閲覧数: 7,199 PV

読了時間:約 7

私:40歳、男、既婚、子あり、夫婦間はセックスレス。 相手:27歳、派遣OL兼カフェ店員、彼氏と同棲中。 去年の春の話。 いつもの馴染みの居酒屋で一人飲んでいた。 前日まで5連チャンで飲んでいて、さすがにもう誰も付き合ってくれなくなったので久しぶりの一人飲みw カウンターがいっぱいだったので、最初はテーブル席で飲みながら他の客を眺めていたら、20代の可愛らしい女性客4人がカウンタ…

閲覧数: 20,531 PV

読了時間:約 2

金曜日の夜、総武線の秋葉原駅のホームで酒に酔ってフラフラのお姉ちゃんを発見。 顔を見たら、25~6歳といったところか。 テレ朝の女子アナの野村真季にホントそっくりのすげぇ美人! (密かにファンなんだよ、俺。) 俺も、酒が入っててムラムラ心いっぱいだったから、尾行を決心。 お茶の水で乗り換えて、水道橋で降りた。 少し距離を開けて、彼女の後ろをゆっくりついてったんだよ。 彼女、ホーム…

閲覧数: 12,288 PV

読了時間:約 4

俺は企業のブース担当の仕事をしており、展示会などでのモデルのキャスティングも任されている。 ひと目見て可愛いと・・・そしてカラダ付きがエロい・・・。 名前はかおり。 身長は165cmぐらい。 バストDカップ。 ボリュームのあるカラダがエロい感じ。 東北地方出身でかなり可愛い。 なんとか仲良くなりたい俺は、かおりの前ではとにかく笑顔で挨拶したり、差し入れしたり、コミュニケーションを…

閲覧数: 9,741 PV

読了時間:約 4

朝のラッシュ時の痴漢ではなく、終電での事です。 大学のサークルの飲み会で飲み過ぎた私は、フラフラになって何とか駅のホームまでは辿り着いたんですが、ベンチに座ったら眠り込んでしまったんです。 次に気がついた時は、誰かに肩を揺らされてました。 「ねーちゃん、これが終電だよ。乗るんじゃないの?」 終電の時間まで寝込んでしまったようです。 「の、乗ります」 そう言ったつもりでしたが、言葉に…

閲覧数: 8,327 PV

読了時間:約 8

金曜日の会社帰りに、チェーン店系の居酒屋に会社の同僚と3人で飲みに行った。 さすがに金曜日のアフターだけに、店内はかなり混雑していた。 俺は学生時代から合コンでよくお持ち帰りナンパをしていたが、今回は酒の力を借りはしたが、店外へ連れ出すこともせずに即ゲット・即ヤリだった。 相手は24、5歳のちょっと地味目でスレンダーな女。 肩ぐらいまでのストレートの黒髪にグレーのスーツでどちらかと言え…

閲覧数: 9,683 PV

読了時間:約 3

先日に起きた出来事を書きます。 週末の金曜日、私は会社帰りに妻と居酒屋で待ち合わせた。 子供も無く、妻と2人暮らしの私達は、こうしてたまに外で夕食をしていました。 その日は妻もご機嫌で、大好きなお酒をグイグイと飲んでいた。 「今日は随分ペースが早いけど、大丈夫か?」 「ん~大丈夫!今日ね、良い事あったんだ」 「何だよ・・・教えろよ」 「仕事が上手くいってさぁ、臨時収入!」 「お…

閲覧数: 17,517 PV

読了時間:約 4

7年くらい前のことだが、大学時代とびっきりの巨乳女子大生を奴隷にしていた。 その女子大生の名前は『優子(仮名)』というんだが、ずっと女子校だったらしく、すげえエロい身体してるのに男に無警戒。 俺たち2年生が主催した歓迎コンパに参加した時も、巨乳の谷間の見える服にミニスカートという格好。 しかも、お酒は全然飲んだことがないという・・・。 最初は、「大学進学のために一人暮らし始めて、ち…

閲覧数: 13,546 PV

読了時間:約 3

俺(S)と男友達(T)が独り暮らしのT宅へ泊まりに行っているとき、駅の近くに女子大生3人が居た。 1人が酔い潰れていて動けず、2人が困っているという感じであった。 俺らは声を掛け、周りに休める場所もないことからT宅に来ないかと誘った。 困惑していたが、回復する様子もなかったので、結果T宅に来ることになった。 酔い潰れた子は俺とTで介抱しながら歩いたが、その子は結構胸があり、抱えながら感…

閲覧数: 13,433 PV

読了時間:約 5

先月末に酔った勢いで童貞を襲った話。 私:22歳、専門学生。婚約した彼氏(28歳)と同棲中。 A男:21歳、専門学生。元バイトの先輩。彼氏と仲が良く、バイトや彼氏きっかけでよく遊ぶ。童貞。 ちょうど一ヶ月前、高校時代の親友と久しぶりに飲んだ。 向こうは元カノとヨリを戻し、こっちは婚約、お互いのお祝いって感じで地元の居酒屋で飲みまくった。 とにかくテンション高くハイペースで飲んで、…

閲覧数: 27,352 PV

読了時間:約 4

会社の後輩(♀)と出張に行ったときの話。 その日は金曜日で、帰りの列車の時刻の都合で泊まりの出張になった。 仕事も順調に片付き、まずはホテルにチェックイン。 夕食がてら近所の居酒屋に呑みに出掛けた。 翌日は帰るだけなので仕事のことは気にしなくてもよく、彼女は久しぶりの泊まり出張ということで、俺が勧めるままに調子よく飲んでいた。 彼女は酒は強いと聞いていたはずだったが、意外に早くで…

閲覧数: 12,765 PV

読了時間:約 10

先週末に知り合いのホームパーティーに参加してきました。 お得意さんに「少しだけ顔出してよ」と言われ、ノリ気ではありませんでした。 だって「少しだけ来てよ」って事は、『差し入れとか持ってきて』って意味ですから。 知り合いは奥さんと共働きしていて小金持ちなのか高級なマンション住まいで、俺はデカい紙袋を両手に伺いました。 持参したのはシャンパン2本と焼酎1本です。 既にホームパーティー…

閲覧数: 12,973 PV

読了時間:約 7

それは大衆居酒屋での出来事でした。 そこの店は値段も安く料理も美味しいとのことでいつも結構込んでいて、特に若いお客さんが多い店でした。 いつものようにその店のカウンターで鶏皮と塩辛を摘みに飲んでいると新客が入ってくるのがわかりました。 ガヤガヤと賑々しいその一団は大学のサークル仲間らしく、この店を2次会として利用するみたいです。 あらかじめ予約してあったのか、奥の個室へと消えていく…

閲覧数: 13,061 PV

読了時間:約 8

郊外の大学の専門課程校舎に近いところに引っ越した。 鉄筋三階建の古いアパートの3階だ。 土曜深夜、バイトを終えて終電で帰った。 3階まで階段を上がると女が膝を抱えて廊下に座っていた。 「大丈夫ですか?」 驚いて声をかけた。 女が赤い顔を上げた。 「へへ、部屋の鍵失くしちゃって」 女は壁にもたれながら立ち上がろうとする。 ひどく酔っている様子で倒れそうになった。 …

閲覧数: 9,074 PV

読了時間:約 3

ブラック高偏差値で有名な車の営業会社で働いてた時の話。 そこは21時位になっても数字が足りないと「今日の数字足りねぇけど、どーすんだよ?」と店長から詰められる会社。 そんな時間に言われても確実なアポがなけりゃどーにもならん。 で、とある日、事務所で詰められるのが嫌だったおいらは「直訪とポスティングしてきます」と言って逃げ出す。 さてどーやって時間潰すか・・・?と適当に車を流す。 …

閲覧数: 11,917 PV

読了時間:約 7

大学に入って初めて1人暮らしを始めました。 築20年のオンボロ2階建てアパート。 代々同じ大学の先輩が住んでいるらしく、それなりに充実していました。 住んでいる住人は全員同じ大学ですし。 僕が入学する年に、隣のマンションにも入居が始まったらしいです。 僕らが住んでるアパートとは違い、オートロックの5階建てマンション。 寮ではないのですが、そこには近所にある女子大の女の子ばかりが住ん…