【性春】修学旅行でふざけて夜這いかけてきた女子2名を捕えた結果・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】修学旅行は男女が最も接近するイベントなのかも・・・

投稿者が修学旅行で夜、友人と2人だけ起きていたら、女子2人が部屋に忍び込んできた。そして理由を問いただすとチ●コがボッキする構造を知りたかったらしく投稿者が教えてあげるふりをしてなんとかセクハラをしようとするのだが・・・。

shugakuryokou

俺の中●校では女子が夜這いしてきたぞ。

最初は男子が眠っている時に勃起しているのを確かめたいということだったそうで、初日の宿泊先であるホテルで午前1時頃に俺を含めて9人が寝ている部屋にYとK(Kは隣のクラス)が忍び込んできた。

俺とNだけが起きていたので、それに気づき、二人を捕らえた。
そして動機を自白させた。

その騒ぎの中でも眠り続けているMの股間を指差して、ほらいつも立っているわけではない。
眠りが浅くなると立っているらしい。
だから朝は立っているんだよ、と俺が教え、二人は納得したり、感心したりしていた。

「だけどHなものを観たら立つんでしょう?」
とKが言うので、見ても立たない時があること、Hなものを見なくても触られたら立つことがあるのだとも説明した。

そしてやにわにKの手をとって触ってみろよ、と俺の股間に導いた。ジャージの上から触らせると俺のペニスは簡単に勃起した。

「きゃっ!」と小さな声を上げながらもKは俺のペニスを撫でていた。
俺は握らせようとしたが、さすがに拒否されたので「実物を見たくないか?」と言ったら「見たい」という。


俺は恥かしかったが、ジャージとパンツを下ろして勃起したペニスを見せた。
Yが「うわあ、すごかねぇ。こげんとがあそこに入るんやね」と感心していた。

そして軽く触れて「きゃー!」と小声で叫んだ。
それに対抗心を燃やしたのかKも俺の屹立したペニスに触れてきた。

「立ったらこう皮が剥けてくるんね?」とか「どげんしたら気持ちよかと?」と二人で交互に質問してきたので、俺は二人にしごかせようとしたが、これも拒まれた。

自室に戻るという二人に俺は
「今日は俺が見せてやったけん、明日はおまえらのば見せてもらうったい。それでおあいこやろうもん」と言うと
「えーっ」と二人は顔を見合わせた。

「見せんかったら、今日俺のチンポば触って喜んだのをいいふらすけんね」
と脅しておいた。

Nは「俺も(女子のを)見てよかね?」と嬉しそうにしていた。

 

二日目、なんとYとKは午前1時に俺の部屋にやってきた(まさか来るとは思わなかった)。

この日は男子2人という小部屋にNといたのだが、Nが
「俺もチンポば見せてやるけん、あそこば俺にも見してくれんね」
と二人に言ったが、女子二人は既に俺のペニスを見ているので、
「もう見なくていいよ」
とNの申し出を断ったら、Nが半泣きになったので、俺が二人に
「Nにサービスさせるけん、そげんつめとうせんでよかろうが(冷たくしなくてもいいじゃないか)」
と言い、Nにパンツを脱ぐように言い、
「おい、N。サービスせんね。ドビュッと射精ばしてみせんね」
とNにオナニーを強要した。

女子は「ええっ!」と 驚いていたが、
「N君が射精してくれるなら、わたし、オッパイ見せてあげるけん」

とYがNにだけ見えるようにジャージをまくり、ブラジャーのカップをずらした(ようだったが、俺には見えない)。

NはまじまじとYの胸を見ていたが、すぐに勃起したチンポをしごき始め、ものの1分で射精した。

それを見たKがゲラゲラ笑い、Nは
「なんね、人がしぇっかく(せっかく)頑張ったのに、笑わんでもよかろうもん!」
と怒っていたが、
「でもH(俺)のより小さいね。大きい方が女の人は喜ぶちばい(喜ぶそうだよ)」
とYが言うとまた半泣きになった。

俺は「そろそろ見せてくれんね」と二人に迫った。

二人がジャージを下ろしたら、それが足元を拘束するから逃げられないのを計算していた俺は、どちらかを押し倒してオッパイをさわり、股間にもさわる決意を固めていた。

 

「じゃあ私から」とKがジャージを下ろし、イチゴの模様がプリントされたパンツも下ろした。
そして手で隠していた局部をちらりと見せて「はい、おしまい」と言った瞬間に俺は彼女に襲いかかり、指で局部をなぞった。

「キャー」と声を上げたKだったが、俺の指が局部をなぞった瞬間に「うっ」と息を詰まらせ体をビクッと痙攣させた。

俺の方が驚いてしまい、心臓発作でも起こしたのではないかと思って体を離した。
だがKは目を瞑り体をビクッビクッとさせながら「はぁ~」と深いため息をついていた。

俺は「大丈夫ね?」と心臓に手をやった。
丁度バストに触れてしまったが、エロい気分ではなくなっていた。

Kが俺を見て「もうイヤ!」と泣き出したので、「なんね、死ぬかと思うたのに損したばい。なんともなかやんね」と俺は言った。

Yが「もしかしてK,感じたんじゃないの?」と問いかけたらKは「もう!好かん!」と顔を覆ってしまった。

俺は漸く悟った。俺の指はKに快感を与えたのだと。

俺は「泣かんでよかやないね。顔を上げんね」とKの肩を抱いて、すきをみてオッパイに触り、ちょっと揉んでみた。

するとKが「もう!好かん!Hなんか好かん!」と俺の胸を叩き始めた。

Kのオッパイをさわったせいで勃起した俺のペニスにYが気づき、
「凄かねー。Kのオッパイをちょこっとさわっただけでこんなになって・・・。KもHにあそこば触られてよかったとやろ?もうセックスせんといかんばい」
と言い出したので俺もKもあまりのことに笑ってしまった。

 

もちろん修学旅行ではセックスなどしなかったが、その後に俺とKは急速に親しくなるというか、カップルらしくなり、お互いの裸を見せ合ったり、触りあったりもしたが、中学生でセックスはまずいという意識があって、高校に入るまではしないと決めた。

それをNに言うと「高校に入ったらするとね?よかねぇ。俺もしたか~」と言ったので
「おまえも彼女ば作らんね」と応えた。

結果的にNは後輩を彼女にして、俺より先にセックスをしたいという変な目標を立てたようで、後輩に裸になるように強要し、それがバレて大問題になった。

だがNは俺とKのことは黙っていてくれた。いい奴だ。

 

管理人の戯言(`・ω・´)
無理に博多弁にしなくても・・・。

※この記事は過去の人気記事からのピックアップです。

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    やっぱ福岡の女は槍饅ばっかばい
    気持ちわるか

  2. 2. 匿名  

    福岡の女は生まれつきのキャバ嬢たい!!

  3. 3. 匿名  

    上のコメントを添削
    博多の女ば生まれつきのキャバ嬢ったい
    がより正しい

コメントを書く



post date*