行行ったりすることなんて多々あったぐらいだ。

そして、3人とも同じ高校に進学。
ってわけで、俺と正樹は高校3年生、祐子は1年生。

祐子は活発で友達付き合いも良く、クラスでも部活でもひときわ目立ってた。
胸はDぐらいあるし、顔も可愛くて、男からもわりとモテていたみたいだ。
そして、俺が祐子を「女」として意識してしまう出来事が起こった。

部活の後輩、祐子と同じクラスの男子数人の会話をなにげなく聞いていると、祐子の話になった。
「なあ、あいつ、B組のTのこと振ったらしいぜ」
「ちょっとモテるからって、調子のりすぎだよなあ」
「まじ、無理矢理ヤって復讐でもしたいぐらいだ」
「俺も混ぜろよw」
そんな感じだった。

なんて低レベルな会話なんだ、と半分あきれたが、もしもそんなことがあったら、俺は絶対許さない。
でも、今後輩に言いにいってもなんの解決にもならないことはわかっていた。

それから数日後、その事件は起こってしまった。 「 【レイプ】部活の帰り、忘れ物をして学校へ戻ると・・・・精液まみれの幼なじみの妹が・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

batugame

高3のとき同じクラスに雅美という女子がいた。

小柄だけど明るく元気で、小動物みたいなかわいい子だった。
女子からも男子からも好かれてたな。
イジられキャラ的で、男子からよくちょっかいかけられる。
むきになって反撃してくるリアクションは見ていて面白かった。

この頃は毎日が暇だったな。
受験勉強にもまだ本腰入れてなかったし、部活も半リタイア状態。
だから仲のいい奴らと、放課後よく教室に残って無駄話してたっけ。
大体その輪の中に雅美もいた。

話題が下ネタになって女子どもが引いても、雅美は平気だった。
むしろ負けじと率先してネタを振ってきて、一人でテンション上がってしまい、クルクル回っていた。
かわいい奴だ。

6月のある雨の日の放課後、この日はみんな帰ってしまい、教室には俺と雅美だけ。
俺と雅美は傘を持ってくるの忘れたので、二人で雨の上がるのを待って教室で喋っていた。

「雨やまねえなあ。」
「やまないねえ。」
とか言いながら、この雨がやみそうではない事くらいは分かっていた。

帰れないのを雨のせいにして、もうちょっと雅美と喋っていたかったんだと思う。
たぶん彼女も似たような気持だったんじゃないかな。

いつもは集団の中で意地を張り合う仲ではあるが、考えてみるとこうして二人きりってのは珍しい事だ。
そのせいか、何のせいか、雅美は例によってテンション高め。
俺もつられてしまいハイテンションになっていった。 「 【罰ゲーム】同級生(♀)に放課後、全裸オナニーを見せる羽目になった結果・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

yobai

都内のお店で大学時代の友人たち3人とプチ同窓会を行っていました。

そこで偶然高校時代の先輩(女子)が入店し遭遇、あっちも4人隣の席を確保してプチコンパの開始です。

相手は、俺の先輩、その会社の同僚、3人チョー美人、のこりクリーチャー 
男の一人は既婚者、俺は彼女持ちなので友人二人へパス出しまくり。

クリーチャーの相手をしていたら、この子がめちゃおもろい子
さらにサッカーを見るのが趣味で、俺もだったのでずっと盛り上がってました。

パスをもらっている友人たちは他の女の子2人といい感じ。 
既婚のやつは奥さんにばれるのがガクガクだったようで、あまり話していませんでした。 

しばらく後、俺は終電がなくなるので帰る~と伝えたところ、美人の一人も終電で帰るよ、とのこと 
この子が150cmの小型美人、胸も結構あって、色気と言うかエチーな雰囲気の女性

ちょっとだけ話をしてみて同じ千葉方面なので同じ電車で帰ることにして、もう少しお話(クリーチャと盛り上がってました) 
時間が来たので一緒に帰ったわけなんですが、 

トラブル発生  「 【愕然】イケメンだけどコンパで一番のブスと意気投合した結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

hitoduma

ありがちな話でごめん。

週末久しぶりにデリヘルを頼んでみた。
ポストに入ってたチラシの店で、
「若奥様専門店 奥さんと呼んで!燃えるから…」
と書かれたチラシ。

半年に1回位しか呼ばないので特別店は決めてないし、お気に入りの子も居ないので毎回適当に電話して、好みを言って、女の子が来る。

 

その日はバイトで、終ったのは9時過ぎ
倉庫業務みたいな簡単仕事。
そこでこの荷物は何番のトラックに積んで、この荷物は何時に出るトラックに積んでと指示を出す係り。
一応職長みたいな位。
能率上げれば臨時ボーナス出るのが嬉しい。

事務は大半がバイトのオバサンだけど中には30代の美人系の人やかわいい系の人もちらほら混じってる。

月に1回位は会社でのバイトさん慰労会みたいのがあって近くの居酒屋へ呑みに行く。
大半のオバサンは子供やご主人の食事したくがあるから帰るか、終ってから参加だけどいつも来る若めの奥さんが何人か居て、酔うとスケベだったり新しい一面も垣間見せてくれる。

その日も臨時ボーナスが出て、皆で飲みに向った。
のりちゃんと呼ばれる30代前半だと思われる奥さん。
日頃はモクモクと仕事してるけどこういう所来るとけっこう弾けて話する人で、俺の隣でも弾けて話し始めた。

「課長は(一応バイトでも課長ってあるおかしな会社)飲まないの?」
「もう、飲んでますよ?のりちゃんこそ飲まないと!」

薄いブラウスからはプルーのブラが透けて見える。
「やだ~課長!胸見てたでしょ~」
「いや…」
かなり戸惑った。

「いや~ね~もぉ~私より若いんだからもっと若い子の見なさいよ~」
「いや~のりちゃんのって結構形いいのかなぁ~なんて」
「わははははw」
お互い笑い合って結構和み系。

スカートもタイトっぽくて、膝の裏側とか見るとスベスベっぽいうなじとかも綺麗で、社員、バイト共に人気の人だって後で解った。

そろそろ帰ろうとなって、二次会だぁ!と皆で意気投合しているとのりちゃんは
「う~んと、これからちょっと用事あるから…」

俺もなんかのりちゃん来ないんじゃテンション上がらないとか思って、
「じゃぁ今日は中止~!」
なんて言いながら駅に向って歩いてた。

「課長は家一人暮らし?」
「そうですよ」
「のりちゃんみたいな綺麗な奥さん欲しいっすねぇ~」
「あら、うれしい事言ってくれるじゃん」
「ご飯も美味しくて、夜も上手でwな~んてw」
「夜は満足は満足させくれないと、私すねちゃうわよ~」

「えっ?のりちゃんって結構好きな方?」
「女性に向ってそういう事言わないのw」

「どっちかって言うとキライかもw」
「あぁそうですかぁ~残念だなぁw」
「残念って事は、なんかしたい訳~?w」
「いえいえ、人様の奥様となんて滅相も無いw」

冗談話しながら駅につく。
のりちゃんは1個先、俺は1個手前。
じゃね!と言って別れた。

 

そして、家についてもなんかのりちゃんのふとももとかうなじとか、胸、匂いが気になりモンモンしたのでデリヘルに電話した。

店員にタイプは?と言われのりちゃんに似た人を頼もうと結構必死でタイプ指名してた。

一時間後…チンポーン♪ベルが鳴る。

インターホンで確認すると、顔を隠してるのかなかなか見えない。
「どうぞ、鍵開いてます」というとノブが回る。
毎回ドキドキする瞬間だ。

顔を見たとたん二人とも
「あっ!」
間違いなくのりちゃん。

「課長?」
「のりちゃん?」
でお互い声そろえて
「なんで?」

店に電話入れるの忘れたらしく、店から電話が来る
「あっ、今入りました、えぇ…時間は…すぐ電話します」

まだ慣れてないようだ。
「あの、課長?どうします?チェンジします?」

めっちゃくちゃ意地悪な気持ちが芽生えると同時にのりちゃんとH出来るならチェンジなんてするものか!と。

「しなくていいけど…」
「えっ!しないんですか?」
「うん、もう眠いし」
「会社には内緒にしてもらえます?」
「うん、いいよ」。
交渉成立。

「時間は…」
「90分かな?」
「えっ!そんなに?w」
「うん、そんなにw」

店に電話して時間を告げると電話を切る。
「で…どうしよっか?w」
笑いながらのりちゃんが言う。

「オフロ入ろうか!ささ!脱いで脱いで!」
のりちゃんを風呂場に連れて行きゆっくり脱がす。
「やー知り合いだと恥ずかしいよぉ~」

ブラとパンツだけにして、眺めると結構いい身体してる
後から抱き締めると「きゅん」と言い
「え~ちょっと、課長?飲みすぎじゃない?」
とぼけようと必死。

ブラの上の隙間から人差し指を入れて乳首えおダイレクト攻撃
「ん…ちょっ」
右手は内股からワレメまでやさしくナデナデ
股間はしっかり腰を押し付け、チムポを尻のワレメに押し付ける。

「えっ、ちょっ、シャワー入りましょうよぉ~」
無理やりほどかれてフロに入られてしまった。

フロであわあわ。
裸になると胸もそれなりにでかい。
尻も垂れてなくて驚いたのは肌がスベスベで吸い付きそうな感じ。

のりちゃんは恥ずかしそうにしながら後向いて自分の股間を洗ってる
俺はフロの淵に座ってビンビンチムポで後姿見てる。

のりちゃんがシャワーと取ろうと後ろ振り返った。
「きゃ!」

「なに?なに?」とぼけ全開!
「だって…コレ」チムポ指差してる。

「のりちゃんと一緒にシャワーじゃやっぱこうなるよw」
「うんw(ゴクリ)」
なんか生唾飲み込んでるような…

「いつもはしないけど…」
と言いのりちゃんがボディソープでゴシゴシ
いつもしない?ってサービス悪くないか?
ぬめりがかなり気持ちいい。

「はい、終わり~」
でシャワーで流される。
そして、後ろ向いた瞬間のりちゃんに抱きつく。
チムポを尻に押し付けで、片手でマムコ、もう片方で乳首。

うなじに軽くキスしてから堪能してみる。
「あっ…」
チムポが尻のワレメから足の間に移動する。

水とは違う液体が亀頭について反対側に顔をだした。
「のりちゃん濡れてる」
「や、言わないで」
「だって、あののりちゃんとこんなHな事してるんだよ?」
「言わないで、やらしいなぁw」

執拗に後から攻める。
だんだんとのりちゃんも乗り気になってきてあっ、あっと断続的な声を上げる。

「入れていい?」
「えっ?うちの店、本番無なの」
「そうなの?じゃぁ辞めるよ」
「うん、ごめん」
「じゃぁのりちゃん、口でしてよ」
「えっ…いいけど、下手だよ」

フロの淵に座り、のりちゃっは膝ついておしゃぶり開始。
ぎこちないが下手ではない。必死で歯が当たらないように気をつけてるのがかわいい。

胸を触りながらだと、ビクビクしながら咥えて時々止まる。
足の甲でマムコなぞるとベッチョリ。

のりちゃんのマムコみてぇ!みてぇよ!だけどジュニアはもうMAX
「のりちゃん…出そう」
咥えながら
「いいよ、いきなよ」
胸を鷲づかみにして、足の甲をぐいぐい押し付けながらフィニッシュ。

大量散布。
チュポンと口から抜くと
「飲むのはサービスしてあげるw」
「えぇ?それもサービスなの?本番させてって言う人居ない?」
「居るけど、あんまり言う人は途中でも断ってるんだ」
「そうなんだぁ」

めっちゃのりちゃんとしたくなってしまいなんとか入れる目的を達成しないと気が済まなくなって来た。
壊れ気味の俺。

 

もう一度シャワーを浴びてリビングでゆっくりする事に。
「なんでこんな仕事してるの?稼ぎ足りないの~?」
なんて聞いたら
「旦那と二人じゃ夜つまんないし、家には姑もいるからね。結構ストレス溜まるのよ~」
との事、これ以上突っ込んで話すると情けとかいろいろめんどくさくなりそうなのでそろそろ二回戦突入。

抱き寄せて。キスするとねっとりからめとるようなキス。
吐息だけはぁはぁしてる。

念願のうなじを舐めると「うふぅん」と甘い吐息。
バスタオル外して、胸に。

乳首はピンクとはいえないけどおいしそう。
咥えて舌先でチロチロ、乳輪を強めに舌で回す
「ああぁん」声が大きくなる。

俺のバスタオルを持ち上げてるジュニアを見せると手が伸びてくる、ハラリとめくられテコキ。
ゆっくりとしてるが強弱つけた絶妙な感触。

背中を撫でてフェラを促すと、俺に背中を見せて股間に顔を埋める。
ジュル。ジュル。ゆっくりとしたディープスロート。

マムコに指を持ってゆくとスルリとのめり込む。
あったけぇ…
チムポから顔を離すと「本番無だよ、ほんと」と念を押す。
態勢を入れ替えて、M字に、念願のマムコ拝見。

いれてぇ!という気持ちが一層強まる
乳首とは違い、すげーピンク。綺麗だ。
毛は多少邪魔だが、はみ出てなくてちょこんとクリだけ露出。
まずは味見を。

クンニ開始。
「あっん、だめぇそんな強く吸っちゃ…」
そう言わせながら舐め始め。

10分も経つ頃にはのりちゃんの身体は熱くなって
スベスベの肌は汗ばんできてる。

舌を入れて出す、入れて出す、繰り返し。
空いている手でクリいじくりまわしたり乳首狙ったり。

「あっ、なんかやばいかも…」
「ちょっ、まってまって!」
「ダメダメ!まって!まって!」

イキそうなのは腰の動きでわかった
腰が小刻みに震えだし、エロ汁がにじみ出てくる。

顔をさらに押し付けレロレロMAX
「あっイク!いっちゃう!」
「だめ!いっちゃうよ!」
「いいじゃん、のりちゃん。いっちゃいなよ!」
「ダメダメ、やめ・・あっ」
ワンテンポ置いて
「いく!」

いきながら「あぁ~」と叫んでる。
グタ~っとなるのりちゃん、ときおりひくひく脚が動く。
すぐまたM字にさせ挿入準備。

 

「えっ、本番ダメだって…」
「そっかぁ」
しらばっくれる。

その間もチムポを入口にこすり付けてると
「んっ、きもちいのはわかるけど…」
「入れないよ、心配しないでよ~」

「こんな事初めてだし…」
「ん?」
入れてイイというサインか?

まだこすってる、亀頭にクリの刺激が気持ちいい
グリグリとだんだんと強めにこする。

「あっ~ん、いいよ!入れて!入れて!我慢出来ない!」
「は~いw」
ズブリ!

「んっ…」
ピストン開始。

締まりがそれほどでもないのが幸いしてなんとか長期戦にいけそうな予感がしたんだけどのりちゃんにこうやって入れてるとか思う返しただけで亀頭にビンビン快感が押し寄せてくる。

正常位でのりちゃんに抱きついて胸を当てる。
キスを求めてくるのりちゃん
「ん~ん~」と断続的な呻きと呼吸するたびに出る「あっ、あっ」と言う声でかなり限界地点。

奥まで入れると入口に当たる。
ぐにゅぐにゅと亀頭を刺激する。

「のりちゃん気持ちいいよ!」
「のりちゃんのマムコそごいやらしいよ」
「中で出ちゃいそうだよ!」

「え?中はダメだよ、それはダメぇ~」
「もちろん出さないよ~」
もう限界オーバーしてるのを必死で我慢。

「でも、のりちゃんの中あったかくて…」
「こんな綺麗な人とと思うと俺もう限界だよ」

両手で俺の頬を挟むと
「課長、今日飲み会で褒めてくれたし、綺麗って嬉しかったよ」
「いやーほんと綺麗だよ」
「こんなおばさんでも気持ちよくなってくれてる?」
「だから~もう出そうなの!w」

「いいよ、中に来ていいよw」
言った瞬間ドバァ!ドクドクしててチンポビクビク暴れてる。

「すごっ、のりちゃんの締め付けてる」
「出てるよ、凄い出てる、あったかいの出てるよ」

 

二人でハァハァ言いながら時計を見るともう90分近い
「あっヤバ!」
のりちゃんが言うのもお構い無にまだ腰振ってみる。
しぼむかなぁ~と思ってたんだけど自分でもびっくりしぼまねぇ…

バッグを後ろ向きで取ってあげ、のりちゃんに電話を渡す
「え~っと、あと30分延長だそうです」
のりちゃんがいきなり言い出す。
「えっ?はい、はいわかりました」
切ったとたんに腰を動かす。

エロ汁が脇からにじみ出てきて興奮度UP
結局2発目も中で。
「こんな出したら出来ちゃうよぉw」
「お願い、今度は外に出して?」
「一回も二回も変らないよ、のりちゃんw」
で奥にドピュ。
「もぉ~やらしいんだからw」

終了して、急いでシャワー浴びてさようならの準備。
お互い内緒と約束事してお別れ。
電話番号とメルアド聞いて玄関でさよならのキス。

 

次の日会社で会うと、何気ない顔して仕事してる。
メールで「昨日はすっごい良かったよ」
と送ると
「私も」っと返信。

再び
「今度はゆっくり過ごせる?それともまた時間制?」
しばらくして
「あの仕事、あれ以来やってないのよ、疲れるから。だから今度は時間無制限かもw」

あぁ今日も呼びてぇ…

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

sentou

俺の家は風呂がなかったから、毎日銭湯に通っていた。

友達・同級生もそろって貧乏だったし、風呂のない家の子ばかりだったから、毎日部活が終わると何人かで連れ立って銭湯に行くのが日課だった。

番台にいるのはたいがいおばさんだったが、たまにその娘とみられる20代後半の女性が座っていた。

俺たちは思春期どまんなかだったから、その娘がいる時はみんなの会話がどことなくぎこちない。
着替えながら娘のことを意識してしまうからだ。

いつもは前も隠さず洗い場へ移動するが、娘がいる時は前にタオルを当てて隠した。

ところが俺たちの仲間でひとりだけ前を隠さないやつがいた。

そいつ、Aは、仲間のうちでも奥手で、俺たちがオナニーの話題で盛り上がっている時でもなんのことか分からない感じでボーっとしているようなやつだ。

色が白くて、一見女の子に見えるような、なよっとした男の子だった。

まあ、気の良いやつではあったが、軽度の知恵遅れっぽい感じで、会話には何不自由ないのだが、精神年齢でいうと小学4年くらいだったろうか。

よくAの母親が学校に来ては、担任と深刻そうな感じで面談していたのを思い出す。 「 【マジキチ】昔、銭湯で知恵遅れの友達が番台の女にイタズラされた話・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

onnatomodachi

昔起きた女友達との出来事を書いてみます。
読みにくいとは思いますが勘弁してください。

女友達の名前は仮に彩夏としておく、俺はAで。
彩夏のスペックは身長155ぐらいで普通体型色白Cカップ
大学3年生
顔はよく知らんのだが乃木坂48の生駒って子をもっと丸顔にした感じ

大学1年の時テニスサークルで知り合った。
テニサーっていうと名前だけの飲みサーに聞こえるけどうちのサークルは飲みは月2、3ぐらいでおとなしい部類だった。

かといってテニスもガチな感じじゃなく普通に楽しくやる人たちが集まってた。
同学年の部員は男7女10で割と可愛い女の子が揃ってて恵まれてたと思う。

その中でも彩夏は男から人気があった(特に先輩から)けど1年の時から付き合ってる同中学の彼氏がいたのでサークル内では男関係で浮いた話は出てこなかった。

俺は彩夏と1年の夏過ぎあたりから一気に仲良くなって普通に宅飲みとかもするようになっていった。(もちろん二人きりではないが)

3年になってすぐに彩夏が俺に彼氏と別れたことを告げてきていろいろ相談に乗ったんだけどどうやら彼氏は今趣味の車関係に夢中で興味のない彩夏にしたら面白くなく喧嘩別れしたらしい。 「 女友達の生乳揉みしだきながら口に出すの気持ちよすぎワロタwwwwwwww 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

karate2

10年ほど前の話ですが・・・

当時大学生で友達数人と女だけの旅行にいきました。
観光先で一日目の夜の宴会のためのおかしなどを買おうと私一人でコンビニを探して歩いていました。

すると公園のようなところに小●生の男の子たちがイジメというか、喧嘩みたいなのしてました。
1人の男の子に2人が一方的に殴ったり蹴ったり。

私は小●校の時から空手をやっていて、そこらの男子には負けない自信もあったし、ましてや相手は小●生。

「なにやってるの!?」と大声で怒り、その子たちの元へかけよりました。
イジメてた男の子たちは最初はビックリしてたけど私が女だと思って「関係ないやつはひっこでろ!」みたいに逆ギレしてきてしまいにはつかみかかってきたのでうでを払って下段蹴りで転ばせました。すると大人しくなりました。

今思うとここですぐに帰ればよかったのですがいいことをしている自分に酔っていたのかその子たちに説教をはじめました。

しばらくするとその子たちの目線が私の背後にうつり、後ろを振り向くと体の大きな中学生ぐらいの男の子が「終わったかー?」と言って現れました。 「 【レ●プ】女子大生だけど、苛められてる男の子を助けて調子に乗って説教してたら・・・・・・・・・・・・・orz 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

fera

可愛がってもらってたサークルの4年生の先輩の部屋で飲んでいた時。

先輩の彼女も一緒。
大学は違うけど同じサークルの3年生。
清楚な感じのスレンダーな本仮屋ユイカ似のお姉さんだった。

他にも男が2~3人いたが、途中で帰る。
俺は、大分飲んでもいたので泊まってくことに。

先輩と彼女はベッドで。俺はその下の床で。

どのくらい寝たか憶えてないが、朝方、股間がムズムズするので目を覚ますと、先輩の彼女が俺のチ◯コをシャブっていた。

一瞬、訳がわからずパニクったが、
『あの清純そうな人が!』と驚きとともに気持ちよさに心臓がバクバクしていた。

俺は童貞だった。
フェラは風俗で経験済だったけども・・・。

俺が目を覚ましたのを感じて俺の顔を見て、ニヤっとするユイカさん。 「 【衝撃】飲み会でダウン、目を覚ますと先輩の彼女が俺のチ●ポ咥えてたwwwwwwwwwwwww 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

fera

1:名も無き被検体774号+:2013/06/18(火) 12:51:17.78 ID:qO2ykUxrO

浮気相手とは俺が3ヶ月、単身赴任してた北陸での出来事だった。
北陸の奴の誘いで合コンに参加して「千春」と出会ったんだ

第一印象は清純そうな感じだし、雰囲気が妙に色っぽい感じだった。
俺も結婚してるから合コンは、その場を楽しめれば良いと思ってたんだが、アドレス交換して会うようになったのが駄目だったかも

北陸を知らない俺に、休日が暇なら案内してよとメールして二人っきりで会って色んな所を案内して貰った。

その日は適当に飯を食って別れたが、色々と話してると凄く良い女だなと思ってしまって、後日に飲みに行く約束をしたんだ。

後日、俺のレオパレスに飲みに来ないかと大胆にもメールしたんだ。
俺も北陸での甘い経験をしてやると息巻いてたからな。

千春は誘いに乗ってきて飲みに来たんだ。 「 【衝撃】合コンで出会った女がずっとフェラしかしてくれなかった理由が・・・・・・・・・・・・・・orz 」の続きを読む

このデリヘル体験動画で同級生の姉ちゃん見つけてしまったんだが・・・・・・・・・・・・・

blog_import_519a52d09d980

妹とまだ風呂に入ってた頃、特に理由なくお互いの身体を手で洗ったりしあってた

最初は背中だけだったのが前も後ろも~と発展していった感じ

親と一緒じゃない時に限りだが流れで妹には俺のチンコも触らせて(洗わせて)いたが俺はどーも恥ずかしがってしまい、妹のまんこは触れず「そこは自分で洗えw」と拒否してた

とまあ、小〇生兄妹にはありがちな話だが兄妹一緒に風呂に入らなくなってからは
そんな洗いっこも当然無くなり、思い出すことも無くなった

俺が中3、妹中1、冬休みの時に家族で温泉旅行に出かけた
5~6人部屋の広い部屋の温泉旅館

家族で夕飯食べた後、両親は「外の温泉に浸かってくる」と言って夜の街に消えていった
俺は「温泉なら旅館の使えばイイのに、金もったいねー」と脳天気なこと思って貰った小遣いで旅館の地下にある古いゲームコーナーで妹と金が尽きるまで遊んだ

その後部屋に戻ったけど、両親帰ってくる気配無し
やることないので旅館の温泉でも入ろうかと思って支度したけどやっぱ面倒になったので、敷いてある布団に潜っていたら、妹が近寄ってきて親の帰りが遅いとか話しかけてきた

テキトーに空返事してたら、妹の忘れもしない衝撃の一言 「 【黒歴史】俺氏(厨3)、家族旅行の風呂で妹(厨1)に手コキで逝かされる・・・・・・・・・・・orz 」の続きを読む