大学でできた初彼女と親友、仲が良かった3人、充実した大学生活・・・・・・しかしある日、親友の口からすべてをぶち壊す衝撃の一言が・・・・・・・・

タグ:
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

life

大学入学して間もなく入ったサークルで、加奈という女の子と出会いました。

そのサークルは大層な名前のわりに、実は単なる飲みサークルで、俺は最初の頃ちょっと戸惑いました。
一方、加奈も友達に誘われるがまま、よく分からず入ったとの事。

おとなしい性格の彼女は、軽いノリや騒がしいのが苦手みたいで、周りの雰囲気についていけてない様子。

お互いそういうところの波長が合ったのか、また俺と加奈とはサークル内で唯一、学部が同じだったのもあり、いつしかサークルでも授業でもよく一緒にいるようになりました。

ややもするとサークルにも馴染んできました。
加奈は素朴で可愛くて、一緒にいると何か落ち着くんです。

俺はそのうち加奈の事が好きになりました。

夏休み前に俺は意を決して彼女に告白。
実は俺はそれまで女の子と付き合った事なかったし、告白なんかして、もしふられちゃったら、もう友達でもいられなくなると恐れもした。

当時の俺にしては相当の覚悟をもって臨んだわけだが、拍子抜けするほどアッサリとOKをもらい付き合う事になった。

加奈も俺の事が前から好きだったと言ってくれ、本当に嬉しかった。

大学、特にサークルでは多くの友人が出来ました。

その中でも中井という男とは行動をよく共にした。
学部は違うが学年は同じ1年生。
でも彼は浪人しているので年齢は1つ上。
社交的な面白い奴で、サークルでもすぐに中心的存在になった。

格好も良く、女関係も派手な遊び人でもあったが、彼だったらモテるのも許せるなって思わせるほどイイ奴だった。
すべてが俺とは全く対照的ながら、ウマが合った。

毎日が楽しかった。

そんな中ただ俺の悩みの種というか、ちょっと気にかかっていたのが、加奈と中井の仲が悪かった事です。
と言うか、単に加奈が一方的に中井を嫌っていたのだが。

ちゃらちゃらした性格が嫌いな彼女。
決して中井は軽いだけの奴ではなかったのだが、加奈の目にはそうとしか見えなかったみたい。

またサークル内でも平気で抱いた女の話をする中井が、彼女は生理的に受け付けなかったようだ。
中井もそういった加奈の態度を感じとり、加奈を苦手としていたようだ。

二人の間で板ばさみってほどでもないが、中井が来れば加奈はいなくなるし、加奈が来ると中井は遠慮がちになる。

俺としては自分の彼女と一番親しい友達と、やっぱり仲良くしてもらいたい。
俺は俺なりに二人に気を遣い、仲を取り持つような事をいろいろした。
それが徐々に功を奏したのか、次第に二人は打ち解けてきた。

加奈が中井について抱いていた感情は、偏見と誤解からきたものがほとんどだし、中井は彼女が思っているような悪い奴じゃない。
その辺りが加奈にも段々と分かってきたんだろう。
中井はもともと加奈に悪意なんか抱いてなかったんだし。

2年になる頃にはかつての険悪なムードが嘘のように仲良くなり、3人で遊びに行くこともたびたび。

中井は大学の近くで一人暮らししていたのだが、俺と加奈の二人で泊まりに行ったりもした。

ただ中井の女癖については、加奈は許せなかったようで、たまに本気で激論を交わしたりしていた。
まあ、それは仕方ないわな。

俺のそこまでの大学生活は、良い人間関係に囲まれていた。

 

あれは2年の夏休みが終わりに差し掛かった頃、俺が家でまったりとしていると、中井から電話がかかってきた。

中井、「大学の近くの飲み屋にいるから来てくれ」と。

うちから大学まで一時間くらいかかるし、しかももうかなり遅い時間。
面倒なので俺は断った。

中井のこういう突然の誘いはよくある事で、断ればいつもは無理強いしてこない。
しかしこの日は珍しくしつこかった。

話したい事があるみたいだし、ついに俺も根負けして嫌々ながら行く事に。

飲み屋に着いた時にはすでに夜の11時をまわっていた。

中井とはカウンターで飲んだのだが、話があると言ってたくせに、世間話ばかり。
でもまあ、話なんて呼び出す口実だろうと、余り深くは考えなかったけど。

そして閉店時間が近づいてきた時、ふいに中井が言った。

「あのさあ。俺と加奈ちゃん、付き合う事にしたから。」
「は?」

俺はこいつは何を言い出すんだと思った。
加奈は俺の彼女じゃないか。
俺と加奈がどれだけ好き合ってるか、知らないお前じゃあるまい。

例えお前が加奈のこと好きになったとしても、加奈はお前になびいたりしないよ、と俺は口にはしなかったが、思った。

中井はこう続けた。

「実は今、加奈ちゃん、俺の部屋にいるんだ。」

そして中井は間髪いれずに言う。

コメントを書く