【胸糞】エリートの兄の嫁は俺が童貞を捨てたDQN女だった・・・・・・・・・・しかもその子供は・・・・・・・・

タグ:

兄貴が婚約者を家族に紹介した。

相手は、自分が高校時代に何回か寝たことがあった女だった。
当時、隣県の不良が集まる高校に下宿して通っていたが、そこのボス格の女だった。

気分によって俺を含む3~4人の子分にもお裾分けがあった。
自分の童貞はこの女によって失った記憶がある。

婚約者の方もなんとなく分かった様子だったが、その場では2人とも黙っていた。

式が終わって、1月ほど経ってから兄貴の新婚家庭を一人で訪れた。
マンションに入ってすぐにお互いに相手が分かった。

もう、2時間後にはベッドでチンポをマンコに挿れていた。
もうこれっきりと言う兄嫁だったが、それから数か月の間、週に1~2回兄貴の目を盗んで家に行くたび抱いていた。

エリートの兄貴とのセックスは、単調でつまらないらしく、すぐ俺とのセックスでイキまくるようになり、自分の方から都合をメールしてくるようになった。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww ただ、中出しは絶対させてくれなかった。
安全日でも外出し、それ以外は必ずゴム着きセックスだった。

しかし、関係して半年後に兄貴の転勤に伴って引っ越しし、関係はそれっきりだった。

3年後、兄貴が栄転して、実家に近くへ戻ってきた。
まだ子供がデキていなかった。

早速関係が復活したが、今度は中出しOKになっていた。
彼女もエリートである兄貴の心離れを防ぎたく、子どもを欲していたのだった。

俺と兄貴は年が2つ離れているが、別名一卵性双生児と言われるくらい似た兄弟だった。
ただ、頭は不良高校を何とか卒業し専門学校へ行った俺と違って、国立有名大学出身とずば抜けて良く、会社では将来を嘱望されるエリートだった。

 

ま、何にしろ、中出しできるのは俺も嬉しい。
早速種付けが始まった。

ただ、兄貴とのアリバイセックスとの兼ね合いもあり、俺の仕事の都合もあってタイミングは結構難しかった。

ただ、種付けが始まってからは、関係ない安全日でも中出しセックスができるようにはなった。
久しぶりのセックスに兄嫁も燃えたのだろうか、何回もイキまくった。

そのおかげか、危険日に種付けした翌月に受精を確認した。
兄貴と3年以上も排卵日に合わせてセックスしていてデキなかったのに、俺と一発でデキたのは、兄貴が種無しの可能性がある。
そう考えた俺は、2人目も面倒見ようと思った。

 

翌年、兄嫁は女の子を出産した。
うちの家系によく似た子だった。

兄貴も兄嫁も、もう大喜び。
その後、俺自身の結婚(デキ婚)をはさみ2人目も兄嫁の面倒を見てやった。

今、おれの嫁と兄嫁との間に各2人、計4人の子どものタネ親になった。
兄嫁とはその後も月に1~2回程度で関係を続けている。

3人目を作るかどうか検討中だ。

 

管理人の戯言(`・ω・´)
兄へのコンプレックスをこんな形で補おうというわけか・・・。

コメント
  1. 1. 名無しさん  

    そして、ふとしたきっかけで兄が種無しと分かり
    誰の子供だ展開に…なればいいのに

  2. 2. 名無しさん  

    >別名一卵性双生児
    これが全く分からん

  3. 3. 名無しさん  

    >これが全く分からん

    とてもよく似てるって意味だよ。
    成年の99%はわかる言い回しだと思われ。

コメントを書く