結婚を意識してた彼女に裏モノ児童ビデオ出演の過去が発覚・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タグ:
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

jipo

俺  :26歳  
カノ子:25歳
大学時代の同級生。結婚するはずだった。
年齢が違うのは俺が一浪だから。 

カノ子とは大学卒業ちょっと前から付き合いだし約3年、結婚を意識して双方の両親に挨拶も済ませた。

そこへ降ってわいたように彼女が児童モノの裏ビデオに出演していたことが判明。
判明に至る経緯は伏せさせてくれ。どこで漏れるかわかんないから。

当然ながら俺はまずカノ子に真偽を確かめようとした。(ついでに言うと時系列もちょっとぼかしてる。)

俺も頭に血が上ってたから、真正面から問い詰めてしまった。
そしたら彼女はものすごく動揺して泣き出してしまった。

その様子を見てああ本当なんだ、あのビデオの子は彼女なんだと思った。 
小説とかでよく、ショックを受けた時の表現で「目の前に薄い膜がかかったような」というのがあるけど、まさにそんな感じだった。

俺は彼女に対してすごく腹を立てた。騙された、と思った。
その日はそのまま喧嘩別れしてしまった。
(休憩所に書き込んだのは確かこの日。散々飲んで、酔った勢いで書き込んですぐ寝てしまった)

事情を知った俺親には結婚を白紙に戻せと猛反対された。

最初のショックから少し冷静になっていた俺は「どうみても小●校低学年のころだし、カノ子が自分の意思でやったわけじゃないんじゃないか」と擁護したんだが、親に言わせると、だからこそ問題なんだと。

カノ子の親は、どんな理由があったにせよおそらく金で子供を売りとばすような人間だ、カノ子と結婚したらお前はそういう人間と義理の親子ということになる、それでいいのか。
吉本のあの芸人みたいなことになったらどうするんだ、と。

そもそも俺らが10年近くも前のカノ子の動画を入手できたということは、その筋の人間の間で今でも普通に出回ってる可能性が高い、どんなきっかけでリアル知人の目に触れるかわからないじゃないか。

嫁が児童ビデオの出演経験ありなんて世間に知れてもいいのか。
だよな、と納得している自分がいた。

俺は自分で思っていたよりずっと薄情な人間だったようだ。
ついこの間まで結婚するつもりだった彼女だったのにな。

 

そんなわけでカノ子に結婚の話はなかったことにしてほしいと申し入れた。

ところが、彼女の方は納得してくれなかった。
メールも電話もばんばん来てたし、仕事帰りを待ち伏せもされた。
(俺が実家住まいなせいか、家には来なかった。俺親がいるところでは分が悪いというのはわかってたらしい。)

私だって被害者だとか好きでやってたわけじゃないとか(それはその通りなのはわかってはいた)、ぐだぐだと言い訳を重ねられて、「最後まではやってないし!」と言われた瞬間、連日の電凸直凸で 
うんざりしていたこともあり、ぶちっとキレてしまった。

「ちょwwおまww男のブツ咥えてたよな?w指、入れられてたよな?ww無理、無理無理無理!」 
なにしろ裏モノなので(そういうビデオなんて裏モノに決まってるが)、ぼかしもモザイクもなしではっきりくっきり映ってたんだよ…orz

気が付くと彼女はひいぃ!と声にならない短い悲鳴をあげて走り去っていた。

俺の方も髪の毛をかきむしりながらうあああぁと叫びたい気分になった。
何もそこまで傷つけるつもりも必要もなかったし。

 

数日後、彼女の父親に凸された。 
「娘が結婚はやめることになったと泣いている。理由を聞いても答えない。どういうことだ、返答しだいでは出るとこに出るぞ。」

てめぇの胸に手を当てて考えてみやがれ鬼畜親父、という意味のことをやんわりと言ったんだが、「こちらに落ち度があるというならならはっきり言え」
と言うので何とぼけてやがんだこの屑が、俺は俺なりにいろんな葛藤があったんだぞとムカついた。

ムカついた勢いでこっちは何もかも知ってんだぞと洗いざらいぶちまけた。
親父は血の気の引いた顔で、その話は本当なのかと聞いてきた。

…彼女の両親が再婚だったとそのとき初めて知った。

最初からおかしいなと思ってはいたんだ。
カノ子の家は、高級住宅地というわけではないが、首都圏の住宅事情を考えれば立派なものだった。経済的に困窮していたとは思えなかった。

でも、外面のいい紳士がDV野郎だったり、裕福そうに見えても内情は火の車だったりすることがないでもないらしいのでその辺はスルーしてしまっていた。(つか、正直そこまで気を回す余裕なんてなかった。)

後から知ったことも付け足して書くと、カノ子母は事情は知らんがカノ子父と離別後、今でいうサイマーとくっついてた時期があったらしい。
児童ビデオはこの時期の出来事だったらしい。

その後、カノ子母はなんとかDQN男と縁を切り、俺がカノ子父だと信じていた男と再婚したということらしかった。
カノ子父(と俺が信じていた男)は、カノ子を本当にかわいがって大事に育ててくれたらしい。 

で、今、カノ子父とカノ子母も離婚の危機らしい…。

 

カノ子から「私の人生をめちゃめちゃにして楽しい?」という意味合いの恨み言メールが来てるんだが、それって俺のせいか?俺にまったく非がないというつもりもないけどさ… 

こうやって文章にまとめてみると、われながらネタくせーなww orz 

何が信じらんないって、あっさり心変わりした自分が一番信じられない。
自分の気持ちが一番信用できない。

俺ってこんな最低なヤツだったんだと気付いて凹んでいるorz 
修羅場って人間の本性がでるんだなorz

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    開き直ってんなよ
    自分が気持ち悪いことしてたのはわかるだろうが
    実際は被害者だろうがそれを受け止められない相手に求めてんじゃねえよ
    それでもいいと言ってくれる相手を探すしかないだろうが
    気色悪い

  2. 2. 名無しさん  

    うわ、最低な女だな。そんな過去有りながら、結婚しようなんて。

  3. 3. 名無しさん  

    なんか態度次第では許せてしまうかもしれないのは俺だけ?
    彼女自身がやりたくてやったわけじゃないのだろうし、なかなか言えることでもないし、展開次第では彼女の本当の両親の義理の息子にならずにすんだだろうし
    まぁそんだけ好きだったらの話なんだけどさ

  4. 4. 名無しさん  

    自分の意思じゃないから俺は許せるなー。親と縁切ってくれるなら結婚もできる。自分の意思で風俗やらで働いて隠そうとするやつの方がよっぽど無理だわ。バレなきゃいいって考えのやつは本当ろくな奴いないよ。

  5. 5. 匿名  

    その娘はなにも悪くないじゃん。普通に受け入れられるくないか、これ。

コメントを書く