【愕然】とんでもない形で初体験の相手と再会してしまった男の末路・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】投稿者男性が大学で知り合った彼女の実家でレポートを書きながらいちゃいちゃしていたら、予想外に早く彼女の母親が返ってきた。しかたなく挨拶しに行くと、彼女の母親は自分の中学の時の保健の先生だった。しかも彼女は投稿者の初体験の相手だった・・・。

hokensitu

大学で知り合って、付き合い始めて3ヶ月の彼女、東山エミの家に初めて遊びに行った。

エミは結構良い所のお嬢さんで家も大きくて俺には勿体無い位の美人
胸はちょっと小さいけどプロポーションは良くてSEXの相性も抜群
何の不満もない最高の女の子だった。

その日、彼女の部屋でイチャイチャしつつレポートを書いていたら彼女のお母さんが突然買い物から帰ってきた。

「お母さん帰って来ちゃった・・・」
玄関の閉まる音を聞いて一階に降りていったエミが御免ねという顔をして部屋に戻ってきた。

エミの話では専業主婦のエミのお母さんはその日買い物に出かけて友人達と食事して夕方まで帰らない予定になっていた・・はずだったのだが

金の無い貧乏大学生の俺、親が居ない事を良い事に本当はレポート後に彼女の部屋でエッチするつもりだった。

ソレがダメになった事にかなりガッカリしつつもここは一つちゃんと挨拶しておかないといけないだろうという事で彼女と2人で一階へ降りた。

エミのお母さんは丁度台所で夕飯の仕度をしようとピンクのエプロンを首にかけようとしてしていた時だった。

「あの、はじめまして・・・・」
出来る限り愛想良い顔を作って台所の入り口に立ち挨拶する俺

「あら、エミのボーイフレン・・・」
その声に顔を上げて正面から俺を見るエミのお母さん

「!!!!!!!!」


2人目が合った瞬間にお互い心臓が飛び出しそうなくらい驚いた。
それは紛れも無くヨウコさんだった。

 

ヨウコさんは昔、俺の実家がある田舎で中学の保健の先生だった。
当時から美人でスタイル抜群で胸が大きくてとても田舎の学校には相応しくない全校男子の憧れの人だった。

中学時代、俺はとても体が弱くて、よく保健室で横になっているような生徒だった。
必然的に俺はよく先生のお世話になった。

保健室でベットで横になって、寝たふりしながらカーテンの隙間から先生の仕事を盗み見るのが俺の灰色の時代の唯一の楽しみだったと言って良い

時には仕事が一段落して暇なヨウコ先生と雑談する事もあった。
プリントや宿題をやるのを手伝ってくれたり先生はとても優しかった。

俺の母親は俺と同じで体の弱い人で俺が生まれてから直ぐに他界した。
幸いその後父親は実の母の妹と再婚して一応、育ての母親が居たし義母さんはとても俺に良くしてくれていたけどその頃は父と義母の間に妹が生まれた時期で2人共そっちに愛情が行ってて俺は多分本当の母親の愛情に飢えていたんだとおもう

ヨウコ先生に学校の事や家庭の事、その他色んな事を相談するうちに(こんな素敵な人が俺の母親だったら良いな)と思うようになっていた。

ソレがいつの間にか恋心に変わって・・思春期の旺盛な性欲と合わさり俺は先生が仕事をするのをベットから盗み見ながらオナニーするのが癖になっていた。

でも、あの部屋に篭る独特のイカ臭さ・・古くなって軋むベットと息使い・・・
毎日シーツを清潔に保つ先生が気がつかないわけが無かった。

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    続きも読んで、面白い物語だけど、これも「ベット」じいちゃんなんだ…。

  2. 2. 名無しさん  

    母と娘だけの母子家庭で、専業主婦って?

    ↑書いているのは、おじいちゃんらしいけど、やはり最近の新しい言葉は一つもないもんな。

コメントを書く