閲覧数: 3,811 PV

読了時間:約 9

昨年、社会人になり、仕事で必要だとノートPCを購入。 実際は仕事なんかに使うこともなく、インターネットばかりしていました。 エッチな体験談を読むようになり、はまってしまった私は読んでいるうちに感じてきちゃって、自然と下着の上から性器を触ってしまう女になっていました。 下着の上からでも湿ってきてるのがわかるくらいに濡らし、下着を脱いで直接触ってオナニーするように・・・。 それまではクリオ…

閲覧数: 14,984 PV

読了時間:約 6

私は43歳になる普通の主婦です。 お恥ずかしい話ですが、半年前から息子(高2)の同級生と関係を続けております。 決して自ら望んだことでなかったとはいえ、だらだらと関係を続けてしまった自分を呪いたい気持ちで日々過ごしてまいりました。 そんな折り、偶然こちらのHPを見つけました。 私はここで自分の犯した罪をつつみ隠さず書きしるしたいと思います。 善良な方たちにとっては余りに生々しく、鬼畜…

閲覧数: 13,755 PV

読了時間:約 6

僕は都内でOA機器販売の営業をしている35歳の男です。 会社は都内の中心地にオフィスがあって、社員数は100人ちょっとです。 男女の割合が6対4位で、比較的女の人が多い企業だと思います。 それだけ女性がいると、当然可愛い娘が何人かいるんですが、中でもアイドルみたいに可愛い娘が5人ほどいます。 社内の仕事の出来る男連中は、堂々とアプローチしている奴もいる位です。 僕は正直、営業成績…

閲覧数: 13,192 PV

読了時間:約 2

昨年の秋に会社でいつもエラそうにしている先輩が建売の家を買ったので引越しの手伝いを頼まれた。 本当は行きたくは無かったけど「ハイ、良いですよ」と言うしか無かった。 先輩の奥さんとは何度か面識があり、あの先輩には勿体無い位の綺麗な奥さんで、当日、僕は朝早く先輩のアパートを訪ねると、その奥さんが「今日はすみません」と、ニッコリと迎え入れた。 その時の奥さんは、白いポロにジーンズ姿相変わら…

閲覧数: 7,865 PV

読了時間:約 4

大学3年の時、密かに思いを寄せていた1年後輩の裕美という2年生がいました。 小柄で、卵型の顔でややノッペリした純朴顔で、物静かな優しい子でした。 でもその時、私には同い年の彼女がいて、深い関係になっていました。 そんなある日、女たらしで有名な卒業を間近に控えた4年の先輩に、「お前ら、面白いもの見せてやるから俺のアパートに集まれよ。あ、彼女は絶対に連れてくるなよ。男だけで来いよ」と言われて…

閲覧数: 5,548 PV

読了時間:約 6

<スペック> 名前『ひろみ(仮名)』、東京の女子高生。 160cmくらい。 割と細身で、人懐っこい笑顔がとても可愛かった。 顔は優木まおみに似てた。 新宿で待ち合わせ。 会う前に電話してたので性格は把握してた。 どちらかと言うと、キャピキャピというよりおっとりした感じ。 ただ電話で、「私迫られると弱くて~w」みたいなことを言ってたのが気になった。 「じゃあ俺、襲っちゃうか…

閲覧数: 6,577 PV

読了時間:約 5

相手はバイト先の女の子。 いつもテキパキ仕事をこなしていたので、俺の中でのその子のイメージは『仕事女』。 スタイルは良く、顔は小さくて、細いめがねの似合う人でした。 俺は最初その人を性欲の対象としては見ていなかったので、自分から喋りかけることもなく、挨拶だけの関係だった。 もうずいぶん昔のことなので、最初に話した時のことはほとんど覚えてないが、内容は有って無いようなものだったと思う。 …

閲覧数: 9,420 PV

読了時間:約 4

今はあまり流行らないだろうが、昭和の終わり頃、俺は大学生活を下宿で過ごした。 そこは小さな町工場で、昔は住み込みの職工の部屋だったが、みんな結婚して独立したので『睦荘』という下宿を始めたと聞いた。 睦荘の部屋は6畳一間で4部屋あり、1年生から4年生が各4人だった。 町工場の二代目の大家夫婦は40代で、一風変わった性癖の持ち主。 その代わり下宿代は破格の1万円だったから、差額を小遣いにで…

閲覧数: 13,526 PV

読了時間:約 2

僕の初体験は中1でした。 相手は裏の家に住んでいる女の子の知美でした。 知美は、背はそんなに高くはないけれど、胸はCカップぐらいあって超かわいくて、ちょっと目のいやらしい感じの子でした。 あと知美には変な癖があって、家に帰ってくるといつもブラジャーを脱いで窓から僕の家をのぞく癖(?)でした。 なので僕は知美よりも早く家に帰り、窓から知美の着替える様子を見ながらオナニーしていまし…

閲覧数: 6,453 PV

読了時間:約 6

先日、池袋のとあるホールの前の広場で暇そうにしている女子高生が3人いたので思いきって声を掛けました。 十◯字の制服です。 ここは結構賢い学校で、みんな大人しめの子達でした。 1人はなっち似で、とても明るくて可愛い子です。 後の2人は至って普通の子ですが、そのうち1人はちょっとブーでした。 最初はナンパだと思ってたようですが、自分が露出趣味であること、是非見て欲しいことを真面目に伝…

閲覧数: 8,790 PV

読了時間:約 10

私は55歳の男です。 3年前に一人息子が癌で他界してしまいました。 私のことを心配して、息子と息子の嫁が同居してくれてたのですが・・・。 私の妻は、5年前にやはり癌で他界してしまって、今は息子の嫁と私だけ。 息子が死んだ後は、広い家がしーんと静まり返る毎日でした。 息子の嫁も私の前では泣くことはなかったのですが、夜、自分の寝室で泣いているのは知ってました。 享年28歳。 まだ…

閲覧数: 9,378 PV

読了時間:約 5

俺の親父ってのが、飲食店や酒卸会社を経営してるが、女にだらしないゲスな野郎だ。 母はそいつの愛人で、俺は認知されたゲス野郎の息子だ。 親父は俺に愛情のかけらも見せたことがなく、母にだって肉欲の対象みたいな接し方しかしない。 月に数回、俺達母子が住むマンション(親父に与えられた)に親父が来る。 俺が中1になって間もなくだった。 親父が来てビールを飲んでる時だ。 「おいカズ。お前も…

閲覧数: 4,827 PV

読了時間:約 4

私は1年前から実家を出て自分でワンルームを借りて住んでいます。 某私鉄沿線で、急行も止まりますし、渋谷や新宿まで出るのにも便利な地の利です。 このワンルームは鉄筋コンクリートの建物ではなく、大家さんの家の広い敷地の庭に2階建ての木造アパート風に建てられたもので、入居する時は新築でした。 入居時、既に1階部分の一部屋しか空きがなくなっていたので、私はその1階に住んでいます。 そして事…

閲覧数: 12,426 PV

読了時間:約 3

小6のときのことです。 この頃、男子の間でちんちんのまわりに毛が生えているのが分かると、からかうことが流行っていました。 夏休みのプールは水着を家から着ていけるし、終わった後はみんなが帰るまで待っていて、ゆっくり着替えていました。 もちろん一人なのでタオルは使わなかったのです。 ある日、いつものように素っ裸になって着替えていると、廊下に足音がして、近所に住んでいて、同級生のみゆきと…

閲覧数: 9,791 PV

読了時間:約 4

俺には二つ下の彼女がいる。 彼女(以後N)は小学一年生の時に、三年生だった俺にとても良く懐いた。 なぜなら家が近かったし幼馴染だったからだ。 廊下や、朝の登校時間、休み時間。 常に俺のそばにくっ付いてきた。 授業が始まるときなど、少し寂しそうな目で俺をいつも見る。 その時の可愛さは反則だ。 もちろん、いつでも可憐で可愛いけどね。 Nが2年生、俺が4年生の時に交際という形にな…