【実話】国家公務員の俺が少年時代の姉とのタブーを激白するwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

タグ:

これから書くのは実話だ。

中学1年生の時に、8歳上の姉に「秘密特訓やろう」と言われ、両親が映画に行ってる間に決行した。

2人ともまずシャワーで体をきれいにして、姉の寝室に入った。

姉の指示に従ってレッスンのようにその特訓は始まった。

まず、姉が大の字になって開脚、俺は乳首やおまんこを舐めさせられた。

人生で初めてのクンニだった。

序盤はくすぐったがっていた姉が、次第に太ももがピクピクと震わせ、吐息を漏らすようになっていった。

Gスポットは知らなかったので指は入れなかったが、クリトリスを集中的に舐めるように指示された。

その後は俺が仰向けに寝て姉のフェラですぐにイカされた。

その度に姉は満足気に俺の頭を撫でた。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww そんな特訓が月に2、3回続いた。初期の頃の俺は姉を悶えさせるくらいが限界だったが、慣れてくると姉をイカせられるようになった。

体格のいい俺は、クンニしながら両手を伸ばせば姉の両方の乳首を同時にコロコロ転がすように愛撫したり、時にはつまんでいじめたり、徐々に主導権を握るようになった。

そのうちに、姉がイキかけると、意地悪してわざと寸止めしたりすることも覚えた。

さすがに本番まではしなかった。

姉は母の再婚相手の子供なので、父親が違う。だから罪悪感が薄かったのだろう。

 

俺は東京の大学に進学し、国家公務員になった。妻と3人の子供もいる。

毎年正月に実家に帰ると、姉夫婦に会う。子供はできなかったようだ。

今にして思えば、姉のおかげで若いうちから前戯のスキルが向上していた。

付き合った女のほとんどはクンニで逝かせることができたし、その後のピクンピクンしている状態の時に挿入して激しくピストンすると、多くの女は何度もいった。

EDにならないうちに姉とやりたい。

できれば、1度でいいから本番したい。

と思いながらも、俺はお堅い職業人として生きている。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
なぜEDになると・・・?

コメント
  1. 1. 名無しさん  

    >>姉は母の再婚相手の子供なので、
    >>父親が違う

    彼はこの家に嫁いだ後添えの連れ子なのね。姉とは父親が違うどころかまったく血が繋がってない訳で”問題”なし。

  2. 2. 名無しさん  

    1
    血縁関係だけじゃなく、戸籍が同じだと『近親相姦』は成立する
    何が問題なしだ

  3. 3. 名無しさん  

    同じ腹から生まれてんだから血縁関係あるだろ。

  4. 4. 名無しさん  

    3.は、頭悪いんだね。
    弟が再婚相手との子ならば、母親は同じだが、姉が再婚相手との子…というのは有り得ないだろ。

    作りが甘いため、元々の書き方が悪く、父親が違うだけではなく、母親も違い、要は連れ子同士という訳だ。

コメントを書く